こんばんは!

山崎陽子です。




みなさんは字を綺麗に書けますか?

私の父は書家で、書道の先生でもありました。

小さい頃からずっと、

父から書道を教わっていましたが、

私は父に呆れられるくらい、悪筆です。笑





字が汚い子どもの多くは男の子です。

なぜ男の子の方が字が汚いのか?

私は次の2つが理由だと考えています。



理由① 大雑把な性格な子が多い

字が汚いのは性格の問題です。

きれいに書けないのではなく、

きれいに書こうという意思がないのです。



理由② 頭が切れる子が多い

東大生は字が汚い子が多いです。

これは他の子以上に頭が切れるため、

考えている内容を文章にするときに、

手が追い付かないのです。

そのため字が雑になります。

普段の勉強などでは

感じたことを少しでも早く文章化したいため

雑になるのです。



経験上、字が汚い子は上記の2つが原因です。

①が圧倒的に多いですけどね。





字が汚いとき、どう直していけばよいのか?

最初に書いたように、字が汚い原因は意識です。



きれいに書こうという意識がないから、

字が雑になってしまいます。



もし、字をきれいにしたいと思ったら、

字をきれいに書きたい、

という意識を持つだけでも、

今よりきれいになります。



具体的には、例えば、

・1画1画続けずに書く

という、たった1つのことをするだけでも

大きく改善できます。



他には、

・字の向きをそろえる

・漢字はやや大きめ、かなはやや小さめに書く

などもありますね。



これらを意識するだけですから、

1日で改善できるわけです。





もしかしたら、意識するだけならすぐに直りそう!

と思ったかもしれません。

が、実は

そう簡単に解決することはできません。



最も難しいのは、

「字を綺麗に書きたい」

という意識を持たせることだからです。



字が汚い子は、

そもそもこの意識が薄いため

いつまでたっても綺麗になりません。



どうしたら、字をきれいに書きたい、

という意識を持たせることができるのか?

私は、「損をする経験」が必要だと思います。



機械化が進んでいるとはいえ、

まだまだ自分で字を書く機会は多いです。



字が汚いとどこかのタイミングで、

必ず損する経験をします。



例えば、

・ノートやテストの点数が下げられる

・計算ミスをする

などです。


こういった経験をするまで待てば、

自然に字をきれいに書こうという意識を

持つ子もいます。





意識を変えることはとても難しいことです。

字をきれいにするというのは

まさに意識改革です。

時間はかかりますが、

少しずつ意識改革をしていくことが

大事かな、と思います。


スポンサーサイト
2018.02.18 Sun l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは!

山崎陽子です。



茨城県の公立入試まで、残りおよそ2週間です。

勉強は順調でしょうか。

この2週間をどれだけ上手に使うかというのは

とっても大切なことですよ。

あと少し、志望校に向けて頑張りましょうね。





今日は、そんな受験生と、

受験生の親御さんに読んでほしいことを

書きたいと思います。



「○○点までなら落としいてもいい!」と聞いて、

意味わからないという人のために

最初に少し補足しておきましょう。

例えば、75点(100点満点で)取らないと

いけないテストがあるとします。

正答率75%が目標です。

テストを受ける前に、

子どもに「目標は75点だからね!」と伝えても、

プレッシャーを与えるだけです。



受験生でもない限り、

普段から配点を気にしながら、

「75点取るには、これとこれを取って・・・」

なんて作戦を組み立てながら

テストを受けられる子は少ないです。



組み立てができない子に対して

「目標点」を押しつけても、

プラスに働くことはありません。



むしろ、できない問題に当たったとき

「ヤバイ、どうしよう…」と

いつもより混乱してペースを崩し、

できる問題も落としてしまうという、

最悪の結果になりやすいです。



もちろん受験生には、時間配分や配点も意識して、

得点を加算させていく入試実践テクニックを

身につけてもらえるような指導もします。



ただ、たとえそのようなことを行っても、

入試本番などの緊張するテストでは、

いつもより精度が落ちるのは仕方のないことです。



だからこそ、「取るべき点数」よりも

「落としてもいい点数」を意識する方が良いのです。



「75点を狙っていこう!」

「25点なら落としてもいいよ!」



随分と受ける印象が違いませんか?



両方とも75点を目標にしているのは同じです。

でも、子どもにとっては

「落としていい」「捨てていい」と言われる方が安心します。



テスト前だけでなく、

テストで見たことない難しい問題にあたったときも

冷静に「ハイ、捨て問!」と処理できます。



テストが終わった後も「75点いけそう?」

と聞くよりも、「捨て問、見つけて捨てた?」の方が、

時間配分がうまくいったかの分析ができます。



親御さんだって、不安な気持ちが軽減されませんか?

勉強において、

「漠然とした不安」は、良い結果を導きません。

「これさえ気をつければ、大丈夫!」と思え、

具体的な方針を見つけ、不安を確信に変えるのです。

こうしておけば、良い結果が出やすい状況を

つくることができますよ。

2018.02.17 Sat l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは!

山崎陽子です!



私は学生時代、

体育だけがどうしても苦手でした。

今でも苦手ですけどね。笑



主要教科は学習塾などで対策できますが、

実技科目の対策って大変ですよね。


実技教科が苦手な子は、

どのような工夫をして

成績を上げていけば良いのでしょうか?





昔…私が学生だった頃は、

定期テストの割合がとっても高かったんです。

だから、実技ができなくても、

定期テストで高得点が取れれば

評定はそこまで低くはなりませんでした。



今の評定システムでは、

定期テストの点数よりも実技の点数の方が高い、

という場合が多くなっています。



つまり、

どれだけ定期テストで満点をとっても、

実技が苦手だと評定は下がります。





例えば、音楽で評定5を取ろうと思ったら、

・ピアノを習い始める

・独学で声楽を学ぶ

などをしないといけないのか?



普通はそこまでしませんし、

時間の無駄ですよね。

少し勉強すれば、

「ある程度は」できるようになります。



ただ、評定5が取れるまで、

自分の能力を伸ばすのは厳しいです。



それを考えると、

実技の力を伸ばそうとすること自体が

ナンセンスなのです。



ではどうしたら良いのか?

ポイントは熱意と定期テストです。



<熱意>

実技教科の評価は5教科とは異なり、

〇〇と書いてあったら20点!

というような採点基準が作りにくいのです。



体育などの場合は

跳び箱5段が飛べる:B評価

跳び箱6段が飛べる:A評価

といった具合に決められていることもありますが。



ただ、採点基準が作りにくいため、

先生から「この子は頑張っている」

と思われたら点数が伸びる可能性がある

ということです。



そこで大事になってくるのが、

苦手でも一生懸命取り組むという姿勢です。



<定期テスト>

定期テストの点数は評定に大きく影響します。

だから、一生懸命勉強して、

定期テストで高得点を取りましょう。



ピアノを練習して実技点を上げるよりも、

定期テストで95点を取る方が簡単です。



それから、当たり前のことですが、

レポート課題や作品など、

提出期限の決まっているものは

必ず提出日までに仕上げて出してくださいね。



提出物についても、

期限内に提出:A評価

遅れて提出:B評価

出さない:C評価

のように評価されていますので。



A評価が多ければ、5や4という

いい成績を取りやすくなりますよ。





【本日のまとめ】

実技教科の点数を上げるなら、

まずは実技を一生懸命行いましょう。

加えて定期テストで高得点を取りましょう。



今できることを全力で行う。

これが大事です。

2018.02.16 Fri l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんはー!

山崎陽子です。



茨城県立入試まで、

残りだいたい3週間ほどですよね。

この時期にやっておくべき3つのポイントを、

今日はお伝えしたいと思います。





【ポイント1 過去問を解く】

もしまだ過去問を解いていなければ、

必ず解くようにしてください。

過去問を解く一番の目的は、

問題に慣れることです。



過去問を解かないでテストを受けると、

当日パニックになりやすいです。



最低3年分は解いて、

問題の出題形式に慣れてください。





【ポイント2 面接対策をする】

面接対策もこの時期に開始します。

面接については、少し準備をするだけで、

すぐに点数が上がります。



すぐに上がるにもかかわらず、

意外と配点が高かったりしますよ、

面接試験。



5教科の入試対策は、

50時間必死に勉強して、

ようやく10点くらい上がります。



面接は10時間の勉強で、

20点以上あがります。

効率よく対策が可能なんです。





【ポイント3 体調管理に気を付ける】

最も大事なことは体調管理です。

インフルエンザが流行しますよね。

入試直前にインフルエンザにかかったら、

合格率がかなり下がります。



頭がフラフラの状態でテストを受けても、

良い結果が出ないからです。



風邪だけはひかないように、

注意してください。



なお体調管理で大事なことは、

・野菜をたくさん食べる

・7時間以上の睡眠をとる

・手洗いうがいをしっかりする

・人混みに行くときはマスクをする

です。

参考にしてみてください。





高校受験まで残り3週間というと、

勉強のことばかり意識してしまいます。

最後の追い込みをすることは

もちろん大事なことです。



ただ、上記の3つの方が大事です。



過去問を解いて、面接対策をする。

次に風邪をひかないようにする。

それでも余裕があれば、勉強を頑張りましょう。




2018.02.14 Wed l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは!

山崎陽子です。



さて、前回は

何のために予習をするのか?

について書きました。


今回は、具体的な予習のやり方について

書いていきたいと思います。



予習をする目的は、

授業で集中して聞くポイントを押さえるため、

という話を、前回書きました。

そのために、何をすればいいのか?

について、書いていきたいと思います。



数学の予習については、教科書にざっと目を通します。

熟読する必要はありません。

次はどんなことをやるのかなー、ということを

ざっくり把握するだけで結構です。

その後、教科書の練習問題に目を通しておきます。

ここは計算問題だからすぐできそう、

ここは苦手な証明だから、自力では難しそう、

この程度で構いませんので、

ざっくりと自分なりに難易度の判断をしておきます。

難しそうだな、と感じたところは、

おそらく今後、あなたが躓くところです。

なので、集中して聞くことができるよう、

付箋でも貼って、目立つようにしておいてください。



英語の予習については、新しく学ぶ単語をチェックします。

教科書の巻末の辞書や教科書ガイドなどを使って、

簡単に進出単語の意味を調べておきましょう。



次に、本文を音読します。

音読中に引っかかる単語は、あなたがまだ覚えていない単語です。

これも、可能であれば意味調べをしておきます。



それから、基本文に目を通します。

進出の文法は、たいてい太字で書かれているので、

太字の部分だけ目を通しておきます。

時間があれば、本文の全文訳などをしても良いですが、

教科書ガイドの和訳に目を通して、

本文がどのような内容なのかを見ておくだけでも構いません。



ちなみに私は、英会話を毎日やっていますが、

毎日予習を欠かさず行っています。

予習は、テキスト通読→音読2~3回→演習問題をざっくり解く、

という形で行っています。

IMG_20180210_115102.jpg

1単元1ページの構成でノートを作っています。

ノートの上側は予習です。

演習問題の中で、即座に解答ができなさそうなものだけ、

ノートに書き留めています。

英会話は特に、1レッスン25分と極めて時間が短いので

効率良く、中身の濃いレッスンを受けるためには

どうしても事前の予習が必要になってきます。



ノートの下側は、授業で講師に指摘された項目や、

自分がわからず講師に質問したこと、

英会話なので雑談に使うネタの台本などを書き留めています。



予習については、できるだけ短時間で行います。

30分から1時間もやれば十分ですし、

もっと短くてもかまいません。

集中して聞くべきところとそうでないところを

区別できれば問題ありません。

5分とか10分とかでもいいので、

今日から少しずつ始めてみてくださいね。
2018.02.12 Mon l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top