くろねこ満点塾にも在籍しているのですが、英語や数学はまだよくできるのに、社会だけは無理・・・
社会って範囲広いし覚える量も半端無く多いし、高校入試までに間に合わなさそう・・・

なんて、苦手意識があったり、勉強を尻込みしている人も多いはず。

大丈夫。社会は簡単。あと3ヶ月あれば、なんとかなりますよ。

だって
覚えるだけ
なんですから。笑
スポンサーサイト
2014.10.22 Wed l 社会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
センセーは、日本史ってどうやって覚えましたか?

って。


高校の日本史って、中学校の歴史よりもかなり突っ込んで深く掘り下げるので
中学校の歴史が好き!という人でも、高校になると点数が取れなくなったりします。

暗記の量は、中学校の5倍くらいはあるのかな。
なかなか大変です。


私のいた高校では、日本史は山川の教科書を配られただけで
問題集などは一切配布されませんでした。

そこで私は、当時人気だった
「菅野の日本史実況中継」をいうシリーズを一通り揃えて
それを毎晩、布団にくるまってから意識がなくなるまでの間、
読んでいました。

もう廃盤になってしまいましたが、後継として
以下の本が出てます。

NEW石川日本史B講義の実況中継(1) 原始~古代 実況中継シリーズ





テスト前までに、範囲のところは10回以上読んだかな。
「このページを暗唱しなさい」と言われたら
普通にできちゃいそうなところまで読み込みました。


理系だったので、センターでしか日本史は必要なかったので
私大文系レベルまで、日本史をやることはなかったのですが
普通の読み物として、グイグイ話に引きこまれるので
「菅野の日本史」を読むのがとっても楽しかったんです。
(元々、本を読むのが好きでしたし)

で、これを読んだだけで、定期テストレベルなら
90点代にはなりました。


教科書を読んでも、どこか無機質でわかりにくいのですが
こうした補助を使うことで、より一層、日本史の理解が深まりますよ。

文系で日本史が必要な生徒さんの場合は、これを教科書代わりに
持っておいても損はないでしょう。
2014.05.10 Sat l 社会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年の高校入試で「端午の節句」が何月か、という問題が出題されました。

中学生にとっては、少々難しい問題だったかもしれませんね。
塾でもわかる子は1人のみ。他の子はわからないようでした。

「こどもの日」というと、多くの子が「あぁ!5月!」と言うんですけどね。


今日はそんな、端午の節句のマメ知識。

------

端午の節句は、奈良時代から行われている古い行事だそうです。
端午とは、五月の初めの午(うま)の日という意味です。
それがいつのまにか五月五日に固定されたようです。

2014.04.29 Tue l 社会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日のブログはどうでも良い話ですが・・・
歴史好きさんや、古典に親しみを感じたい方は読んでくださいな。


最近は、猫飼いさんがいろんな猫ブログを運営されています。
私自身は、猫ブログはやっていませんが。笑
猫ブログ、見てると楽しいんですよね。猫好きな方にはお勧めです。


そんな猫ブログ、遡ってみると、平安時代からありました。
日本で最初の猫ブログ。
当時はもちろんインターネットなんてありませんから、「日記」として残されています。

誰が猫日記を書いたかと言うと・・・宇多天皇という天皇。
菅原道真を抜擢した人です。仁和寺というお寺を完成させた人でもあります。



そんな偉い人が、猫について書いた日記が、以下の通り。


-------------------------
2014.03.23 Sun l 社会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
高校受験の問題集案内コーナー。第3弾。
今回は社会の問題集。

暗記が命の社会なので、暗記メインの問題集です。

好学出版 全問必答問題集
※塾用教材のため、市販されていません。
10004305.gif

一問一答式の問題集。1単元4ページ構成。
「要点のまとめ」という、薄い参考書のような冊子もついています。
社会で60点以下の生徒さんには、まずはこれを使って知識をつけてもらいます。

一度やって終わり、ではなく、5回も10回も繰り返し使ってください。
今年の中3生は、既にこの問題集を6周くらいやっています。

この問題集で、正答率が8割を超えるようになったら、
市販の受験用教材を使っていきます。

社会のコツは、何度も何度も繰り返し学習すること。
一問一答は、1日1ページペースで充分ですから、覚えるまで何度も辛抱強くやってください。


※この教材が欲しい!という方は、こちらまでご連絡ください
2013.09.17 Tue l 社会 l コメント (0) トラックバック (0) l top