2017.9.22

こんにちは。
くろねこ満点塾の山崎陽子です。


今年は、多くの新しい生徒さんとの出会いがあり、
現在、小学生から高校生については満席となっております。



512844.jpg



申し訳ございませんが、新規の入塾につきましては、
大人で看護学校・准看護学校を受験される方のみの受付となります。
(こちらも、あと1~2名で満席となります。。。)


小学生~高校生の募集につきましては、
2018年1月末頃からを予定しています。




よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
2017.12.31 Sun l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
高校受験、専門学校受験、短大・大学受験…
進学を考えている場合、
オープンキャンパスや学校見学会などに
足を運ばれる方が多いと思います。

オープンキャンパスや学校見学会以外に、
「個別相談」という相談会が開催されていることも多いです。

個別相談会では、
個人が学校のことを直接聞くことができます。

進学の悩みや疑問は人によって異なります。
中には、
「お金のことなどを質問したいけれど、
大勢の前では質問しづらい・・・」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなとき、
個別相談を利用することで、
あなたの事情に合わせて説明してもらえます。


<個別相談までの事前準備>

個別相談では、
学校の先生や担当者が、
あなたの質問に対して
あなたのためだけに丁寧に説明をしてくれます。

そのため、
個別相談に行く前に、
あらかじめどんなことを質問したいか
考えておくとよいでしょう。

もちろん、メモなどに控えておいて、
当日はそのメモを見ながら質問をしても
問題ありません。

あらかじめ質問をまとめておくことで、
相談会の機会と時間を有効に活用できますよ。


<個別相談のメリット5つ>

1.質問しにくいことも相談できる

例えば、お金のことや、自分の成績に関してなど…
多くの人と一緒に実施される
集団相談会やオープンキャンキャンパスでは
質問しにくい内容もあると思います。

個別相談の場合、
学校の担当者が個別に対応してくれるため、
周りの目を気にすることなく、
気兼ねなく相談することができます。



2.自分にあった説明をしてもらえる

個人の事情に合わせた説明を
してもらうことができるので、
入学後の自分を
より具体的にイメージできるようになります。



3.聞きたいことだけポイントを絞って相談できる

大勢が参加する相談会の場合、
自分には関係のない質問も
聞いていなければなりません。

個別相談のでは、
自分が聞きたいことだけを
ピンポイントで質問できますので、
短時間で効率よく
抱えている不安や悩みを解決できます。



4.気軽に相談できる

もちろん、相談したからといって、
必ず受験しなければならない、
ということはありません。

相談以外にも、
校内見学や授業見学ができることもありますので、
気になる学校があれば、
ぜひ問い合わせてみてください。



5.自分の都合のいい日時に相談できる

オープンキャンパスや学校見学会などは、
土曜日や日曜日の日中に
開催されることが多いです。

個別相談会の場合、
土曜日や日曜日だけではなく、
平日の昼間や、夜間(18~20時頃)の
相談を受け付けているところもあります。

部活動やアルバイト、お仕事で忙しくても
自分の都合に合わせて
日時を選択しやすくなっています。


------------------------

普段聞けないような、思い切ったことも
遠慮せずに質問できるのが個別相談会。

進学は、自分の将来に関わることです。
個別相談の機会を利用して、
自分に合った進学先を探してくださいね。

2017.09.20 Wed l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
さて、このシリーズは、塾に来てくれている生徒さんや
山崎の友人の筆箱などを紹介したいと思います。

筆箱の中身って、人によってかなり異なります。
どんな人がどのようなものを持っているのか、
少しずつ調査していきたいと思います。

今回は、山崎が持っている筆箱です。

IMG_20170910_195215.jpg

筆箱そのものは、ダイソーで買ったデニム地風のものです。
ファスナーの持ち手部分は、もともとちょっと古い感じに錆びています。

筆箱の中身を全部出してみました。

IMG_20170910_195153.jpg

ペン類は左から順に
◎シャープペンシル
・ゼブラ エアフィットLT(貰い物)
・メーカー不明(貰い物)
◎シャープペンシル
・ダイソー 三色ボールペン
・パイロット アクロボール0.7(貰い物)
・ゼブラ サラサ0.3 ※メイン使用
◎蛍光マーカー
・ゼブラ オプテックス1イージー(貰い物)
◎万年筆
・パイロット カクノF

小物類は
・定規(貰い物)
・MONO消しゴム
・シャープペンシル芯(ハイユニB)
・修正テープ
・テープのり
・腕時計

です。

色ペンはほぼ入っていません。
ノートを取るとき、カラフルだと逆に見づらいので、
三色ボールペンの赤、青と、蛍光ペンが1本あれば十分だと
考えるからです。

メイン使用のサラサ0.3は、黒ではなくブルーブラックを使っています。
黒はかなりきつい色ですが、
ブループラックはやや柔らかい印象を受けるので好きなのです。


この筆箱は基本的に大学で使用するか、
資格試験などのときに持っていきます。
大学に行くときは、
この他にUSBフラッシュメモリが入っていることもあります。

資格試験などのときは、鉛筆が3本ほど入り、
代わりに修正テープとテープのりが抜かれたりします。
普段時計を身につける習慣がないので、
試験のときに忘れないよう、常に筆箱の中に時計を入れています。

仕事に持っていく場合は、
認印が入っていることもあります。

2017.09.10 Sun l みんなの筆箱 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小論文がどうしても書けない!
そもそも書き出しから何を書けばいいのかわからない!

という方が多いので、記事にすることにしました。

そんなときは、とにかく小論文用の問題集・参考書を1冊買ってください。
模範解答がついているものを買ってください。

例えばこれ

まるまる使える医療看護福祉系小論文(樋口裕一)


この本の場合、例題の次に考え方の手引きが詳しく書かれており、
その後、模範解答が載っています。
例題と考え方の手引きの部分をきちんと読んでから、

・模範解答を3回音読し、
・原稿用紙に模範解答を写す


ということをやってください。
模範解答を写す際は、できるだけ「作業」にならないよう、
一つ一つの言葉の意味や、漢字、文の構造に気をつけながら写してください。

原稿用紙に書くのが面倒だ!という人で、
パソコンをお持ちの方でしたら、
wordなどに入力していってもいいと思います。

言葉の意味がわからないときは、辞書で調べてください。
辞書なんて持ってないよ!という場合は、スマートフォンを使ってください。
LINEで連絡取り合ったり、SNSをしているだけの使い方だともったいないです。笑

仮に、「資質」という意味が出てきて、
いまいちよくわからない言葉だな、と思ったら、

「資質 意味」とか「資質とは」などのキーワードで
ウェブ検索してみてください。

無料で使えるネット上の辞書がヒットしますので、
ちゃんと意味を調べることができます。



ここまで終えたら、模範解答でどのように書かれているのかを
ある程度把握できていると思います。

そうしたら、同じ例題を使って、自分の言葉で、
小論文を書いてみてください。

書き方に迷ったら、
手引きや模範解答を参考にしながら書いてもOKです。


最初のうちは、時間は気にしなくてかまいません。
小論文を音読したり写したり書いたりすることで、
あなたの頭のなかに

・語彙や言葉の使い方
・問題に対する知識
・文章構成の方法


などが、徐々にストックされていきます。



ある程度ストックがたまると、初見の問題でも

「これは以前書いた○○に似ているな」
「以前の△△の言い回しが使えるな」

とわかってきますので、どんどん書きやすくなります。


ということで、
どうしても文章を書けない!という人は、

・模範解答を音読する
・模範解答を写す
・わからない言葉を辞書で引く

というところから始めてみてください。


2017.09.01 Fri l 看護学校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
前回の記事はこちら⇒誰でも不安を抱えています(1)

前回は、
受験生はみんな、不安を抱えている、
というお話をしました。

で、最後に、
不安と戦える、克服できる人と
できない人がいる、
というお話もしました。


では、不安と戦える、克服できる人は、
いったいどうやって克服しているのか?

今回は、そんなお話です。

------------------

不安や恐怖に
どうやって立ち向かえばいいのか?

恐怖心を克服するためには
どうしたらいいのか?


それは、
「恐怖」という感情と向き合う、
ということです。


「あ、いま自分ビビってるな」
ということを認識すること。

みんな何かにビビってるし。
私もビビります。


不安なのはしょうがない。
だって、いま戦ってるんだから。


そうやって、
自分が「不安」を抱えていることを
自分で認めてあげる。


もちろん、認めたところで
恐怖心がなくなる、なんてことはありません。


恐怖心はずっと残り続けますよ。
残念ながら。


でも、それを消そうとしても
しょうがないのです。


大事なことは、
怖がっている自分を認識し、
その恐怖を認めた上で


「で、自分はどうするの?」を
考えること。


「で、どうするの?」


やるのか?
やらないのか?


今できることは何か?
もう何もできないのか?


誰かに相談するのか?
もっと勉強するのか?

諦めて後悔しないか?
別の進路を探すか?


そうやって、
別の行動に移していくこと。
これがとっても大切です。


恐怖は誰にでもあるし、
誰でもビビる。


怖いのはよくわかった。
で、それで?どうすんの?

ってことです。



私もそうですが、
不安や恐怖を抱くことは日常茶飯事です。

それはしゃーない。
みんなそうだから。


じゃあ、不安や恐怖を克服するために
自分に何ができるか?
それとも、諦めるのか?

考えることが大事。

2017.07.28 Fri l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top