「不定期通塾」コースあります!

塾が開いている時間であれば、1日3,000円で何時間でも学習いただけます。

基本的に、中学生は毎日、高校生も週3~5日通塾している生徒さんが多いですが、部活動が忙しい、習い事がある、週1しか来ることができない・・・などの方のために、通塾の都度お支払いのコースを設けました。

費用:1日あたり3,000円
時間は、塾が開いている時間であれば何時に来て、何時に帰っても大丈夫です。
3000円で最大6時間、塾で勉強できます。

対象学年:中学生、高校生

<お問い合わせ>
くろねこ満点塾  山崎
TEL:090-2013-0413






小学生から大人まで 募集中です

◎小学生・・・勉強の基礎基本となる「読み・書き・計算」を主に学習します。
◎中学生・・・週5日通塾できます。学校の宿題から高校受験対策まで、幅広くカバー。
◎高校生・・・高校の授業の復習に。AO入試などの入試対策も実施しています。
◎大人・・・高卒認定試験受験、看護学校受験、その他学校の受験など。


「この課題だけ教えて!」「1日だけ!」でも大丈夫です。
お気軽にお問い合せください。

【お知らせ】
個別の受験進路・学習相談(塾生ではない方)
土曜日・日曜日にやってます。

進路・学習相談は無料でやってます。
ぜひご予約ください。

くろねこ満点塾 山崎
TEL:090-2013-0413
LINE ID:@kuroneko100ten

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

看護学校受験・准看護学校受験
独学で勉強・・・でもどんな問題集を使えばいいの?

そんなときは、下のリンクの記事を見てみてください。

小数・分数の計算がニガテなあなたに

看護学校受験のためのオススメ数学問題集

看護学校受験のためのオススメ一般常識問題集


解説を真似するだけでスラスラ解ける!100題以上の単位換算問題を収録!
<数学・一般常識対策>単位換算問題集




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

高校入試は、中学校に入学した時点から、既に始まっているのです。

茨城県や千葉県の入試では、中1・中2の評定も、内申書に記載されます。
ということは、中1・中2の成績だって重要だということです。

中3になったら・・・
では、手遅れになることだってあるんです。

それに、勉強の習慣は、たった1日2日で簡単に身につけられるものではありません。
毎日勉強ができる子は、小学校6年間を通して、少しずつ身につけてきたのです。

中3からやろう・・・それでは間に合わなくなっちゃいます。
行きたい高校、涙を飲んで諦めなきゃいけなくなることもあるんです。

だから、手遅れになる前に、勉強のやり方・習慣を身につけませんか?

◆中学1~2年生◆
月謝のみ(25,000円)で通塾できます。
一般の塾のように、夏期講習・冬期講習・その他講習費用は一切不要です。

<入塾資格>
・お子さんが「勉強ができるようになりたい!」と強く思っていること
・最低限の生活習慣・礼儀が身についていること

<お問い合わせ>
くろねこ満点塾  山崎
TEL:090-2013-0413

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<お問い合わせ>
TEL:090-2013-0413
くろねこ満点塾 山崎
電話に出られないときは、留守番電話にメッセージをお願いします。
折り返しお電話致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
2015.07.31 Fri l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
高1の生徒の夏休み課題に付き合います。
この生徒と話してると、なぜか関西弁が多めに出ます^^;

生徒「あぁ・・・イオン式がぜんっぜんわからん」

私「なんでやねん。中3でちょっとだけやったやん」

生徒「そんなのもう忘れました」

私「・・・いや、それは覚えとこうよ・・・」

生徒「受験終わった瞬間に忘れました」

私「わかった。じゃあ仕方ないから覚えなおそう。
  ほい。カリウムイオンは?」

生徒「2+」

私「なんでやねん」

私「教科書の裏表紙の周期表出してー」

生徒「はい」

私「イオンの価数は周期表見れば基本的には一発やねん。
  水兵リーベ・・・は横で覚えたけど、イオンは縦で考えるねん。
  いちばん左端の1族は+1、2族は+2になってんねん」

生徒「あぁ!じゃあ次は+3、+4・・・」

私「って言いたいねんけど、真ん中の鉄とか銅とかの金属は、
  時と場合によって+2になったり+3になったり
  コロコロ変わる気まぐれさんやねん」

生徒「めんどくさい・・・」

私「でも単純に『イオン式を書け』って問題なら、
  『鉄(Ⅱ)イオン』『鉄(Ⅲ)イオン』みたいな書き方で出るから、
  あとはⅡとかⅢとかの数字に+をつけるだけでOK」

私「まぁとりあえず、気まぐれイオンさんは
 ずーっとあとで習うから、一旦置いとこう。
 次は右端の18族。
 こいつらは安定してるから基本的にイオンにはならへん」

私「で、18の左隣の17族は、-1。16族は-2」

生徒「おっけーわかりました。
  で、真ん中はめんどくさいやつですね」

私「そうそう」

私「じゃあバリウムイオンは?」

生徒「ええっと・・・2+」

私「OK。じゃあ頑張って」

2015.07.23 Thu l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
中3の生徒と学校の課題に取り組んでいます。

生徒「センセー、『解の公式』が意味不明」

私「公式は暗記してる?」

生徒「大丈夫です」

私「じゃあ、ワークの61ページをやろう~」


・・・と、公式に当てはめながら
4問ほど問題を解いてもらいました。

生徒「できたー!」

私「そうそう。OK」

私「ところで、解の公式を使う問題だけど、
  (1)(2)は約分が出てこないタイプ、
  (3)(4)は途中で約分が必要だったよね?
  これ、ある部分で約分ができるかどうかの見分けができるんだけど
  それってどこの何で見分けられるかな?」

生徒「ええと・・・偶数か奇数か・・・?」

私「お!いい線いくねぇ。
  じゃあ、どこが偶数だったらどうなるの?」

生徒「ええっと・・・(自分の解いた途中式を見比べて)
   ここが偶数だったら、約分が必要」

私「正解」

私「それが分かれば、問題を見た瞬間に、
  約分に注意しなきゃいけない問題か、
  それとも約分せずにただ公式に当てはめるだけでいい問題か、
  区別ができるようになるね」

私「じゃあ、続きの問題。ちょっと難しいけど、
  約分がいるか要らないか判断しながらやってみて」

2015.07.22 Wed l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
中学生のみなさま、1学期はお疲れ様でした。
中1生は中学生活に慣れるだけで必死だった方もいるかもしれません。

よく言われる「中1ギャップ」。勉強の進度は速くなり、部活動などで体力を奪われ、先輩に気を遣う生活・・・。
それはそれで、慣れればとても楽しいのですが、慣れるまでが一苦労かもしれませんね。

中2生はいよいよ学校内の中核的な存在となってきます。3年生が部活動を引退し、次は2年生が部活動を引っ張ってゆく存在になりますね。

中3生は最高学年ということもあり、いい意味でも悪い意味でも学校には慣れていると思います。修学旅行がありましたね。そろそろ受験に向けて動き出す時期でもあります。


せっかくの夏休みなので、たくさん遊んでほしいと思っています。また、部活動などにも力を入れて欲しいです(熱中症には要注意ですが)。それから、勉強も。夏休みの時期は復習に重点を置き、いまのうちに苦手を克服しましょう。


当塾では、昨日あたりから「宿題完成期間」に入りました。
学校の課題の持ち込みOKですので、7月中に終わらせてしまいます。
今日も中2生は「サマーワーク」を、中3生は社会と数学のワークをやっていました。

8月は、上旬にプチ理科実験教室を行う予定です。
2015.07.17 Fri l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
七夕は、五節句のひとつ。願いがこめられた行事のひとつです。

「五節句」とは、1月7日の人日(じんじつ:七草粥)、3月3日の上巳(じょうし:ひなまつり:桃の節句とも)、5月5日の端午(いわゆる「こどもの日」:菖蒲の節句とも)、7月7日の七夕(しちせき:たなばた:笹の節句とも)、最後に9月9日の重陽(ちょうよう:菊の節句)のことをいいます。

七夕は、みなさんが知っているとおり、天の川によって隔てられた彦星(ひこぼし)と織姫(おりひめ)とが七月七日の夜、年に一度だけ会うという中国の伝説にちなんだ年中行事です。

日本の七夕は、どうやら日本独自の信仰や行事と、中国の伝説や行事がいくつか合わさってできたものだそうです。
中国から入ってきた彦星と織姫の伝説、乞巧奠(きっこうでん)と呼ばれる、女の子の針仕事や習字などがうまくなる願いをこめた中国の行事、そして日本に昔から存在した、8月の盆を迎えるための棚機女(たなばたつめ)という行事が合わさってできたものと考えられています。

 元々「七夕」は、「6日の夜から7日の朝」にかけて行われていたようで、「七夕飾り」は6日の夕方に飾り、7日の夜には取り込むのが本来のしきたりともいわれているようです。

みなさんは、何か願い事をしましたか?
山崎は・・・この時間まで仕事をしていて、願い事をするのをすっかり忘れていました^^;

みなさんの願い事が叶いますように。
2015.07.08 Wed l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
読売オンライン http://www.yomiuri.co.jp/national/20150704-OYT1T50141.htmlより

通信制2年課程の看護学校。
現在は、入学条件に
「准看護師として10年以上勤務していること」
とありますが、

早ければ2017年度からこれが緩和され、
「5年以上」に変更
になる見込みのようです。

そうなると、現在准看護師として
4~10年もの間勤務している方が、
再来年の入試に殺到する・・・なんて可能性が考えられます。

ところが、現在残っている通信制の看護学校は
全国でたったの18校しかありません。

勤続年数が10年を超えている准看護師の方。
通信制の学校を検討なさっている場合、
今年受験なさったほうが、合格しやすいかもしれません。


2015.07.06 Mon l 看護学校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お子さんが、学校から配布物を貰ってきた。
保護者さんが書いて、お子さんに渡して学校に提出しないといけない配布物。
なのにうちの子どもは、配布物を渡してくれません(泣)

学校からプリント貰ったら、見せて、と言っているのに、
いつも「ないない」と言い・・・
つい放ったらかしにしておくと、あとで大事な提出書類が山のように出てくるんです(泣)


意外と多いんです。こういうお子さんをお持ちの保護者さま。
「出しなさい!」と言っても出さないんですよね。

もっと言えば、「出さない」ではなくて、「出せない」んです。

なぜ出せないのか?

「配布物を貰ったこと」を忘れているからです。
別に、隠す意図は子どもにはなかったりします。
学校で配布物をもらった。親宛てかぁ。俺には関係ないな。

机の中に入れておこう・・・そのまま忘れる、とか
かばんの中に入れておこう・・・そのまま忘れる、とか

「配布物をもらった」という事実を忘れてしまうんです。


同じように、学校の授業で配られたプリント類や、
宿題が書かれた紙や、宿題を先生が口頭で言ったことや、
そんなことも、ぜーんぶ忘れてしまうんです。

なんか宿題って言ってたな・・・どこだったっけ・・・
わかんないからいいや、明日友達に聞こう・・・→忘れる

明後日英語のプリント提出だっけ。どこをやるんだっけ・・・
そもそもプリントどこにやったっけ・・・学校の机の中かな?
明日探そう・・・→忘れる




じゃあどうすればいいのか?

目立つ色のファイルを用意して、学校でもらったプリントは、教科や内容を問わず、全部そこに入れてもらいます。
目立たない色のファイルは失くします。
どこにやったかわからなくなるので、
100円ショップで蛍光のピンクとか、黄色とかオレンジとか、
誰が買うんだ!(笑)って色のファイル。
置いてますから、買ってきましょう。

で、それを学校から帰ってきたら、
リビングのテーブルの上に置かせるようにしましょう。

リビングの目立つところと、お子さんの部屋に、
「帰宅したらファイルをテーブルの上に出す」と大きく書いた紙を貼っておきましょう。


学校から配布されたものが「あれば」出す、というのは、
配布物を出せないお子さんはとても苦手とします。

一般的な子どもは、「あったら出す」「なかったら出さない」ができますが、
そういう臨機応変なことができない子どももいるのです。

だから、忘れちゃう。
配布物があったことすら忘れちゃうんです。

だったら、「毎日ファイルにとじて、テーブルに出す」という
例外のない簡単なルールを作ってあげて、
毎日ファイルを出させて、
保護者さんが中身をチェックし、保護者さん宛のものとそうでないものに分けて、
そうでないものはその場で子どもの授業用ノートに貼り付けさせれば良いのです。

そうすれば、保護者算宛の配布物も、
授業で配られたプリントも、なくなりません。


学校からの配布物、ちゃんとお子さんは提出していますか?
学校の宿題、どこからどこまでで期限はいつまでか、お子さんは把握できていますか?

とっても心配しています。
2015.07.02 Thu l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
期末テストが終わった方、お疲れ様でした。
今回もみんなよく頑張ってくれています。


今回のMVPは、
高校1年生 Kさん。
現代社会で学年1位獲得!

おめでとう!

ちなみに彼女の学校では、現代社会の科目には
問題集がありません。
じゃあ、こうやってみな~、なんて勉強の方法をアドバイスして、
彼女はその通りに勉強をしただけです。


他にも、
高校1年生 Aくん
化学基礎 94点(前回99点)


高校1年生 Kさん(現社1位とは別の生徒)
数学 76点(学年30位以内に入ると思われる点数)

彼女の高校は進学校で、この数学は私が見ても
「高1に解かせるにはレベル高すぎないかなぁ」と思うくらい、難問ぞろいでした。
ちなみに彼女は国語も20点ほど点数を上げています。

中学3年生 Eさん
数学 25点アップ
彼女は本当に数学が苦手で・・・中間テストは大きく点数を落としていたのですが
今回は「あんな点数はもう取りたくない!」と、努力を続けた結果が実りました。


中学2年生 Kくん
社会 94点
Kくんの学校は、社会のワークがありません。
彼にも、学校のワークを使わない「ある方法」で勉強をしてもらいました。


点数を伸ばす生徒さんの大きな特徴は、
諦めず、粘り強く取り組むことです。

もちろん勉強だけではなく、日頃はいっぱい遊ぶ子どもたちばかりです。
でも、勉強となると、「悔しい」「この点数を取りたい」という思いを軸に、
本当はやりたくないであろう勉強に、一生懸命取り組みます。

2015.07.02 Thu l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top