kuroneko100ten

この時間になると、ヒグラシが鳴きますね。セミの中では一番好きです。あのなんとも切ない鳴き声が。 ヒグラシは山奥や、木のかなり高いところにいるそうで、私自身は実はまだ一度も目にしたことがありません。タマムシと並んで、いつか自分の目で見てみたい虫のひとつです。
07-29 17:57

ということで、気合入れるためにバッハのトッカータとフーガ(バスクラデュオ版)を聞いて気合を入れる。
07-29 15:59

昨日サボってしまったから、今日は英語がんばります。英語も数学もそうだし、部活動の練習なんかもそうだけど、1日やらないと、今までの出来を維持できるようになるのに3日は要します。だから部活の練習も勉強も、毎日コツコツ続けていくのがミソ。継続するって難しいことだけど、頑張ろう。
07-29 15:57

実は酵素の実験、リハーサルがあまり上手くいっていなくて少々不安です。塾に材料がなくて、仕方なく枝豆を粗く潰して行ったのですが、思うような結果を得られず。そもそも枝豆でやっている時点でおかしいといえばおかしいのですが。
07-29 00:22

スポンサーサイト
2013.07.30 Tue l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、ペーパクロマトグラフィーという手法を用いて、
水性ペンの色は本当に1色のみでできているのか!?
を調べる実験を行いました。

家庭にあるor家庭でも揃えやすい材料を使って
生徒さんの手持ちの水性ペンと、
私の用意した水性ペンを使って実験。

一見同じ色に見えるペンでも、メーカーによって
使用している色素が異なることや
展開液の違いによって、色素の出方が変わったり
同じ色素でも出る順番が異なったりすることを確認しました。

本来は、高校生物で
光合成色素を植物から分離・確認する実験として
教科書に掲載されているものです。
光合成色素の場合は、展開液に有機溶剤を用います。
有機溶剤を使用しての実験の場合、狭い室内での実験は危険をともなうため
水とエタノールで展開が可能な水性ペンの実験にしました。


簡単ながら、様々な色の水性ペンで実験が可能なこと
さらにカラフルで見た目もなかなか良いことから
楽しんでいただけたかと思います。


これは、生徒さんの実験結果。
上に書いている色がサインペンの見た目の色、
AとBは、水性ペンのメーカーです。

NEC_0382.jpg



明日は、見た目は地味ーな実験ですが
体がどのようにして有害な物質を分解するのか
その1つを探ることにします。
2013.07.29 Mon l 理科 l コメント (0) トラックバック (0) l top
そうおっしゃる生徒さん、保護者様、とても多いんですよ。
もう本当に、びっくりするほど多いです。
そういった生徒さんの多くの学力は下位です。よくても中位。
上位の生徒さんにはほとんどいません。


で、そういう生徒さんに
じゃあ、何を勉強したら成績が伸びると思う?と聞くと
テスト範囲の教科書を覚える、とか、単語を覚える、とか
いろいろ出てくるわけですよ。

さらに、
じゃあどうやったら教科書を覚えられる?とか
どうやったら単語を覚えられる?と聞くと
教科書を何度も読むとか、単語を10回書くとか
これまた具体例がいろいろ出てくるわけですよ。

勉強の仕方、あなた知ってるでしょ、って思いますよね。
それが効率の良い方法かどうかは別として。

こういう生徒さんが、本当に「勉強の仕方がわからない」はずがないんです。
ただ勉強をしたくない、その言い訳として
勉強をしたくないがための、ただの逃げ口上として
勉強の仕方がわからない、と言っています。


成績が中位の生徒さんになると、自力でなんとか勉強している子もいます。
こういった生徒さんで、思うように成績が伸びない場合は、
確かに「勉強の仕方がわからない」のです。

・・・こちらも正しくは
「正しい勉強の方法がわからない」といったところですが。






いまブログを読んでくれている生徒さんは
果たしてどちらですか?

「勉強のやりかたがわからない」を
ただ勉強から逃げるための言い訳に使っていませんか?
2013.07.29 Mon l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

明日、明後日は理科のミニ実験を行います。ひとつは中2の生物分野で触れる酵素の実験、もうひとつは水溶性色素の分離実験です。 どちらも実験の内容は高校生物の実験を少し易しくしたものですが、楽しんでいただけたらと思います。
07-28 23:49

2013.07.29 Mon l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

おはようございます。今日は休みですが、私は塾に来ています。なぜかというと。メールの処理が滞っていて、またまた未読メールが200通くらいあるから(泣 英語はというと、センター類題の語法問題、ようやく半分取れるかどうかというところになってきました。まだまだ精進が必要です。 
07-27 11:32

2013.07.28 Sun l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
07-25@20-07-20-55.jpg

一昨日の画像。
手前の生徒さんは数学の課題をやっています。
奥の生徒さんは書道の課題を。笑

そして昨日は図画工作の課題(ポスター制作)をやっている小学生も。笑

家で勉強することももちろん大切ですが
せっかく塾に通っているのだから、塾ですべての勉強・課題ができるようにしています。

2013.07.27 Sat l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

いつか、中学生向けの数学・理科の映像授業を作りたい。と思いつつ、目先の予習やらリハビリやら指導やらに追われてなかなか実現できず・・・。
07-25 10:48

肩&首がゴリゴリで頭痛がひどい。8月からくる高校生のための、数学の予習もしないとな。あ、その前に明日の講義の予習もやらないと。やることたくさん。
07-25 10:47

おはようございます!今日は朝8時から塾に。朝から英語の関係詞の勉強をして、いま1回目の復習が終わりました。これから銀行まわりとか事務作業とかもろもろを行って、時間があったら整体に行きたい・・・
07-25 10:41

2013.07.26 Fri l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

おはようございます。あいにくの曇り空ですが、日焼けしなさそうなのでラッキーです。笑 肩こりからくる頭重感が半端ないですが、前向きに頑張ります。 そうそう。中高生のみなさん、英数は基礎基本が大切。夏休み中に、英語なら動詞の使い分け、数学なら計算と方程式だけでも復習しておきましょう。
07-24 10:50

RT @hijiigaku: 謙虚な人や慎ましさを備えた人には、何だか癒される。自分に足りない所だからか、それだけじゃ駄目なんだけど、人として大切な資質だよなあと。
07-24 10:32

分詞構文がなかなか難しい。文の構造なんかは理解できるけど、何度解説動画を見てもいまいちしっくり来ない。何がしっくりこないかって、接続詞が省略されているせいで訳しにくいの何の。整序問題なんかはきちんとできるのになぁ。あ、リハビリ英語は完全に趣味の領域です。英語制覇したら物理やります
07-24 01:04

最近は自身のリハビリ英語に、塾での指導、予備校の仕事、さらには週3日のアルバイトと相変わらず忙しいので、首から背中がガチガチ。いい加減、鍼に行きたいと思いつつ、時間的余裕がないので、今日は自宅でお灸を。ちょっとアチチとなりますが、身体全体が温かくなるので安眠できます。
07-24 00:58

2013.07.25 Thu l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
◎新教研テスト(模試)の予定

・対象:中2~中3
・締め切り:7月10日(水)
・受験日:7月22日(月)~24日
・受験料:3,500円(結果は塾にてお渡し)
      3,700円(結果は郵送)


通塾していない生徒さんも受験可能です。




◎塾の空き状況

小学生 空きあります。
中学生 残席2名です。
高校生 通塾生の紹介のみの受け入れです。
社会人 若干名大丈夫です。
2013.07.24 Wed l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kuroneko100ten

おはようございます。とても久しぶりにツイッターにログイン。昨夜は私の恩師とも言える数学の先生の夢を見ました。数学の世界に私を引きずり込んでくれた先生。笑 その先生がいたからこそ、今の自分がいます。 元気にしてらっしゃるかな。
07-23 09:13

2013.07.24 Wed l ツイッターまとめ l コメント (0) トラックバック (0) l top
中学生の通知表が返ってきましたね。
どの生徒さんも成績が向上しています。

よく伸びた生徒さんの例で言うと
・1年生時オール2→2年1学期オール3
・1年3学期理科3→2年1学期5

などなど。
中3の生徒さんも、理科・社会で30点台から60点台に上がっていますね。


たまに私の雷が落ちますが(笑)
基本的にはみんなでワイワイ楽しく学習しています。

そういった意味では、結構変な塾です・・・^^;




さて、夏休みです。
学校の宿題完成チェックは8月2日(金)です。
生徒たちには、事前に言ってはいますが
期限までに宿題が終わらないと、私の雷がゲリラ雷雨並に落ちますので
7月中に宿題を頑張って完成させましょうね。
2013.07.22 Mon l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月に入ってから、大学受験英語のリハビリを始めました。
当面はセンター試験で筆記160点を目標にしていますが
受験生とは違い、1日1~2時間しか自分の学習時間を確保できないため
実際は120~140点あたりが今年は限度かな、と思っていますが・・・^^;


高校生のときは、英語は正直ロクに勉強していなかったため
基礎向けの問題集を使用しています。
単語は全て勘で意味を類推しながらの作業です。

・・・日頃から中学生に
「単語覚えろ!!」
なんてしつこく言ってはいますが、いざ自分が単語を覚えようとすると
なかなか難しいものです。


そして、リハビリを始めて改めて思うこと。
身につけるために必要なことは
質の良い授業ではなく
どれだけ復習を行うか
ということ。

私のリハビリの流れは

予習(問題演習・わからなくてもとりあえずやれるだけ自力でやる)

授業・その場で理解を心がける

復習その1(予習の問題を最低2回解き直し、わからないところはノートを見直して理解)

復習その2(授業の問題と同じレベルの問題集をやって理解を深め、定着させる)

こんな感じです。

予習には時間をかけません。
1授業あたり30問程度なので、15分くらいでぱぱっとやってしまいます。

授業は1回1時間。文法説明を聞き、予習した問題の解説を聞き
単に丸付けで終わらせるだけではなく、先生が板書しなかった情報なども
ノートの余白にどんどん書き込みます。

1回目の復習は、授業終了後20分以内に行います。
エビングハウスの忘却曲線によると、
せっかく覚えたものも復習をしなければ
たった20分で
覚えた内容の40%を忘れてしまうからです。

そしてその日の夜にも、もう一度復習をしておきます。

2回目の復習は、授業の翌日~3日後までに。
これで、せっかく覚えたものを忘れてしまうことは
だいぶ防げるようになります。


勉強をする上で大事なのは
授業を受けたらすぐ復習!
これに尽きます。


最後に、私の英語ノートを。
ノート左側は、予習した問題を貼り付け。右側は授業内容などを書き込み。
復習のときも、見開きで行えるので便利です。

NEC_0372.jpg


ノートの横にはインデックスをつけて、
見返したいときに「どこに書いたかな」と探す時間を省けるようにしています。
NEC_0373.jpg

2013.07.17 Wed l 英語 l コメント (0) トラックバック (0) l top
多くのお父さんお母さん、そして塾の先生などは
少しでも良い高校に行って欲しい
なんて言いますよね。

で、中学生からすると
「勉強するのが面倒だから、楽して高校に受かりたい」
と思っていますよね。
私もそうでしたが。笑

大人になって、思うこと。
やはり、苦労をしてでも良い高校に入ったほうが、
将来得られるものは大きい、と。


もちろん、上位校を卒業すれば
就職に有利だったり、仕事の選択肢が増えたり、
また年収面でも有利になったりもします。

確かにこういった「表面上」の利点は数多くありますが
それよりも
意識の高い友人をつくることができる
というのもまた、とても大切なのではないかと思います。


上の学校に入学した生徒たちは
そのほとんどが、相当な努力をして合格を勝ち取った生徒です。
当然、意識の高い生徒が多くあつまります。

そういった環境の中で得られた友人と出会うことによって
自分自身がより成長できるようになります。


だからこそ、今のうちに努力をして
少しでも上の高校を目指して欲しいと思います。
2013.07.16 Tue l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
受験を意識した中学3年生・高校3年生。
塾の夏期講習を申し込んだのではないですか?

これで成績が伸びるはず、と期待をして。

残念ながら、伸びませんよ。


正しいやりかたで勉強を行えば、確かに伸びますが
塾や予備校のほとんどでは、正しいやり方を教えてはもらえません。

何故なら。
当たり前すぎることだからです。


じゃあ、勉強の正しいやり方って何でしょう?
とても簡単なのに、とても難しいことです。



習ったその日に復習をして、完璧に覚える。


これだけ。
シンプルでしょう?

でも、これをやっているかいないかで、成績の伸びは大きく変わります。
集団授業を行う先生は、授業の上手い先生が多いです。
だから、授業を受けるだけで「勉強した気分」にしてくれます。

ただ、ここで終わりにしてしまうと、単に「わかったつもり」になっているだけで
実際に問題を解いてみると解けない、なんてことが多々あります。

これじゃあ、意味がないんです。
文字通り、お金をドブに捨てているのと同じです。
たくさん講座をとって、たくさん授業をうけて、勉強した気分になっただけでは
成績は上がりません。

成績を上げるためには、授業のあと、授業の内容を完璧に理解できているか
何度も問題を解いて、完璧に仕上げていかなければなりません。
これができて初めて、成績は上がってきます。


集団授業や夏期講習が悪いとは言いません。
むしろ、理解の手助けとするために、受講をするのは良いと思います。
ただそれを、自分の知識として今後使うことが出来るかどうか、というのは
自分自身が帰宅してから(あるいは自習室で)行う復習にあるのです。

だってね、考えてみてください。
集団授業を受けた「だけ」で成績が上がるのであれば
塾なんて必要ないんですから。笑
学校の授業も集団指導の講義じゃないですか。
じゃあ学校の授業で成績があがらないのは何でなの?と考えてみてください。
その場ですぐに復習をして、その場で理解するという
とっても大事な大事な作業を、おろそかにしてしまっているからです。



ちなみに。
佐藤流・集団講義の受け方として・・・

1.授業の前日あるいは当日に予習する(問題を自力で解く)
2.自力で解けない問題にチェックを入れておく
3.講義を受ける。間違っても答え合わせ「だけ」して終わらないように。
  なぜ、この答えが正解になのか、なぜ、自分の出した答えが間違っているのかをきちんと聞いてメモしておいてください。
  数学であれば、自分の解き方と異なる解法で先生が解いていたら、それもメモしておきます。
4.復習します。事前に解いた問題をもう一度自力で解いてください。
5.解けない問題は、ノートに解き方のメモが残っているはずですから、それを参考にして解いてください。
6.最終的に、メモや解説を見なくても、解けるようになるまで何度も何度もやり直します。

翌日
1.前日の復習を行います。前日完璧に復習できていれば、復習時間はとても短く済みます。
2.今日の講義の予習(問題を自力で解く)
・・・以下繰り返し。


土曜日・日曜日など、塾の講義のない日は、それまで習ったことを全て復習していきます。
予習でできなかった問題をメインにやれば、そう時間はかからないと思います。

このくらい、きちんと復習をしていきましょう。
2013.07.12 Fri l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
漢字検定が近いとのことで、3級と準2級の対策中です。
準2級は四字熟語に苦戦。昨年から四字熟語は意味まで出題されているのですね。なかなか難しいです。


さて、今回は漢字検定の勉強方法についてです。

1.漢字検定用の問題集を1冊購入しましょう。
過去問タイプでも、問題集タイプでも構いません。

2.模擬問題、または過去問を1回分解きましょう。
何も見ずに、とりあえずチャレンジしてみます。

3.採点します。
7級から準2級までは、合格ラインは7割(140点)程度です。
この時点では、まだ合格ラインに達していなくても大丈夫。
今の点数を把握しておきましょう。

4.採点した中で、一番正答率の低いところを探します。
類義語・対義語とか、漢字の書き取りとか、四字熟語とか
人によって苦手箇所が異なります。正答率の低い分野を1つ選んでください。

5.4で選んだ範囲のみ、問題集や過去問を使って練習します。
問題集の場合は、A問題(頻出範囲)のみで大丈夫です。

6.再び、模擬問題や過去問を1回分解きます。
4で選んだ範囲の正答率が上がっているはずです。
そうしたら、再び一番正答率の低い範囲を探して、そこを徹底的に練習します。

この繰り返しです。


問題集の場合、意外と問題量が多くて、最初からはじめてしまうと途方に暮れることになります。
過去問の場合、どうやって勉強してよいのか、途方に暮れることになります。

漢検の学習は、時間勝負です。短期間で集中して取り組み、合格できれば良いのですから
最初に苦手な分野を把握し、そこを集中的に解く→また苦手分野を把握し、そこに集中、
という繰り返しで、短期間で効率よく学習することができます。


最後に、既に今年報告を受けた、各種検定の結果を。

--------

各種検定合格結果 2013年

・英検4級(中2)
・漢検3級(中3)
2013.07.06 Sat l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回も永山中のKちゃんが好成績をあげています。
社会96点。英・数・理は80点台。国語はまだ返ってきていませんが。

Kちゃん、社会についてはほとんど書かずに記憶しています。すごいです。
私が受験生のときにやっていた方法を、そのまま真似してもらっています。
書いたほうが頭に入る生徒さんももちろんいますが、量をこなして記憶していく彼女には
この方法で理科・社会を乗り切るのが一番効率がよさそうです。



さて、返ってきたテストですが、点数の書かれているところを折っているケースはありませんか?
今回、Kちゃんの場合は英語のみ、点数欄が折られていました。

聞いてみると、「不定詞が全くできなかった」と、納得いかない顔。
確かに私もKちゃんの持ってきてくれたテストの問題用紙で採点しましたが
(Kちゃんは問題用紙に全て自分の解答を書いてくれるので)
不定詞の部分は全滅でした。



点数欄を折るという心理背景には
「こんな悪い点を取って恥ずかしい」 とか
「あんなに勉強したのにこんな点を取る自分が許せない」 とか
こういった、生徒さんの中にあるプライドが関わっていることが多いです。

逆に点数欄を折らないときは
自分の努力に対して、きちんと結果が反映されていたりなど
生徒自身の中で満足できる数字が出た場合です。

もちろん、開き直っている生徒さんもまれにいますが・・・^^;


生徒さんが自分自身のテスト結果をどう思っているのかは
本人に聞かずとも、
このように点数欄を折っているか否かで、おおよその目安ができます。



2013.07.04 Thu l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日で、1つの高校を除いて定期テストが終了ですね。
二松学舎の生徒さんは、引き続きテスト勉強頑張りましょうね。

漢検を受験する生徒さんは、テスト対策に続いて漢検対策を行います。

特に予定のない生徒さんは、これから復習に入りましょう。
2013.07.02 Tue l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top