塾生情報によると、昨日は学校の先生向け説明会が実施されたみたいですね。

8時半に車で家を出て、下道をのんびり走り、つくば秀英高校まで行ってきました。
所要時間は40~50分。帰りは三妻から294号をずーっとのんびり走ってきたので、1時間ちょいかかりましたが・・・。

NEC_0188.jpg

到着して思ったこと。
広い!
芝生きれい!

校舎は決して新しくはないのですが、中に入っても綺麗でした。
生徒の皆さんが綺麗に使っているのかな~。
芝生スペースなどがあり、「小さな大学」のような雰囲気です。


つくば秀英高校は、現在コースの改革を実施しているそうです。
大学入試が変わる流れに合わせて、Sコース(特進コース)から改革がなされています。

普通の私立高校の特進コースは、部活動には参加させず、ひたすら勉強・・・というところが多いように思います。
つくば秀英高校のSコースでは、7時間授業のあと、さらにもう1時間勉強するか、部活動をするかを選べるそうです。
また、進路指導も充実しており、Sコースでは、筑波大学の出張授業を受けることができるそうです。
こちらのコースは30名までの少人数制です。今年度は21名がSコースに在籍しているようです。

普通のコースである進学ABコースでは、部活動と学習を両立させている人が多いです。こちらのコースからも、筑波大などに合格者を出しているというので驚きです。

スポーツコースは、指定運動部に在籍する生徒のためのコースです。それでも4年制大学への進学率は、約80%というので驚きです。

入試については、推薦が3科目マーク式、一般が5科目記述式です。推薦には3種類の区分があります。一般についても、一般単願、類型単願・併願の3種類があります。

類型単願は秀英ならではの特徴です。5科目(1科目100点)のうち、得意な2科目を各190点、その他の3科目を各40点として500点満点で合否を判定するシステムです。特定の科目のみが得意、あるいは特定の科目が非常に低い点数、という生徒さんの場合は、この方式での受験が向いていると思います。


説明会の話を聞いていると、真面目で素直な生徒には向いている学校だと感じました。進学にもかなり力を入れており、しっかりフォローをしてくださる雰囲気の学校です。

パンフレット等は5部持ち帰りましたので、自由に見てください。



横向きになってしまいましたが・・・。併願で受験された場合、合否にかかわらず
自分だけのオリジナル問題集が貰えます。
2月上旬ころに、中学校経由でもらえるそうです。
リスニングCDも付いているそうです。太っ腹!
NEC_0191.jpg

併願受験者には、合否の他、このような模試のデータのようなものも貰えます。
どこができていて、どこが苦手なのかの最終チェックや、県立出願の最終確認にも使えそうですね。
NEC_0190.jpg

今年度のパンフレットです。
NEC_0189.jpg
スポンサーサイト
2014.09.30 Tue l つくば秀英高校 l コメント (0) トラックバック (0) l top