上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いろんな方から相談を受けます。
相談内容も人によって様々。

直近で受けた相談だと、
進学することは決めているけれど、AとBのどちらに進むか迷っている
Aという方向に進みたい気もするが、実際に自分が何をしたいのかわからない

の2通りがありました。

「進学することは決めているけれど、AとBのどちらに進むか迷っている」
という方の相談にたいしては、
ご本人の現在の職業、将来どうしたいかを聞いて、
具体的なビジョンが見えたので、
Aのほうが夢に近づけると思いますよ。
もちろんBでもいいですけど、少し遠回りになるかもしれません。
BよりはAのほうが、あなたが本当にやりたいことに近いのでは?
なんてお話をしました。

もちろん、
最終的にはあなたが決めることなので、
たくさん悩んで、ベストな選択をしてくださいね、
とお伝えしました。


一方、
「Aという方向に進みたい気もするが、自分が何をしたいのかわからない」
という方に対しては、
あえて具体的なお話はしませんでした。

おそらく、この方は、不安だったのだと思います。
Aに進みたいという自分の選択が、果たして正しいのか、
自信が持てなかったのだと思います。
だから、「何をしたいのかわからない」と、自分の意見を抑えることで、
私に、方向性を示してほしかったのだと思います。

やろうと思えば、優しい声かけはいくらでもできます。
でも、その一見「優しい」言葉は、その方のためになるのでしょうか?

どうしたいかは、ご自身が一番よく知っているはずなんです。
悩むということを通して、たくさん考え、自問自答を繰り返し、
徐々に覚悟が固まってくるんです。
そうして自分で悩んで悩んで悩み抜いて考えて
そのうえで決めた進路なら、
きっとその人はうまくやっていきます。
たとえその道がどんなに険しくても。

メリットも、デメリットも踏まえた上で、
それでも自分がやりたいんだ!と思って決めたことですから。

もしかしたら、その過程で、
苦しいことや辛いことがたくさん出てくるかもしれません。
でも、覚悟があるなら、きっとやり通すことができます。


でも、ここで選択することを他人に頼ってしまうと、
人の言うままに、深く考えることなく、
進路を決めてしまうでしょう。

覚悟ができていないまま、人生の方向性を
「人に示されたから」という理由だけで
決めてしまうのって、正しいことなのでしょうか?

それで、苦しいこと、つらいことに出会ったとき、
歯を食いしばってでも、頑張り抜くことはできますか?


「あのとき、あの人にこう言われたから進んだだけ」
「私は向いていないって思ってた」
そう、誰かのせいにして、逃げてしまいませんか?


自分の選択が正しいのか、間違いではないのか、
不安や恐怖に苛まれる気持ちも理解できます。

でも、怖い怖いと思いながらその進路を選択するくらいなら、
やらないほうがいいです。
リスクの限りなく低い、ずっと安全で安心できる人生を選んだほうがいいです。
そういう生き方もあります。
無理する必要なんてないです。


自分で決めましょうよ。

人の顔色を伺ってばかりの人生は
もうやめにしましょうよ。

自分で決めるって、
とっても面白くて楽しいことですよ。

スポンサーサイト
2017.06.19 Mon l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
高卒の社会人です。
今の仕事を辞めることなく、働きながら
保育士の資格を取得する方法はありませんか?


先日、このような質問をいただきました。



保育士になるには、

・指定の学校で学んで取得する方法
・保育士試験を受けて取得する方法

の2種類があります。


指定の学校とは、保育系の大学・短大・専門学校で、
保育に関する勉強や、保育実習を行って資格を取得します。

通信制の学校もありますが、
実習は長期に渡るので、働きながら勉強する社会人にとっては、
実習の前に仕事を辞めるしかなく、リスクが大きい学び方です。


また、
保育士試験を受けて取得する方法については、
試験を受験するための学歴条件を満たしている必要があります。

詳しい説明は全国保育士養成協議会のサイト
載っていますが、
最終学歴が短大卒以上という条件があります。


中卒や高卒の方の場合は、
保育士試験を受けるためには実務経験が必要です。

したがって、結局学校に通うか、
保育補助の仕事に転職するかしか、
保育士資格を取得するルートがありません・・・




どうにか、
今の仕事を辞めずに、なるべく費用を抑えて、
保育士の資格を取得できないか・・・


36af6a39a3e089f0175f6aa57da23a0e_s.jpg


調べていたら、このような通信制の学校がありました。


それが、
高等学校専攻科

でした。


第一学院高校 専攻科
星槎国際高校 専攻科



「高校」という名前が入ってはいますが、
2年課程の専門学校に近い扱いの学校です。

これらの学校は、
通信制課程で2年間、保育について学び、
その後、保育士試験を受験することで
保育士になることができます。


第一学院の専攻科の場合、
スクーリングは2年間で合計4日間。
現職を辞めずに、働きながら学ぶことが可能です。

学費も、通信制の大学や短大に比べるとリーズナブルです。
さらに、課程修了に必要な単位数も、
短大に比べてずっと少ないので、
負担が少なく、保育士になるための勉強を進めることができます。


※中卒の方の場合、高等学校専攻科には入学できないので、
先に通信制高校を利用したり、
高卒認定試験を利用したりして、「高卒」になっておく必要があります。


この高校専攻科の制度は、
今の仕事を辞めずに、保育士資格を取得できるので、
働きながら学びたいという社会人の方のニーズに
マッチした良い制度だと思います。

おとなになってから保育士を取得したい方は
ぜひ検討してみてくださいね。

2017.06.01 Thu l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
塾のある取手はわりと田舎なので、
塾には虫やら動物やらがわりとやってきます。

今日はなにやら、外で鳥が
ピーチクパーチクうるさく鳴いているなぁ、
と思っていたら、

塾のガラス戸がガタン!と鳴り・・・
鳥がぶつかったかな?と思って見てみたら・・・
お客さんはヘビでした。

18447206_1368710169872530_8898326621448187827_n.jpg

調べてみると、アオダイショウでした。

アオダイショウは人が暮らしている野山によく住み、木登りが得意なヘビです。
毒はなく、人を怖がりませんが、基本的には臆病でおとなしい性格だそうです。
カエルや鳥、鳥の卵、ネズミ等を食べ、イヌワシやイノシシ、タヌキなどに食べられます。

かつては「家の守り神」とも呼ばれ(ネズミを食べるので)大事にされてきたヘビです。

毒はなく、人に危害を与えないということなので、
この爬虫類のお客さんは、追い出さないことにしました。


2017.05.12 Fri l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
大学受験生、看護専門学校受験生は
そろそろ対策を始めなければいけない時期になりました。

特に
入試日程の早いAOや推薦での進学を考えている方は、
もう対策をしないと間に合わなくなってしまいます。


塾では、

5月:自分の強みを知ろう!

6月:職業の志望理由を考えよう!

7月:学校の志望理由を考えよう!



という予定で、
自己推薦書、自己PR書、志望動機書を
書くための準備をしていきます。


自分を知るということはとても大事なことです。

日本人は謙遜しがちなのですが、
それだと自己PRができません。

だから、「長所なんて思いつかない」
ということになってしまいます。

また、長所を無理やりつくろうとするから
具体的なエピソードが出てこなかったり、
妙ちくりんなPRになってしまうのです。


5月は、

・自分自身を主観的・客観的に
捉えることができる方法を使って、
「自分から見た自分」の地図をつくります。

・自分が知っている自分と、
他者が知っている自分に
差があるかどうか、
新たな気付きがないか考えます。


自分を知るというのは、
すでに分かっていることを再認識したり、
更に掘り下げたりできますし、

自分が知らなかった自分を発見できたりもします。


けっこう面白いですので、
受験生はぜひやりましょう。


ちなみに
私は合理的だと自分では思っていたのに、
地図におこしてみると、
経験主義的な側面が強かったのでびっくりしてます。笑


こんな具合に、
自分を知ることができれば、

・自分の強みはなにか?
・その強みを裏付けることのできるエピソードは?
・その強みはどのような場面で生かされる?

などなど、
様々な問いの答えが見えてくるようになります。

推薦やAO、社会人入試の場合は
「自分を知る」ことが必要不可欠です。

「自分を知る」ことができれば、
志望動機書や自己推薦書などの
提出書類を書くときに悩みませんし、
面接対策も同時にできてしまうんです。


対象は高校3年生から大人まで。
志望校が違うので、個別で対応いたします。

それ以外の方も、興味があれば
一緒にやりましょうね。

問合せ:090-2013-0413(ヤマザキ)
2017.04.26 Wed l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
塾に来ている子どもたちは、
毎日、とてもたくさんの話を持ってきます。

学校での出来事、家での出来事、恋愛話などなど。

嬉しかったこと、面白かったこともあれば、
嫌だったこと、悲しかったことなどの話もあります。


あなたのお子さんは、毎日話をしてきますか?



話というのは、

・学校で起きた楽しかったこと
・友達や勉強に関する悩み相談
・好きな人(彼氏、彼女)の話
・将来の夢や趣味の話

などのことです。


もし、このような話をしてこないなら、

・親子関係が良好でない
・コミュニケーション方法が悪い

のどちらかが原因です。


もちろん、
思春期には、身体も心も変化があるので、
恥ずかしがって話をしなくなる、という傾向もあります。


親子関係が良好で、
子どもが喜ぶコミュニケーション法を実践できれば、
子どもは相談するようになります。


そのレベルに達するまで、

・親子関係を良好にする
・コミュニケーション方法を磨く

ということをしていきましょう。



子どもとコミュニケーションが取れない
保護者様は、ある失敗をしてしまいます。


「子どもの話を聞く前に、親が話してしまう」
という失敗です。



例えばこんな感じです。

子ども「今日、学校行きたくないの」
親「なにバカなことを言ってるの!早く準備しなさい!」


子どもは、
「親に話を聞いてもらいたい」
と思って、話しかけます。


にもかかわらず、
この例の保護者さんは、
いきなり「アドバイス」「指導」
をしてしまっていますよね?


これがよくありません。


子どもの気持ちは、
「話を聞いてもらいたい」なのに、

いきなり「アドバイス」「指導」されたら、
そんなこと言ってほしいわけではない!
って思いますよね?


だから子どもは二度とあなたに、
話をしようって思わなくなるんです。


もちろん、朝の忙しい時間帯に
そんなことを言われても・・・
って思うこともあると思いますが、

子どもが何か「困ったこと」を抱えているときは、
それが重いものであれ、軽いものであれ、
少し時間をとって聞いてあげてください。



子どもと
上手にコミュニケーションを取る上で大事なことは、


「まずは子どもの話を聞いてあげる」
ということです。


これさえしっかりできれば、
お子さんは、今よりも話をするようになります。



次に、
「共通の話題を増やす」ということも
じつは大切なことなのです。


当たり前ですが、
あなたが生きている時代と、
お子さんが生きている時代って、
20くらいは違うと思います。


だからあなたの趣味の話をしても、
お子さんは楽しくないのです。

私も、自分の父が好きな演歌歌手の話をされたり、
麻雀の話をされたりしても、
正直、楽しくはありません。笑



では、どうしたら良いのか?


子どもの趣味に合わせた
会話をしてあげれば良いのです。



例えばお子さんが、
youtuberの「はじめしゃちょー」が好きだとしたら、
あなたもその動画を見て、
食事の時にその話題を出せばいいんです。

お子さんが毎週欠かさず見ているドラマがあったら、
あなたもそれを録画してチェックし、
その話題で話をすればいいんです。


必ずしも、一緒に見る必要はありません。


もちろん、一緒に見ることができたら、
時間も共有できるのでさらに良いです。

ただ、仕事が忙しく、
それはなかなかできないと思います。



そういうとは、
お子さんが塾に行っている間などにチェックして、
翌日、会話をすれば良いのです。


共通の話題で会話ができることも
子どもにとっては嬉しいのですが、

何よりお父さんやお母さんが、
自分のために努力をしてくれた、
という姿勢が子どもは嬉しいのです。


だからこそ、
常にお子さんが好きなものを調べ、
それを学習するようにしてみてください。


塾でも、
私の知らない俳優さんや芸人さんの名前が
飛び交うことがあります。

そんなとき、私は
「その人ってどんな人?もっと詳しく教えて」
「どんな番組に出てるの?」
と言ってみます。


そうすると、子どもたちは
「先生、そんなことも知らないの~?」
なんて言いながら、教えてくれます。


教えてくれたら、
ネットで検索したり、動画を見たりして調べて、
次に塾に来たときに、話を出してみます。

すると、子どもたちは嬉しそうにしてくれます。


最近の話だと、私は
「ブルゾンちえみ」を知らなくて、
子どもたちに教えてもらいました。

※ただ、子どもの興味は日ごとに変わるので、
せっかく調べても
「先生、そのネタはもう古いです(飽きました)」
と言われることもしばしばありますが・・・笑

だから、調べたりしたら、
その情報がなるべく新鮮なうちに
話をするようにしてくださいね。

2017.04.17 Mon l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。