前回の記事はこちら


こんにちは!

山崎陽子です!



読んだり、書いたり、聞いたりはできるけど、

話すことができない…

英会話をするうちに、

英語を話せない理由が少しわかってきました。



それは、

私の英語に関する力は、

瞬間的に使えるレベルに達していない、

ということです。



ある程度の英文を読める、

ある程度の文章を書けるのは、

ゆっくり考える時間があるからです。

考える時間があるからこそ、

読む(聞く)→理解する→考える(→書く)

という一連の動作が可能です。



でも、会話の場合は、

一定のスピードが要求されることになります。

それは、読んだり書いたりするよりも

数倍は速いスピードです。



例えば、初詣に行った先の屋台で

たこ焼きを買うとして

「たこやき1つください」と言ったのに、

お店の人が

「ええっと…うーん…さん…びゃく…

ええと…ご…じゅう…えん…です」

というのは不自然ですよね。

よほど返答に困る質問でなければ、

「はい、350円です」

って即答しますよね?



つまり、聞く→話す、というように、

理解する→考えるという行程を

すっとばさなければ、

テンポよく会話をするのが難しくなるんです。



私の場合、

自分に情報が入る→理解する→考える→次の行動に、

という一連の動作があって初めて

英語を多少使える状態。

でも、途中の行程をすっぽかして

ガンガン英語を使う術を持ちあわせていません。



結局のところ、中学高校(あと大学)で

あんなに頑張ったはずの英語は

「わかる」or「考えればできる」という段階で

学習が止まってしまっているのです。



6+7の答えを瞬時に13と答えたり、

1582年と言われて「本能寺の変」と

とっさに答えたりできるほど、

英語という科目を「できる」段階まで

持っていけていないということ。



だから、わかっているはずの簡単なこと、

もし英文で書かれていたら

絶対に返答を間違えないようなことでさえ、

間違えるし返答につまるのだと

気づきました。



例えばこの前は、

ホテルで好みの部屋を伝えて

予約を取るシーンの練習をしました。

先生とのロールプレイングの最後で

Is there anything else that I can help you with?

(他に何かお手伝いすることはありますか)

と聞かれました。



先生の質問を聞きながら

私が考えていたのはこうです。

・Isから始まる疑問文だ、

・Yes/No で答えないと

・isを使って答えないと

・特にないって答えればいいんだよな、

で、最終的に口から出たのは

No, it isn't.

でした。



これが正しくない答え方なのは、

中学2年生以上であればわかるはずです。

筆記試験なら間違えようがない問題。

それでも、会話だとできないんです。



会話になると、

中学校レベルの英語でさえ

使いこなすことができません。



ただ、自分がなぜできないのか、

どこで躓いているのかを分析することで、

どうすればできるようになるか、

という道筋が見えるようになります。



瞬間的に言葉が出てくるようになるまで

何度も繰り返し、練習すればいい。

4×5=20と

九九を反射的に言えるようになるくらいまで

何度も声に出して練習すればいいだけです。



想定以上に自分が話せないことがわかったので、

会話で使われる英文法や語彙は

中1~2レベルからやっていくことにします。

また、今月は1分程度の短い自己紹介を

スムーズに言えるようにしようと思います。



スポンサーサイト
2018.01.10 Wed l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは!

山崎陽子です!



私は1月から英会話を始めました。

塾で指導するのではなくて、

私が生徒です。笑

相手はフィリピン人の先生。



オンライン英会話、というやつです。



スカイプという、

LINEの電話のような機能を使って

(テレビ電話もできるんですよ!)

フィリピン人と1回25分、

イングリッシュオンリーで会話します。

(一応テキストもあります)



これね、すごいんですよ!

家にインターネット環境が整っていて、

パソコンがあるならば、

毎日25分、外国人から英会話を教わって

月6000円~7000円!



留学したら、

年間300万円以上かかりますが

オンライン英会話を使えば

毎日誰かと話ができて

年間7万円ほどです。



私はお世辞にも、

英語ができる方ではありません。

とはいえ、

今でもセンター試験の筆記は

150点程度は取れますし、

TOEICテストは

日本人受験者の平均点くらいはあります。

英検でいうと2級のレベルくらいです。



ところが!

いざ、英会話を外国人とする、となると

全く言葉が出てきません…。

リスニングはTOEICで鍛えているので

ネイティブの速度でも聞き取れます。

相手が何を言っているのかは。



でも、相手の質問や意見を踏まえて

自分の答えや意見を返すことが

できないのです…。

それこそ、中2中3で学ぶような

易しい英文法を使った表現でさえも

会話の中で、自ら使うことができないのです。



読める、書ける、そして聞くことも、

人並み程度にはできる。

でも、話せない。



体験授業を受けて、愕然としました。


(続く)
2018.01.09 Tue l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは!

山崎陽子です!



さて、山崎は初詣に行ってまいりました。

今年は千勝神社に行きました。

祀られている神様は、猿田彦大神。

困難な場面に遭遇したときや

将来進む道に迷いが生じたとき、

物事の大切な節目などのときに、

道を開いてくれたり、教え導いてくれる神様だそうです。



また、神社そのものは、

第25代武烈天皇の時代の502年に始まったとのことです。

502年というと、古墳時代ですね!


26168915_1587461574664054_3381848864154246795_n.jpg
あああ逆光ですみません…。



鳥居はとても大きいです。

高さ約10メートル、幅約9メートルの総檜造り。

県下随一の大きさだそうですよ。

境内には関東唯一の三殿並立の社殿が建っています。



この仕事にぴったりな神様を祀っている神社が

近くにある!

ということで、行ってまいりましたよ~!



午前中に参拝しましたが、

参拝客はそう多くはなく比較的空いていました。




参拝後に、おみくじを引きました。

おみくじ…小吉…おおぅ…。

全体的によろしくないから、

控えめに、心静かに過ごしなさいとのこと。



そうはいっていられませんが、

過度に騒がず、控えめにしていようと思います。笑



引いたおみくじは「七福神」がついてきました。

私のおみくじには、寿老人が入っていました。


寿老人は、玄鹿という長寿の鹿を連れていることから

長寿の象徴とされているそうです。

…つまり、健康に気をつけなさい、ということですね…。



さて、今年は受験生が多いので、

彼らのためにお守りを買ってきました。

神社の名前にふさわしい、勝ち守りです。



受験で合格を勝ち取るだけではなく、

高校や大学に入学してからも、

困ったとき、悩んだときに

教え導いてくれますように。

そんな願いを込めて。

26113741_1587461767997368_5701114654104899824_n.jpg






塾は今日からスタートです!

受験生はラストスパート!

非受験生は基礎固め!

しっかり頑張っていきましょうね。
2018.01.04 Thu l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは!

山崎陽子です!



私が在籍している大学の、

卒業の目処がようやく立ちました…!

2年次と3年次は

資格試験に集中していてほぼ勉強できず、

4年次の昨年も、

資格を取得できて完全に燃え尽きてしまい

モチベーションを維持できず…



退学しようかなぁ~、

いやでも、ここで中退増やすのは損だよなぁ~



と思いつつ、今年10月で5年生になり…

残り28単位なのですが、

ここにきて、ようやく、

大学の勉強のモチベーションが戻ってまいりました。



これまで、ペースメーカーにしていた方が

4年ストレートでさっさと卒業してしまったので、

残り1年はペースメーカー不在のまま

ラストスパートをかけるわけですが…



せっかく大学に入ったのに、

大学で学士以外に何も資格を取らないのは

もったいない、

せっかくだから1つだけ隣接資格を取るかー、

と考えて、

二重学籍…じゃなかった、

ダブルスクールすることにしました。



じゃーん!!



5年生をしている大学は正科生で、

こちらの大学は科目履修生ですので、

二重学籍にはなりませんし、

正科生として在学している大学には

許可をいただいているので、

何の問題もありません。



ただ、卒業まで残り28単位なのが、

科目履修の大学で10単位取得しなければならないので、

合計38単位を取らねばなりません…



しかも、科目履修の大学は、

半年ごとにお金がかかるので、

10単位は半年ですべて取りきらなければならないという。



…頑張ります…



2017.11.03 Fri l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは!

山崎陽子です。

最近、私は万年筆にハマっておりまして…

現在3本ほどの万年筆を持っています。

最近だと、安いものなら

100円ショップでも手に入りますし、

1000円も出せば、とても書きやすい

入門用の万年筆(パイロットの”カクノ”など)を

入手することができます。



で、3本ある万年筆のうち、

2本には「コンバーター」という、

インクを瓶から吸い上げるための

器具を取り付けています。

が、インク瓶は1つしか持っていなかったので、

せっかくだから、買い足したいなということで

ジョイフルホンダさんに行ってきました。



見つけたのはこれ。

IMG_20171023_153403.jpg

パイロットが出している、

色彩雫(いろしずく)というインクシリーズの中の

「冬柿」という色です。



メイン使用の万年筆には、

同じく色彩雫の「孔雀」を入れています。

「孔雀」は青緑でとても綺麗で気に入っているのですが、

通信制大学の勉強などで、一色でノートをとるのも

味気ないような気がして・・・。



「冬柿」は、とても綺麗な朱色のインクですので、

普段使用は「孔雀」、ときどき「冬柿」を使えば

ちょうどいいかな、と思い購入。



万年筆の利点は、

・お手入れをすればずっと長く使えること

・インクを入れ替えられること

・筆圧がほぼ不要であること

などが挙げられます。



高いものでは10万円ほどのものもありますが、

エントリーモデルなら3000円以内で手に入りますので、

「人とは違う文房具を持ちたい」

という人にはおすすめかもしれません。

2017.10.30 Mon l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top