こんにちは!

山崎陽子です!



中間テストが終了し、

ほっと一息ついている時期かもしれませんが、

もうすぐ、期末テストがやってきますよ~。



終わったばっかりなのに

またテスト?

なんて声が聞こえてきそうですが、

次のテストも頑張りましょうね。



さて、今回は、

「テストの点を逃す」理由についてです。

点数の伸びない子には、

こんな理由があるのです。



あなたはどうですか?

このような特徴に、当てはまっていませんか?

当てはまっていたら、

今日からすぐに

改善していきましょうね。



その前にひとつだけ注意点。

わかりやすくするために

少し極端に書きます。





【範囲を知らない】

多くの中学校では、

テストの2週間前に

テスト範囲が発表されていると思います。



それにも関わらず、

今回の範囲を把握していない。

このような人は、点数が逃げてしまいます。



範囲表をなくしたり、

範囲表はちゃんと持っているけど、全然見ていない、

というケースもあります。





【全部やらない(できない)】

子ども自身にとって、

テスト範囲があまりに広いことが原因です。



特に2学期制を導入している地域や

学期に1回しかテストを実施しない学校などだと、

定期テストの範囲がかなり広くなってしまいます。



そうなると…

例えば英語。

最初は「がんばるぞー!」と意気込んで、

単語の暗記や訳などを丁寧に勉強していきますが、

妙に時間がかかってしまうんです。



そして結局、

テスト範囲を半分程度終わったくらいのところで

テスト当日を迎えてしまうことになります。



試験範囲の前半部分は

かなり詳しく勉強しているけど、

後半の範囲の勉強がおろそかになるわけです。



他にも挙げると、

好きな単元や得意な単元の勉強は

頑張ってやるものの、

嫌いな単元、面倒な単元の勉強は

手付かず…といったタイプはこれに属します。



この傾向のある生徒さんは

比較的サバサバした性格ですから、

あきらめも非常によかったりします。

「今回はしょうがないか!自分なりに頑張ったし!」

みたいな。



だいたい、テスト3日前ぐらいに

このような状況に陥ります。

これでは、時すでに遅しですよね。





【一発勝負】

問題演習もせずに、テストに臨むタイプです。

このタイプのテスト勉強は、

教科書のにらめっこ。

問題集も模範解答とにらめっこ。



本人は「この問題わかったぞ~!」と満足気。

早合点タイプもここに属します。

でも、これでは当然ながらイイ点数は取れません。



なぜなら、自分の力を正確に、的確に把握していないから。



この「一発勝負」勉強をやっていると、

テストでケアレスミスをやります。

そして、試験が終わったときに言うのです。



「この問題、わかっていたんだけど、ミスしちゃった!」



こんな発言をお子さんがしているようなら要注意です。

この勉強方法を繰り返している間は、

いつまでたってもケアレスミスは減りません。





【答え合わせをしない】

意外なことに、

頑張り屋さんがこれに属することが多いです。



テスト勉強として、学校のワークを一通りやります。

でも、やることだけに一生懸命で

答え合わせをしないんです。

自分では合っていると思い込んでいます。



また、答え合わせをするけれど、

○×をつけて、

間違ったところの正解を書き写して終わり。

案外多いので注意が必要です。



答え合わせをしないことで、

やり方自体を間違っていたなんていうのは、

実にもったいない話ですし、

間違ったところを勉強せずにテストに臨めば、

テストでもやっぱり間違ってしまうわけです。

ミスだって大いにするでしょう。



「私はちゃんと頑張っているのにイイ点数が取れない」

という生徒によく見られます。



これらの4つを退治するだけでも、

・テスト勉強をどうやったらいいかわからない

・試験週間に勉強をしていない

・テストでミスがかなり多い

・机に座っている割にテストの点数が上がらない

・好きな単元しか勉強しない

・テスト勉強に取り掛かるのがいつも遅い



というような問題は、

・テスト勉強はこれとこれをやる!

・試験週間の計画はバッチリ!

・テストでミスを最小限にする!

・机に座っている時間の成果がテストの点数に表れる!

・好きな単元以外も満遍なく勉強する!

・テスト勉強は普段からやっている!


へと改善されると思います。

スポンサーサイト
2017.10.16 Mon l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは!

山崎陽子です。



先日、私は、

私が在籍している通信制大学の

科目修了試験を受けてきました。



在籍して、もう5年目なので

試験問題の予想はバッチリ!

・・・なのですが、



つい「忙しい」を言い訳にしてしまい

試験勉強の対策が後手後手になり・・・

結局、試験前日や当日に

大慌てで対策をする羽目に、

なーんて、中学生や高校生のようなことを

ついやってしまいます(反省)



そう、習慣を変えることって

とっても難しいんですよね。

でも、どうしても変えていかなければ

ならないときもありますよね。



そんなとき、どうやったら

新しい習慣を身につけられるのでしょうか?





人は、習慣を変えることが

とーっても苦手です。

それは私を含めて、誰もが同じなんです。



でも、少し意識を変えるだけで、

習慣が大きく変わる考え方があります。



この方法を使えば、

今あなたが

どんな習慣を持っていたとしても、

もしかしたら

変えることができるかもしれません。





【大きな習慣の変化は難しい】

習慣を変える方法なのですが、

こちらの書籍で、

紹介されていた方法です。



小さな習慣(スティーヴン・ガイズ)





かわいらしい表紙の本ですね!



例えば、

あなたがスマートフォンを触らずに

勉強できるようにしたい、

と、思っているとします。



この時、

いきなり何時間もスマートフォンを触るのをやめる

というのは大きな習慣です。



これをしようとすると、

今までやってきた

元の習慣が邪魔をして、

なかなか変わることができません。



新しい習慣を作ろうとするとき、

気をつけなければならないのは、

いきなり、大きな変化を起こそうとすることです。





【小さな習慣から始めてみよう】

ではどうしたらよいのか。

まずは小さな習慣から、

はじめてみましょう。



スマートフォンをずっと触らずにいるのではなく、

問題集を1ページ解く間だけ、

触らないようにしてみるのです。



これなら始められそうですよね?



ポイントは、

「習慣を小さなものにする」

ということです。



そのほうが、

継続できる可能性が上がるからです。





【習慣が人生を変える】

本当に効果あるの?

とあなたは思うかもしれませんが、

この「ほんのすこしの変化」が

実は絶大な影響をもつようになります。



毎日の習慣こそが、

人生を決めるといえるからです。



たとえば、ダイエット。

毎日食べるご飯を半分にするだけでも、

3か月後の体重に変化が生まれます。



1日変えただけでは、

変化がないかもしれません。

それでも、毎日続けることで、

塵も積もれば山となるのです。



改善したくて色々やってるけど

なかなか上手くいかない・・・

そういう人にこそ、おすすめしたい方法です。



「新しい習慣」のハードルを小さくすることで

毎日「きょうも目標をきちんとクリアした」という

成功体験を積み重ねることができます。



成功体験を重ねることで、

自分に自信がつきます。

そして、「続けよう」という意志も、

筋肉のようにどんどん鍛えられていくのです。





【まとめ】

あなたの中に、

変えたいと思っている悪い習慣があったら、

小さな変化を作ってみてください。



これなら、

誰でも続けていけるのではないでしょうか。



もし不安なら、先にお伝えした、

「小さな習慣」という書籍を

読んでみるといいかもしれません。



「継続は力なり」とは、

よく言ったものですね!



私にも言えることですが、

よくない習慣は

少しずつ、変えていけるといいですね。

2017.10.03 Tue l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
さて、今回の模試には、
「データ集」がついていました。

偏差値席次表といって、
得点率と、偏差値と、順位の一覧表が
載っているデータです。

高校受験や大学受験の模試にも、
にたような表やグラフが載っている、
と思います。
20170509_003.jpg


赤で囲ったところが、今回の私のデータです。
得点率が61%の部分です。

前回の記事で、模試の分析を行って、
配点60点の教育法規が16点しか取れていなかった、
ということがわかりました。

そこで、今後、教育法規を頑張って勉強して
40点アップさせたらどうなるか、
を、データ集で割り出します。

すると、得点率は74%になりますので、
今回35位だった順位が、
10位以内に食い込めそうな感じですね。

もちろん、
同じ模試を受けているライバルの方々も
勉強を頑張りますから、
みんなが頑張れば思うように伸びないことも
十分考えられます。

でも、教育法規を頑張って勉強するだけで、
10位以内に入ることができそうだ、
という見込みを立てられることで、
今後の勉強のやる気が出ますし、
次はいい結果を出そう!と思えますよね。



このように、模擬試験を受けた後は、
模試のデータを活用して、

◎今後、どこを重点的に勉強すべきか
◎どうすれば効率よく点数を上げられるか

を考えるとともに、

◎もし、これだけ点数が上がったら・・・

と想像して、
モチベーションを維持したり、
上げたりするために使ってください。

ちなみに山崎は、
志望校判定はあくまでも「参考程度」として
確認はしますが、
信頼はしていません。

なぜなら、実際の受験では、
この模試を受けていない学力の高い方がたくさんいたり、
自分の体調が悪かったり、
筆記試験以外の試験(面接や実技など)が原因だったり
様々な理由が絡んで
合格・不合格が決まりますから。


ですから、志望校判定は、
鵜呑みにはしないようにしてくださいね。

2017.05.11 Thu l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
模擬試験活用法(1)はこちら

さて、模擬試験の活用方法に入りたいと思います。

志望判定を見て、喜んだり、
がっかりされる方もいらっしゃると思いますが、
模試は志望判定を見るためのものではありません。

そんなものは、わりとどうだっていいんです。笑

E判定でも、合格する人は合格しますし、
A判定でも落ちる人はいますので。

それよりも大切なことを、今回はお伝えします。



模試が返却されて、山崎がまず見るのはここです。
20170509_002.jpg

科目別・項目別の配点と、配点に対する得点です。

まずは配点。
主にどの分野の配点が高いのかを把握します。
例えば、
教育原理は70点と一番配点が高いですし、
教育法規と自然科学はそれぞれ60点と、
かなり高くなっています。

一方、
教職総合は20点、
一般総合は24点と配点が低いです。

ということは、
配点の高い教育原理や教育法規、自然科学を
優先して学習すると、
効率よく成績が伸ばせる、ということがわかります。

教職総合や一般総合は、満点を狙っても
20点、24点しかありません。
ここの勉強に何十時間もかけるなら、
教育原理や教育法規に時間をかければ、
その3倍近くも効果が表れる、ということです。


配点を確認したら、自分の得点をチェックします。
配点の高い分野のうち、
教育原理と自然科学はそこそこ点数が取れていますが、
教育法規は60点満点でたったの16点しかありません。

ということは、私の場合、
教育法規だけに絞って勉強を行えば、
少ない時間で効率よく点数を上げられる、
ということです。

教職総合の得点は悪いですが、
配点は20点ですので、
どんなに頑張ってもたかだか16点しか上がりません。
ですから、こういう分野の勉強は後回しでもいいのです。

教育法規は、完璧にすれば、
あと44点も上がりますからね。

そうすると、どちらを優先して勉強すべきか
わかりますよね?



このように、
まずは、返ってきた模試の
分野別配点と自分の得点を分析します。

分析をすることで、
「今後どこを重点的に勉強すればいいか」
を知ることができます。

2017.05.10 Wed l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
さて、
山崎は先日(といっても3月)、
とある模擬試験を受験しました。

昨日、その結果が返ってきたので、
山崎の模試の結果を踏まえて、
模擬試験の活用方法について
お伝えしたいと思います。

ではまずは画像をご覧ください。
(クリックで大きくなります)

20170509_001.jpg

この模試の場合、
一番上に志望先(志望校)と
合格判定が出ていますね。

下の部分には、
科目別の自分の得点やら偏差値やら
順位やらが書かれていますね。

さて、あなたが模試を受けたとき、
最初に見るのはどこですか?

そして、その後はどうしますか?

もしかして、志望校判定のABC評価だけ見て、
模試の結果をポイっと捨てたりしていませんか?

それをやっちゃうと・・・
ああああモッタイナイ・・・
せっかく安くないお金を払って受けた模試なので、
判定だけ見てポイしちゃうのは

お金をドブに捨てているのと
同じことですよ。


では、模試はどこを見たらいいのか?

山崎の恥ずかしい成績を晒しながら、
順に見ていきたいと思います。

※本当は、河合塾の全統や進研模試などの
結果で解説をしたいのですが、
生徒さんの成績をブログでさらすわけにはいかないので、
山崎が受けた教員採用試験模試で見ていくことにします。

基本的にはどの模試でも、見方は全く同じです。
高校受験のSもぎやVもぎ、新教研、茨統、
河合の全統、進研模試、看護系模試など、
様々な模試で活用できます。


<模試の見方をする前に・・・用語の簡単な説明>

模試の成績というのは、
自分自身の受験当時の学力を
ある意味で残酷なまでにしっかりと
示してくれるものです。

今回の模擬試験の場合は、
・配点
・自分の得点
・得点率(正答率)
・平均得点率
・偏差値
・順位
・合格可能性判定

の7種類が記載されています。

配点は満点時の点数、
得点率は、(自分の得点)÷(配点)×100 をして、
その分野での正答率が何%あったかを示しています。

偏差値は、平均点を偏差値50としたときに
自分がどのあたりの位置にいるのかを数値で表したものです。
偏差値が50より大きければ大きいほど、成績は優れていて、
50より小さければ小さいほど、成績が悪い、ということです。

平均点は模試によって上下しますが、
偏差値は平均を50として表した数値なので、
同じ会社が実施している模試を定期的に受ける方にとっては、
自分の成績の上下を判断しやすくなります。

ただし、偏差値は受験者の学力層によって大きく変わります。
例えば、東大を目指す人たちが受ける東大模試の偏差値50と、
現役高校生がほぼ全員受験する進研模試の偏差値50では、
出題されている問題のレベルも違いますし、受験者の学力も
大きく異なりますので、比較することができません。

順位は、全受験者の中での自分の位置を示してくれていますね。

2017.05.09 Tue l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top