現在、新中2生には予習形式で授業を行っています。
先に計算だけきっちり理解してもらい、理解に時間のかかる証明(文字式)と連立方程式の文章題にじっくり時間をかけるためです。

本日で、文字式の計算は終了し、連立方程式の代入法まで進みました。
(数学が特に苦手な生徒さんの場合、私は代入法の指導をしないことがあります。学校では習いますが・・)
加減法は問題バリエーションが豊富なため、次回以降スモールステップで進めていきます。

現在指導している生徒さん、計算の速いこと速いこと。
私が途中式をきちんと書きながら問題を解く速さとほとんど変わりません^^;
そして正答率は高いです。これは数学を勉強する上で、大きな強みになります。

速く正確に解けると、難しい問題に当たったときも、計算以外の複雑な思考のほうに意識を向けられるからです。
計算でいっぱいいっぱいになっている場合、そういった複雑な思考を要する部分までに意識が向かず、結局「何を問われているのかわからない」という状況に陥ることがしばしばあります。


そんな彼女も、やはり計算は分数・小数を苦手にしています。
でも今週頑張って、とても上手に正確に解けるようになってきました。
理解も速い生徒さんのため、中2内容を指導しつつ、苦手なところは中2単元の中でゆっくり補っていくという形でしばらく様子を見てみます。
スポンサーサイト
2013.03.28 Thu l 数学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
来年度は二次募集に持ち込み!なんてことはないようにしたいところですが。

今年受験した生徒さんから二次募集の問題を見せてもらったので、模範解答を作成しました。


解きながら思うこと。
二次募集の問題は、一般の問題よりも多少易しい内容です。
数学の大問8の(2)のような、コレ正答率限りなくゼロだろう・・・というような問題は出ず、
一般的な問題が多く出題されています。
とは言っても、大問7と8はやや難易度が高かったです。でも竜一や土一を目指す生徒さんなら、苦もなく解けそうな問題でした。
図形問題はありますが、証明はありませんでした。


英語はリスニングはありませんが、語彙の問題(動詞の形を変化させる問題や、熟語の穴埋め)などの割合が多いように思います。長文もありますが、パっと見、300~400語くらいかな。短めの長文です。英問英答式の記述はありますが、一般のような自由英作文はありません。基礎ができていれば、半分は余裕でとれるだろう、というところです。

国語も難易度が低めです。傾向は一般と変わらず、小説、論説文、古文、詞、そして作文です。
小説・論説文の場合、一般入試では「50字以内で答えよ」という問題がありますが、二次募集ではそれが30~40字程度になっています。最後の作文も、100字程度ですね。


今年は中堅進学校の藤代で二次募集が行われていました。この難易度の試験であれば、こういった進学校を狙う場合は3教科で260点を超えなければ合格は厳しいな、と感じる問題内容でした。
2013.03.28 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
塾に中学生が読めそうな小説などを増やしていきたいと考えています。
夏休みはこの中から好きな本を選んで読書感想文を書くもよし
貸し出しはしているので、家で読むもよし。

小説については、私が好きな作家の本がメインであるので、ちょっと偏った本棚になっていますが・・・
いずれは、満遍なく増やしていこうと思っています。

先日、古本屋である本を見つけました。
「ゼロからわかる インドの数学」という本です。新書版かな?は現在市販されています。

インドと言えば、19×19の掛け算まで九九の範囲として覚えることが有名ですが
この本は、その九九をやろう!という本ではなく、

計算はこうやったらちょっとだけ楽にできるようになるんだよ!

という内容が満載の本です。
主に自然数を扱っているので、小学生でも読めますし、中学生・高校生・社会人でも
こうやったら楽に計算できるのか!と新たな発見があるかもしれません。

・・・もっとも、この本に書かれている、使えそうなテクニックの多くは
学力上位層の生徒が自然に用いている手法でもありますが。

また、使えそうにないテクニックも満載です(笑)
掛け算の筆算は蛇や棒を斜めに並べるとわかりやすい!という、それは普通使わんやろ!という変な方法で計算している章もあります。


勉強を頑張った後の息抜きの時間などに、よかったら読んでみてください。
2013.03.25 Mon l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
チラシができあがりました。
今回は塾があることを知ってもらうために打つチラシです。

慌てて作ったので、誤字脱字が怖いです。
手書きだとめったに誤字脱字はしませんが(調べて書くため)
タイピングだとチャキチャキ打った挙句、確認をしないので・・・。

今週末の新聞折込に入る予定です。


NEC_0296.jpg
2013.03.22 Fri l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

http://t.co/3WdCbXViUH 教育現場も変わる必要がありそう。個人的には、英語よりもまずは日本語だろうとは思うのだが。(話し言葉で作文を書く中学生の多いこと多いこと。そしてそれを学校側も指導をしない)
03-21 10:56

2013.03.22 Fri l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
二次募集の試験も無事に終わり、
ようやく一息つけそう・・・と思ったところに春休みです。
私の塾では、学校の宿題の持ち込みもOKですので、どうぞ遠慮なく持ってきてくださいね。


春休みの過ごし方。もちろん、遊んでかまいませんし、部活も頑張ってください。
ただ、この1年間に習ったことの復習も忘れずに行いましょう。
最重要な科目は英語と数学。
この2つだけは、ずーっと言っていますが「積み重ね」が大切になる教科なので
この1年の復習をここでしているかしていないかで、次の学年の学習に入ったときの理解度が変わります。


新中1生は、算数の復習とアルファベットの復習をしておきましょう。
算数は、計算だけでかまいません。
・九九を1つの段につき、一息で、10秒以内で暗誦できるか。
・割り算の筆算を速く正確に行えるか。
・小数の計算は大丈夫か。
・分数の計算は大丈夫か。
余裕があれば、面積・体積と速さの問題、割合の問題も復習しておきましょう。
面積・体積は中1の数学で再度登場します。速さや割合も、中1~中3の数学や理科で出てきます。

英語はあまり必要ありませんが、アルファベットを大文字・小文字ともに書けるように、自分の名前もローマ字で書けるようにはしておきましょう。


新中2生は。
数学は、計算(正負の数・文字式・方程式)の復習を丹念に行いましょう。
この単元は、再び中2の1学期で登場します。文字式は少し難易度があがり、方程式も「連立方程式」を習います。
特に分数や小数の計算を苦手としている生徒さんが多いです。
通塾される生徒さんには、ひとりひとりの計算方法をチェックして、間違いやすいクセを指導したり、より楽に易しく計算ができる方法を指導します。

英語は、動詞の使い分けに範囲を絞って復習を行ってください。
be動詞と一般動詞の使い分けは、英語の中でも最重要の項目です。
ここができていないと、中2、中3、高校の英語と進んでも、理解ができなくなってしまいます。
また、中1の教科書に出てきた英単語は、全て読み書きできるようにしておきましょう。
高校受験で必要な単語は、だいたい1000~1200語程度です。
単語については早め早めに対策をしていくことで、中3になってからの学習がとても楽になります。


新中3生は。
数学が苦手な生徒さんは、計算を中心に復習します。数学が得意な生徒さんは、関数と証明に絞って復習してもよいでしょう。
計算は、正負の数、文字式、一次方程式、連立方程式です。入試でも頻出の分野ですので、計算は速く正確に。
関数と証明も欠かせない分野です。特に関数は、解法にパターンがいくつかありますので、それを克服できれば、関数での得点が期待できます。

英語も新中2生の内容と被りますが、動詞と助動詞の使い分け、そして単語に絞って学習をしましょう。
動詞・助動詞をきちんと使い分けられるか否かが、志望校への合否を左右するといっても過言ではありません。

当塾では、英文和訳の仕方と、和文英訳の仕方を、日本語の文法の観点からきちんと指導します。
なんでここまで細かいの!?と言われることもありますが、入試で減点を防ぐために、特に和訳についてはかなり細かく突っ込んで行います。



個別面談は随時行っていますし、塾に来られている生徒さんの学習相談やノート作りの方法なども、時間をとって行います。お気軽にお申し出くださいね。
2013.03.20 Wed l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

しかしこうした問題集も「復習」を目的に使用するのではなく、「予習」を目的に使用すると効果が高い場合もある。易しい導入で興味を持たせ、「私にもできそう」となってから学校の授業を受けると、理解もはやく、また学習に興味を持てるようになるかもしれない。そこは使い方次第といったところか。
03-18 23:59

こうした問題集だと「ただの作業」で問題が解けてしまうものだから、生徒が「わかった」と錯覚する。また、演習量も不十分なため、結局演習量の多いほかの問題集に頼らざるを得ない。
03-18 23:57

こういった問題集は「勉強は苦手な生徒」を「勉強した気分」にさせるのが実にうまう本だとは思う。だいたい見開き2ページ構成で(中には4ページ構成の本もあるが)左ページにほぼ答えが載っているので、「ただの作業」で問題が解けてしまう場合が多い。
03-18 23:54

成績の伸びない生徒・勉強が苦手な生徒というのは、反復量、つまり問題演習量が圧倒的に少ない。だからこそ、歯を食いしばってでも机にかじりつかせて問題をガリガリやらせる必要が時にはある。しかし「苦手な子向けの」問題集は、わかりやすいを売りにする変わりに、そうした演習量は少なめ。
03-18 23:50

標準~難易度高めの市販・塾用問題集を出版している文理が、ついに基礎向けの問題集にまで手を出していて心底びっくりしました。基礎向け問題集、確かに一見分かりやすくかかれてはいる。しかし色を多様することでより分かりにくくなるし、演習量は少ないしで私が採用することはほぼない。
03-18 23:48

今日は本屋で高校英語の問題集を物色。しかし気に入った問題集がなかったので購入せず。代わりに、どうしても中学数学の問題集に目が行ってしまい、何冊か見慣れない問題集があったのでパラパラと中を確認。続く
03-18 23:47

2013.03.19 Tue l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
高校の参考書・問題集の充実も今年の目標です。
手始めに、センター過去問(英語・数学1A2B・物理・化学)は手に入れました。
有機化学の参考書もあります。

辞書類もまだまだそろっていませんが、英和辞典と古語辞典はあります。
2013.03.17 Sun l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いろいろ考えてはいます。まだ確定はしていませんが。

塾用テキストをメインで使いますが、英語・数学については市販の問題集も使います。
今年購入して、レベル・使いやすさ・問題量から◎を出した問題集がこれ。

中学数学の総復習―3年間の基本事項総チェック (くもんの高校入試数学完全攻略トレーニング 1)



レベル:易しい。数学が苦手な人向け。基礎。
目標高校:偏差値50程度まで。
その他特徴:スモールステップ。解答解説は丁寧。演習量やや多め。

くもんのスモールステップ方式、個人的には大好きなのです。
基礎がため100%も授業で使用することがありますが、スモールステップ式の問題集で、演習量が多めのものは、くもん以外にはあまりありません。(基礎がためは演習量がかなり多いので、少し使いにくいのですが・・・)

この「中学数学の総復習」は、高校受験を目指す中3用の問題集です。正負の数からはじまり、三平方、資料の整理まで、基本的な問題に絞ってうまく作られています。
1単元が見開き1ページ、全部で74単元あります。
左のページには基本問題とその解き方が掲載されています。右ページは発展問題・完成問題となっています。
正負の数の場合、基本問題は整数の計算のみ、発展問題で分数を扱うようなレベルの差です。
完成問題は公立入試の過去問から、類題を抜粋して構成されています。
基礎問題の解き方は、ページの下3分の1くらいにまとめて書かれています。問題を解く場合は、まず解き方を隠して自力で解いてみて、躓いた問題があれば解き方を読み、理解してから再度問題に取り組む、という使い方がよいでしょう。


解答・解説もくもんらしく丁寧です。自学自習ができるように、きちんと考えて作られた問題集ですね。
個人的には、解説はどの問題にもあるほうが良いと考えていますが、この問題集の場合は明らかに躓かないだろう、という問題の解説は省略されています。ここは玉に瑕、といったところですが。


また、他に◎の評価を出した点としては、教科書順・学年順の並びではない、というところ。
受験用問題集の場合、教科書順の並びの問題集は使いにくいのです。
単元の並びは、数と式、方程式、関数、図形、確率・統計、となっています。

例えば、数と式の単元であれば、正負の数~文字式~展開~因数分解~平方根といった具合に進んでいきます。
この次に、方程式。方程式も一次方程式~連立方程式~二次方程式、といった具合に、各々の分野ごとに問題を易しい順に並べています。


レベルは基礎向けです。だいたい偏差値50くらいまでの高校を目指す生徒さんには適していますし、准看護学校を受験される生徒さんにも向いています(基礎問題しか出題されないので)。
あとは高校数学で躓いている生徒さん。中学範囲の復習には適しているでしょう。


1日1単元、週5単元を目安に行えば、既習範囲(中1~中2範囲)は5月中に終えられます。
その後は中3範囲も含めながら、この問題集を受験まで何周も行うことで、数学の基礎力は十分身につけられます。
2013.03.16 Sat l 数学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
記憶力の良い人・悪い人は確かにいます。
ただ、脳の障害等がない限り、どんなに忘れやすい人でも、正しい方法で学習をすれば定着は可能です。

なぜなら、日本人はこのブログのように、漢字・カタカナ・ひらがなを使い分けて文を組み立てることができます。
さらにアルファベットもかけます。
カタカナ・ひらがなはあわせて100個程度。漢字は1000語以上を覚えていることになりますよね。
みんな、読めて、書けます。これができるのに、「覚えられない」ということはありません。

ではなぜ、ひらがなカタカナ漢字は忘れず使えるのに、勉強になると忘れるのか。
復習をしていないからです。

エビングハウスというドイツのおっさん心理学者が、このような実験をしました。
・無意味な単語を100個用意し、それを被験者に記憶してもらいます。
・時間経過とともに、覚えている割合を確認していきます。

そうすると、このような結果が出ました。

全て記憶してから・・・
20分後には42%を忘却し、58%を保持していた。
1時間後には56%を忘却し、44%を保持していた。
1日後には74%を忘却し、26%を保持していた。
1週間後には77%を忘却し、23%を保持していた。
1ヶ月後には79%を忘却し、21%を保持していた。

つまり、覚えてからたったの20分で、実に4割も忘れてしまうのです。
1日後には7割を忘れ、覚えているのは3割くらい。
1ヶ月後には8割を忘れ、覚えているのは2割くらい。

つまり、覚えた直後が一番忘れやすいということですよね。

覚えてから翌日までに復習を行うと、少し忘れにくくなります。
そして、翌日に復習をしてから1週間後に復習をすれば、また忘れにくくなります。
こうして、マメに復習をして覚えなおすことで、脳に記憶が定着していくのです。

学習についても同じです。
学校で習ったことはその日のうちに復習をしておく。
土日には、その週に習った単元を総ざらいしておく。
これを継続して行うことで、忘れにくくなります。

夏休みなどの長期休暇中には、その学期に習ったことを復習したり、前学年の復習をしておくことで
さらに忘れにくくなっていきます。



学習については、授業が大切なのではありません。
その後、自分で行う復習がもっとも大切です。

どんなにすばらしい先生から指導を受けても、その後、自分で復習をしなければ意味がありません。
2013.03.16 Sat l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

SEO会社さんとか、HP関連会社さんから最近よく電話がかかってきます。アドワーズなんかはクリック課金だからやりたくないんだけれど。
03-14 23:57

今日はチラシ屋さんと打ち合わせをしていました。県央の方と話をすると、どうにも早口で方言が混じるので、聞き取れないことしきり(笑) 関西弁ならどんなに早口でも何言ってるかわかるのになー。
03-14 23:54

2013.03.15 Fri l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は公立高校の合格発表でした。
ちょっと波乱万丈で延長戦にもつれこんだ人もいますが、まだまだこれからです。
残り5日でなんとかしますので、一緒に頑張りましょう。


本日報告のあった合格者
・伊奈高校 Sさん  併願:取手聖徳
学校の先生から、私立高校・公立高校共に「無理だから、他の高校に変えなさい」と何度も何度も言われた生徒さんでした。最初に出会ったときは正負の数すら危うかった生徒さんです。数学はとにかく基本問題を落とさないように、何度も繰り返し演習をかさねました。また、英語は中3の12月末から本格スタート。英検用の問題集と、中1~中2はじめまでの英文法をとにかく繰り返し行ったことで、土壇場で点を30点近くも上げてきました。
合格おめでとうございます。諦めずに頑張った結果です。高校入学後も、コツコツ頑張っていきましょう。


・取手第二高校(家政科) Hさん  併願:我孫子二階堂(推薦)
将来は子どもに携わる仕事をしたいとのことで、家政科を受験しました。指導の回数は決して多くはありませんでしたが、きちんと学習を続け、結果を残すことができました。
合格の連絡を一番にくれた生徒さんです。おめでとう。夢に向かって、これからも頑張ってくださいね。


・筑波高校 Sさん
中2のときに1年間不登校の生徒さんでした。そういういきさつもあり、内申点は芳しくはありませんでしたが、数学の計算・中1範囲基礎英文法、そして理科と社会を受験直前まで詰め込んで仕上げました。
特に1月後半以降は、かなりの宿題を出したにもかかわらず、毎日コツコツ頑張っていました。
志望校合格おめでとうございます。これからも頑張ってくださいね!


-----------------

私立高校の場合、併願で生徒が他の高校に流れることを考慮し、定員の3~5倍程度の人数を合格とします。
対して、公立高校は基本的には定員きっちりしか合格者をだしません。240人定員で、志願者が250人だった場合、下位の10人は不合格となります。
また、定員割れした高校についても、高校側が「この生徒は当校の学習についていけないだろう」と判断した場合、不合格者が出ます。
定員割れの高校、伊奈高校は今年は全員合格でしたが、藤代高校で5人、筑波高校で3人、龍ヶ崎南高校で8人などの不合格者が出ています。(欠席等かもしれませんが・・)

模試でA判定・B判定でも当日の出来が悪ければ、だめなこともあります。また、C判定でもきちんと努力を積み重ね、当日にきちんと力を出し切れば、合格できることもあります。
高校受験は中学受験や大学受験とは異なり、倍率が比較的低い入試です。それでも舐めてかかると不合格となります。目標の高校に合格したい、どうしても譲れない志望校がある、という人は、早め早めに対策を講じていきましょう。
2013.03.14 Thu l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
塾のプレオープンは毎週土日のみですが、
二次募集受験者のために、14(木)と15(金)も塾オープンさせます。
2013.03.13 Wed l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
あなたが吹奏楽部に入るとします。
初めて吹奏楽で使う楽器を触ります。

そうすると、まずは楽器の持ち方を習って、木管楽器なら組み立て方を習って
掃除と分解の仕方を習って、それからマウスピースのみで音を出す練習をします。
アンブシュア(楽器を吹くときの口の形)を教えてもらって、音が真っ直ぐ出るようになったら
実際に楽器をつけて、音を出していきます。
最初は、比較的音の出しやすい音階からスタート。
楽譜の読み方がわからない人は、このあたりで楽譜の読み方を教わって覚えて、
運指を教えてもらって(あるいは運指表で確認して)、音階や簡単なエチュードが演奏できるようになれば
ようやくみんなが合奏する曲の練習に入れます。

しばらく個人練習をして、チューニング(音あわせ)をしてから
同じ楽器の人どうしでパート練習をし、
木管楽器なら木管楽器のみでセクション練習をし、
それからいよいよ合奏に入ります。

個人練習では、自分が上手く吹けないところを、何度も何度も練習します。
運指が速くて追いつかないときは、運指がきちんとできるところまで一旦テンポを落として練習し、
そこからだんだんテンポを上げ、最終的には楽譜指定のテンポでも演奏できるようにします。

正しい順序で練習していくことが、上達の近道です。


学習でも同じで、
正しい順序で、正しい方法で練習を繰り返すことが、志望校に近づく第一歩です。

音階をきちんと吹けなければ、コンクールの課題曲も吹けないのと同じで、

単語や文法を覚えていなければ、長文読解はできないし
文字式の計算ができなければ、方程式は解けません。



勉強の方法にも、順序があるのです。

だから、当塾では、生徒さんが「ここまではできる」というところまで一旦戻って、そこから学習を進めていきます。
関数が分からなければ、方程式に戻る。方程式が分からなければ、文字式に。
文字式が難しければ、正負の数に。
それも難しければ、整数・分数の計算から。



中学生なのに、どうして小学校の範囲からやらなきゃいけないの?やりたくない。

気持ちはわかります。
けれど、分数の計算ができなければ、文字式も、方程式も、関数もできるようにはなりません。
だから、「ここまではできていた」というところまで、一旦戻って学習を進めます。


特に英語・数学は土台がとても大切な教科です。
英語なら、中1の文法が土台。この上に、中2の文法という積み木・中3の文法という積み木を乗せていきます。
数学なら、小学校の算数が土台。この上に、中学範囲の数学という積み木を乗せていきます。

土台がしっかりしていれば、上に別の積み木を重ねても、そうそう崩れることはありませんが
土台がフニャフニャだったり、△のような形をしていたのでは、いつまでたっても別の積み木を重ねることができません。


当塾では、この「土台づくり」をとても大切にしています。
土台が強固であればあるほど、後の学習がグっと楽になります。


数学については、小学校範囲の内容は、無学年式の教材を使用します。
英語についても、個々のレベルに合わせてテキストを選び、それを繰り返すことで定着をはかります。
2013.03.12 Tue l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

http://t.co/MRxwRcRrT8 そういえば、HPを地味に更新しました。とは言っても、HTMLのおかしいところを文法チェックツールで手直しした程度ですが。公立の合格発表後にまた地味に更新します。
03-10 22:56

私の場合はマーク模試は数学・生物のみ9割取れていたので(ただし数学は記述になると下がるという特徴があった)二次試験は生物一択で受験できるところを探していた。結局なかなかなくて、二次で数学必須のところも候補に入れたけど、英語がどうにもできなかったので、二次に英語がないところで決めた
03-10 22:46

国公立大学を目指すには、中堅どころでもセンター7~8割程度は必要。ネックになる科目は人それぞれだけど、得意教科で9割ちょい取れれば、不得意教科をカバーできる。 あとは傾斜配点とか、得意教科にウェイトが偏った学部学科かも志望校決定の目安になるのかな。
03-10 22:44

そういえば、新高3君がじわじわと現代文を伸ばしてきました。前回チェック時より、大体15点アップくらいかな。こちらの勝手な目標は、センターで現代文9割。あと半年粘ればいけそうな感じです。
03-10 22:38

2013.03.11 Mon l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は風が強いですね。低気圧&寒冷前線が通過中なので、仕方ないといえば仕方ないのですが。
塾の近所には畑が多いので、砂や土がじゃんじゃん飛んできます。外歩いていたら茶色くなってしまいそうです。

花粉症ではない人も、これから塾に来る場合はマスク必須です。


さて、新教研模試の導入が決まり、おおまかな日程を組みました。
新中1は全5回、新中2は全6回、新中3は全10回の模試がありますが、全て受験する必要はありません。
新中1~2年生は年2~3回、新中3年生は年4~6回程度が目安です。

詳細はHPに後ほど載せておきます。また、新1~3年生には、別途お知らせプリントも配布します。

塾生以外の生徒さんも受験できますので、お気軽にお申し込みください。
2013.03.10 Sun l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

猫といえば、今日、塾の庭に黒猫さんが遊びに来ていたようです。先週の木曜には、斜め向かいの畑にキジが遊びに来ていました。ビバ田舎。野生のキジ、初めて見ました。利根川沿いにいる、というのは知ってましたが。
03-09 23:00

さっきからすごい勢いで猫に踏まれている私・・・
03-09 22:58

中学生の成績を上げるコツは、1に復習、2に復習、3・4がなくて、5に復習です。1冊の問題集を、何度も何度も繰り返し解いて、できないところを確実に潰していきます。だから問題集に直接答えを書き込まず、ノートに解いていきましょう。問題集は3周目あたりからメキメキ力がついてきます。
03-09 22:38

中学2年生、社会20点アップでした。
03-09 22:34

最近、ツイッターはあまり見なくなってしまった。フェイスブックと自サイト作成に時間を費やしている。自サイトは一応できてはいるが、HTML文法が滅茶苦茶なので、地道に修正中。
03-09 22:33

2013.03.10 Sun l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
中3生のみなさん、高校入試お疲れ様でした。
よくできた!という人も、できなかったという人も、合格発表まではもうどうしようもないので、神様仏様に祈っておきましょう。

そして、中3生は卒業式が近いですね。残り短い中学校生活を存分に楽しんでくださいね。
といっても、あと3日しかありませんが・・・


さて、塾からのお知らせです。現中1~中3生向けです。

教科書や学校ワーク、自分で購入した問題集等で、もう使わない、というものがありましたら、当塾にいただけると、とても嬉しいです。
マーカーや鉛筆書きのメモなどは気にしませんが、問題集の場合は、直接答えを書き込んでいないものでお願いします。


②現中3で、高校に入学しても通塾を継続される方には、別途お知らせプリントを配布していますので参考にして下さい。
入塾にあたって個別面談も随時実施していますので、塾のカリキュラムや指導形態を知りたい、という場合はお気軽にお問い合わせください。基本的には今までと変わらぬ指導スタンスでいきます。

高1・高2の間は、予備校では通常行わない、学校の定期テスト対策なども致します。英語に関しては塾用の教科書準拠教材も用意できます。が、かなり高価(教科書1冊あたり4000円程度)なので、希望者は保護者の方とよく相談してください。
2013.03.08 Fri l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
東京新聞のwebに早くも問題と解答が出ていたので、それを今見ています。

・数学

例年通りかな、という印象でした。証明が妙に易しかったのが気になりますが。
大問3の方程式、例年は割合が出題されていましたが、今年は速さの問題でした。
10分後のAとBの位置を確認してから問題をとき進めれば、そう難しくはありません。
確率も基本の力があれば解けますね。2a+bが5の倍数になる組み合わせを書き出していけば、答えが出せます。
大問6は、今年は易化しましたね。穴埋めも容易なものですし、記述式の部分も簡単です。
東京新聞の模範解答がスマートに解けますが、こういった形でも証明できますね。
ACとBDの交点をPとし、△PBCと△PDAがともに二等辺三角形であることを、同位角と錯角を利用して証明します。
次に△PABと△PDCが合同であることを証明します。
大問7、大問8も例年通りかな。今年は証明が易化しているので、数学の平均が少し上がりそうです。


・英語

リスニング30点、記述70点の例年と同じ構成でした。問題はきちんと読んではいませんが、特に難しくなった印象は受けません。


・理科

日食はまさか出ないだろうと踏んでいましたが、出ました。(´・ω・`)ガッカリ・・・です。
地震も出ませんでした。(´・ω・`)ガッカリ・・・です。
見た感じ、やや難易度上がったかな?という感じです。


・社会

今年は大問の配置が変わりましたね。大問1に融合問題、2に公民、3が地理、4が歴史。
配点は変わらず地理歴史が30点、公民と融合が20点。
地理は都道府県を書かせる問題がありました。生徒達がニヤニヤしていた様子が想像できます。
また、当たり前すぎてまさか出ないと思っていたクーリングオフが出ました。ちょっとびっくりです。
歴史は難易度低めですね。摂政・関白の違いも、きちんと記述の対応をしていた生徒さんは書けたと思います。
※摂政→天皇が幼い頃、関白→天皇が成人してから、と書いていればOK



今年は難化すると思っていましたが、平均点は高そうな予感がします。
・・・まぁヤマはったところが悉く外れたので、平均も下がるかもしれませんが・・・
2013.03.05 Tue l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は中1が2名、中2が1名、中3が5名いらっしゃいました。
中3は最後の追い込みをかけていました。暗記科目がまだ微妙な生徒さんは理科・社会の分野を絞って強化し、基礎ができている生徒さんは過去問を解き、過去問の予想偏差値を見て実力を確認。

できる生徒さんは、偏差値60程度を順調にキープできています。最後の最後に伸ばしてきています。
入試本番は緊張や焦りで1割程度が下がることを見越して、「この点数で本番に臨めば大丈夫」と思われるところまで伸びています。

明後日はいよいよ入試です。「これだけやったのだから落ちるはずがない」というぐらいの気迫と自信をもって、試験に臨んでほしいです。


明日は最後の確認をしたら、きちんと試験の準備をして、早めに寝ましょう。

3月中旬、よい報告が聞けることを、とても楽しみにしています。
2013.03.03 Sun l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

@hapisupa こんにちは。返信ありがとうございます。昼はコンビニのお弁当もしくはカップ麺等が多いです。また先生は、現在は私1人です。4月からもう1人、週に1回だけ別の先生が来られます。
03-02 14:20

くろねこ満点塾〜高校受験・社会人指導に特化した取手市の個人学習塾〜 http://t.co/MRxwRcRrT8 今日は中3最後の理科・社会小テストを。今はみんなでワイワイテスト前の確認を行っています。
03-02 13:23

おはようございます。今日も良く晴れていますが、風の強い日です。入試まで勉強できるのは今日を合わせて3日だけ。笑って桜咲く入学式を迎えるために、最後にもう一踏ん張りしましょう。
03-02 09:01

2013.03.03 Sun l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、昼から理科・社会の合計100問小テスト(100問は小テストのうちに入るかは疑問ですが・・)を。
50分程度かけて解きました。内容は理科・社会全範囲の基本問題。一問一答形式で、今まで覚えたことの最終チェックです。

各教科、80点以上取れていた生徒さん。基礎学力は十分定着しているので、記述問題をしっかり書けるように、次は逆1問1答を自分でやってさらなる定着をはかりましょう。
80点以下だった生徒さんには、個別アドバイスをしています。入試まであと2日しか勉強する時間はありませんが、今日個別に伝えた範囲があなたの苦手なところです。明日はそこを重点的に詰め込んでから試験に臨みましょう。

理科の計算、一見面倒そうに見えますが、小学校の算数ができれば解けない問題はありません。
明日もじっくり付き合いますので、最後の追い込み、がんばりましょう。


理科・社会の100問テスト
2013.03.02 Sat l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

くろねこ満点塾ブログ http://t.co/TYn2O8BX6F
03-01 02:16

2013.03.02 Sat l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
入試直前の最後の塾になります。
相変わらず塾内は寒いですので、どうぞ暖かくしてお越しください。

「もっと勉強頑張っておけばよかった・・・」と後悔することのないように
しっかり勉強して、試験に臨みましょう。

不安だ、とか誰かに愚痴聞いて欲しい、とかあれば時間とって話を聞きますので
遠慮なく申告してくださいね。
2013.03.02 Sat l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top