メールで勉強の相談をしたい!お母さん・お子さんは
⇒ メールフォームはこちらです。

ペンネームでも大丈夫です。
メールで返信いたしますので、携帯メールアドレスの方は、
ドメイン指定受信などを解除しておいてくださいね。






夏休みの特訓生参加募集中!
塾生ではない方 永山中学校、戸頭中学校、取手第二中学校
お問合せください!

①「7月中に宿題を全て終わらせよう!夏期宿題特訓!!」

夏休み前半、7月31日までに学校の宿題を終わらせたい!お子さんのための短期講座です。
7月31日まで、塾の開いている日は毎日、4時から10時まで通ってください。

◎持参するもの・・・夏休みの宿題(美術・家庭科・書道など副教科もOK!ただしミシンはありません!)、スリッパ
◎期間・・・宿題発表~7月31日まで
◎費用・・・20,000円



②「1単元集中特訓!!」

「まずは苦手な1単元を克服したい」ってお子さんのための講座です。
1単元につき、所用日数は1日のみ。
夕方4時から10時まで、6時間みっちり頑張ります。
何日か通ってもらって、複数単元を克服するのもOKです。

◎持参するもの・・・特訓をする範囲の学校ワーク、筆記用具、軽食、スリッパ
◎費用・・・1日3,000円


③「中3向け! めざせ数学40点! 5日間集中特訓!」

数学が苦手な中学3年生のお子さん、9月以降の実力テストや高校入試で、まずは40点獲得を目指しましょう!

◎持参するもの・・・筆記用具、スリッパ
◎期間・・・夏休み中の5日間、1日1.5時間~2時間程度
   絶対ではありませんが、できれば5日間連続で通ってくださいネ。
◎費用・・・8,000円


④「中2・中3向け! 基礎英語5日間集中特訓!」

英語がさっぱりできない中2・中3のお子さん、英語は単語を覚える&「動詞」がわかればできるようになりますよ!
一般動詞の現在形・過去形、進行形、助動詞 集中特訓!

◎持参するもの・・・筆記用具、スリッパ
◎期間・・・夏休み中の5日間、1日1.5時間~2時間程度
   絶対ではありませんが、できれば5日間連続で通ってくださいネ。
◎費用・・・8,000円

<Q&A>
◆高校生も参加できますか?
 ⇒ 科目制限ありますが大丈夫です! お電話・メール・LINEで相談ください。
◆不登校なんですけど大丈夫ですか?
 ⇒ 参加できますよ! お電話・メール・LINEで相談ください。
◆在宅での学習についてもアドバイスもらえますか?
 ⇒ もちろんです! お電話・メール・LINEで相談ください。


個人別、志望校別で指導しています。
塾の場所はゆめみ野駅より徒歩15分、ツタヤ新取手より徒歩8分です。

のぼりがたっています。道に迷ったらお電話ください。
塾はあなたの勉強部屋です!

お電話⇒ 090-2013-0413 山崎 です。
(「くろねこ満点塾」ではなく「山崎」で出ますので、びっくりしないでくださいね)
スポンサーサイト
2014.07.30 Wed l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
夏休みまであとわずかですね。
準備はぼちぼち進んでいますか?

今日は、夏休みを充実させるために必要な
「2つの準備」について書きます。

準備がまだだ!というお母さん・お子さんも、
この週末、できるところから始めましょう。

この週末に取り組む「2つの準備」とは、

1.集中力の下地づくり
ひとつめの準備が、これ。

午前・午後・夜。
それぞれ、どこで(場所)、何をするか(内容)を
ざっくり決めておきます。

2.苦手分野をリスト化する
2つ目の準備が、これ。

この夏、重点的に取り組みたい苦手分野を
書き出して、優先順位をつけます。

苦手分野を見つける方法は2つあります。

(1)過去に受けたテストを参照する
今年に入って受けたテストを、この週末に見直してください。
特に注目しないといけないのは、以下ようなところです。

<国語>
・読解問題の出来(どのタイプの問題に弱いか)
・漢字、語彙に関する問題でのミスが多いかどうか
<数学>
・基本的な計算でミスをしていないか
・とくに失点が多い分野はないか
<英語>
・どのような種類の問題でまちがえているか
<理科>
・特に計算や実験を含む分野でのミスが多くないか

これらを、テストの成績表や解答用紙、
問題用紙(途中計算やメモのあと)
を見ながら見つけて、紙に1つ1つ書き出していきます。


(2)問題集の「章末問題」を使う
テスト?そんなの捨てちゃったよー。
なんて、困った人(笑)の場合はこちら。
手持ちの問題集を使って、苦手分野を見つけましょう。

問題集にはたいてい、
各章の最後にまとめの問題(章末問題)が
用意されています。

これを利用して、苦手分野を見つけていきます。

章末問題を全て解くのは負担が大きいので、
ある程度「あたり」をつけて、苦手であろう分野を
いくつか選び、取り組んでください。

問題を解かせ、マル付けをすれば、現時点での本当の実力
(どの程度の理解力なのか)が分かります。

この結果をもとに、苦手分野を見つけ、
紙に書き出していきます。


(1)(2)の方法で、苦手分野を書き出したら、
次は、優先順位をつけていきます。

この夏、どの分野を優先して学習するかを決めます。
優先順位の付け方は、深く悩む必要はありません。

迷ったら、
・より基礎的な分野
・先にに学んだもの
から順位をつけていけばOK。

勉強は、基礎を土台として積み上げていくもの。
だから迷ったら、基礎的なもの、前に学んだものから
順に選ぶんです。


■まとめ

最後に、この週末に取り組んでもらいたい事柄を
まとめます。

1.集中力の下地をつくる。
夏休み中の1日のスケジュール(流れ)を
ざっくり決めます。

2.苦手分野のリスト化。
苦手分野を見つけ、紙に書き出し、
優先順位をつけておきます。


夏休み前の今は、
ここまでやっておけば大丈夫です。

より良い夏休みにする為に、
少しずつ準備を進めていきましょう!

お子さんの夏休み、応援しています。

2014.07.04 Fri l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top