前回の記事はこちら⇒誰でも不安を抱えています(1)

前回は、
受験生はみんな、不安を抱えている、
というお話をしました。

で、最後に、
不安と戦える、克服できる人と
できない人がいる、
というお話もしました。


では、不安と戦える、克服できる人は、
いったいどうやって克服しているのか?

今回は、そんなお話です。

------------------

不安や恐怖に
どうやって立ち向かえばいいのか?

恐怖心を克服するためには
どうしたらいいのか?


それは、
「恐怖」という感情と向き合う、
ということです。


「あ、いま自分ビビってるな」
ということを認識すること。

みんな何かにビビってるし。
私もビビります。


不安なのはしょうがない。
だって、いま戦ってるんだから。


そうやって、
自分が「不安」を抱えていることを
自分で認めてあげる。


もちろん、認めたところで
恐怖心がなくなる、なんてことはありません。


恐怖心はずっと残り続けますよ。
残念ながら。


でも、それを消そうとしても
しょうがないのです。


大事なことは、
怖がっている自分を認識し、
その恐怖を認めた上で


「で、自分はどうするの?」を
考えること。


「で、どうするの?」


やるのか?
やらないのか?


今できることは何か?
もう何もできないのか?


誰かに相談するのか?
もっと勉強するのか?

諦めて後悔しないか?
別の進路を探すか?


そうやって、
別の行動に移していくこと。
これがとっても大切です。


恐怖は誰にでもあるし、
誰でもビビる。


怖いのはよくわかった。
で、それで?どうすんの?

ってことです。



私もそうですが、
不安や恐怖を抱くことは日常茶飯事です。

それはしゃーない。
みんなそうだから。


じゃあ、不安や恐怖を克服するために
自分に何ができるか?
それとも、諦めるのか?

考えることが大事。

スポンサーサイト
2017.07.28 Fri l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
受験って、
本当に苦しい戦いだと思います。


私自身も経験しましたが、
「楽しい!」と感じる期間よりも
「苦しい」と感じる期間のほうが長かった。


私の場合、親から

「大学は自宅から通える国公立しかだめ!」
「大学落ちたら即就職!」

と、強く言われていたので、
そりゃあもう、受験は辛かった。笑

だって落ちたら自分の望まなかった
「高卒で就職」が待っていますからね。

国公立一本に絞ったので、
滑り止めなんて当然ナシ。

センター試験をしくじったら、
その時点でアウト確定なわけです。
挽回不可能。

いやー、怖かった!笑



いま、受験指導をしていても、
「苦しみとの戦い」をしている子の方が多いです。


受験生はみんな、不安を抱えています。


不安とは、恐怖のことです。

未来に、「自分の望まない結果」が
起こることを予想し、怖くなってしまうこと。
これが「不安」です。


みんな一緒です。


恐怖を抱えていない人なんか
世の中にはいないはずです。


みんな一緒です。
何かにチャレンジしている人なら。


どんなに優れたスポーツ選手でも、
不安な感情に襲われることはあるはずです。

不安がなければ、
「練習しなきゃ」って思いません。


営業マンでも、職人でも、社長でも、教師でも、
誰でも「恐怖」は常に抱えています。


私だって、いろんなことが怖いです。
怖いことはたくさんありますよ。
24時間、年中無休で、不安や恐怖と戦ってます。


安心してください。笑


みんな一緒です。


ところが、不安や恐怖と戦える人もいれば、
なかなか戦えない人もいる。

その違いはどこにあるのか?


不安や恐怖と戦える人は、
どうやって克服しているのか?

2017.07.28 Fri l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年も國學院大學短期大学さんから入試の案内が届いています。

学科は
・日本文化学科
→日本文学フィールド
→言語文化フィールド
→日本史フィールド
・人間教育学科
→子ども教育フィールド
→生活健康フィールド

です。

入試日程は3/23(木)、C日程入試(小論文60分600字)、自己推薦入試(自己推薦文60分600~800字)などです。

國學院大學短大は、国学院大学だけではなく、他の大学への編入にも力を入れており、
・4年制大学の入試は失敗したけれど、浪人はしたくない
・短大から大学への編入を考えている
という方には向いていると思います。

小論文、及び自己推薦文の添削は当塾で対応可能ですので
まだ進路が決まっていない方はお気軽にご連絡ください。

2017.03.11 Sat l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
もしもし模試!

今回も模試についてのお話です。

さて、前回のおわりに、


何のために模試をやるのか?


という問いかけをしました。

みなさんの答えは、どうでしょうか?

・志望校に入れるかどうかの目安を知るため

確かに、これは正しいです。

でも、これだけではないんです。

これだけだったら、志望校の欄に書かれた

B判定とかC判定とかの判定を見て

喜んだり、悲しんだり、諦めたり・・・

で終わってしまいますよね。


それだけではもったいない!


模試の一番大切な役割とは、

・自分の弱点を知ること

だと、私は考えています。



そして、同時に

・自分の強みを知ること

もできますし、

弱点を知ることで

・今後、どのような勉強方針を立てたらいいか?

自分自身で分析する(ココ大事!テストに出ます!)ことができます。


a0960_006018.jpg



つまり模試とは、

自分の弱点(あるいは強み)を知って

将来の受験や今の勉強に反映させるためにやるもの。

だから、模試のために勉強をする、というのは、

模試に対する姿勢としては正しいとは言えません。



仮に、

それでも模試のための勉強をしたいならば、

受ける模試の試験分析から始めることが必要です。



高校受験でも私はしつこく言ってますよね。

英語はリスニングの配点が30点。

数学は、易しい教科書レベルの計算だけで40点。

国語は、最後の作文で10点。

それだけ点数がもらえるんだから、

そこをきちんと落とさないようにすることが大切だ、って。



社会なら大問が4つあって、地理、歴史、公民、それから総合問題で構成されているとか、

そういう分析からはじめて、

「自分にとって点の取れそうなところ」

を探し出して、

徹底的に学習していく、

という方法が、最も効率的かつ効果的だと思います。



次回は、

模試を受けてからのこと(自分自身で分析すること)についてのお話です。


2016.10.26 Wed l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
高校生を指導していると、ときどきこんなことを言われます。

「明日、模試があるのでその対策をしてください!」

・・・

・・・

無理です!(きっぱり)



中学校の「実力テスト」ならまだ百歩譲ってわかるんです。

あれは学校の先生が


「実力テストも成績に入れるからな~」


なんて、本当か冗談かわからないことを言うので・・・




でも、本来、

模試ってそうやって使うものではないと思うんですよね。



一夜漬けでなんとかなる、と思っていることそのものがおかしいと

私は考えていますし、



そういう使い方しかできないのは

もったいない!とすら思います。


せっかく受けるのだから、

どうせだったら、効率よく上手に使いたい!

そう思いませんか??


a0960_007008.jpg




高校生になると、最近はスタディサポートを高1~高2でやり、

追加で高2からは進研模試をやる学校が多いようです。

河合の模試は大学進学率の高い高校だと、

高1から定期的にやっていますね。



進研模試は、現役生のための模試なので比較的偏差値が高く出ますが、

河合の模試は、浪人生を含むので、偏差値が低めに出やすかったりします。

(浪人生だと現役生より1~2年勉強を長くしているので、

その分わりと学力の高い方が多いのでしょうね・・・)



そんなことはともかくとして、

じゃあ、模試ってなんのためにやっているのでしょうか?

何のためにやっていると思いますか?




私なりの回答は、次回。

2016.10.25 Tue l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top