昨日は立冬(りっとう)だったそうです。
節分の頃の「立春」はご存じの方も多いと思います。
立春、立夏、立秋、立冬。季節に合わせて4種類ありますね。
これは、その季節のはじまりを意味することばです。

もともと中国の暦から来ている言葉ですので、現在の暦だと
時期が少々ずれてしまうのですが・・・

さて、立春、立冬のなかまである、
二十四節気について、
今回は書きたいと思います。

二十四節気というのは、1年を24等分して、
それぞれに名前を付けたものです。

例えば、先程の立春や立冬、
3月上旬にある啓蟄(けいちつ)・・・これはニュースや天気予報で毎年のように聞くことが出来ます。
昼間が最も長い日と短い日である夏至と冬至
春分と秋分もそうですね。祝日になっています。

このような感じで、全部で24種類あります。

一般常識として知っておいて損はない知識ですので、
看護学校受験で一般常識が必要な方は
さらっと目を通してみてくださいね。


0360290be1e574fe8664efb1201df53a_s.jpg


立春(りっしゅん) 2月4日頃
この日から暦の上では春となり、さまざまな決まりごとや節目の基準になっています。
立春を過ぎてから初めて吹く強い南風を「春一番」といいます。

雨水(うすい) 2月19日頃
雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶けだす頃という意味。

啓蟄(けいちつ) 3月5日頃
冬ごもりから目覚めた虫が、穴をひらいて顔を出す頃。
ひと雨ごとに暖かくなり、日差しも春めいて、生き物が再び活動し始めます。

春分(しゅんぶん) 3月20日頃
昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に陽が延びていきます。

清明(せいめい) 4月4日頃
清明は「清浄明潔」の略で、万物がけがれなく清らかで生き生きしているという意味。

穀雨(こくう) 4月20日頃
春の柔らかな雨に農作物がうるおうという意味。
この時期に農作物の種をまくと、雨に恵まれ、よく成長するといわれています。

立夏(りっか) 5月5日頃
この日から暦の上では夏となります。新緑に彩られ、さわやかな晴天が続く頃です。

小満(しょうまん) 5月20日頃
陽気がよくなり草木が成長して茂るという意味。
秋にまいた麦の穂が付くころで安心する(少し満足する)という意味も。

芒種(ぼうしゅ) 6月5日頃
「芒」はイネ科植物の穂先にある毛のような部分のこと。
稲などの穀物の種をまく時期という意味。

夏至(げし) 6月21日頃
北半球では、太陽が最も高く昇り、1年で最も昼が長い日。
暦の上では夏の折り返し地点にあたり、夏至を過ぎると暑さが増して本格的な夏がやってきます。

小暑(しょうしょ) 7月7日頃
だんだん暑さが増していくという意味。
また、小暑と大暑を合わせたおよそ1か月を「暑中」といい、「暑中見舞い」を出す期間とされています。

大暑(たいしょ) 7月22日頃
夏の暑さが本格的になるという意味。
土用の丑の日が近く、夏バテ防止にうなぎを食べたりする頃。

立秋(りっしゅう) 8月7日頃
この日から暦の上では秋となります。
立秋を過ぎたら「暑中見舞い」は「残暑見舞い」に変わります。

処暑(しょしょ) 8月23日頃
暑さがおさまるという意味。

白露(はくろ) 9月7日頃
秋が深まり、草花に朝露がつきはじめる頃という意味。

秋分(しゅうぶん) 9月22日頃
昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなります。

寒露(かんろ) 10月8日頃
草木に冷たい露が降りる頃という意味。

霜降(そうこう) 10月23日頃
早朝に霜が降りはじめる頃という意味。

立冬(りっとう) 11月7日頃
この日から暦の上では冬となります。
木枯らしが吹くのは、冬型の気圧配置(西高東低)になった証拠です。

小雪(しょうせつ) 11月22日頃
「小雪」とは、冬とはいえ、雪はさほど多くないという意味で、冬の入口にあたります。

大雪(たいせつ) 12月7日頃
本格的な冬の到来で、動物たちも冬ごもりを始めます。
年末に向け、お正月の準備も始まり、何かとあわただしい時期でもあります。

冬至(とうじ) 12月21日頃
太陽が最も低い位置にあり、1年で最も夜が長く、昼が短い日。
冬至かぼちゃ、冬至がゆ、柚子湯などで、厄払いや無病息災を願う風習があります。

小寒(しょうかん) 1月6日頃
この日を「寒の入り」といい、寒さの始まりを意味します。
小寒と大寒を合わせたおよそ1か月を「寒中」「寒の内」といい、寒中見舞いを出す時期とされています。

大寒(だいかん) 1月21日頃
二十四節気の最後の節気で、ここを乗り切れば春近しということです。




スポンサーサイト
2016.11.08 Tue l 看護学校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大卒で看護師を目指している方に朗報です。

聖路加国際大学が、学士編入学を実施しています。

大卒資格をお持ちの方の場合、看護系大学に編入するときは、
2年次編入・・・つまり、大学2年生~4年生までの3年間を大学で学ぶ必要がありました。

聖路加国際大学は文科省に申請し、
今年の入試から学士3年次編入が認められました。
つまり、大学3年生、4年生の2年間学ぶことによって、看護師免許が取得できるようになりました。
短大卒の方は受験できませんが、大卒の方であれば卒業学部を問わず入試を受けることができます。

今年度の学士編入については、

募集定員:30名(昨年から10名増加)
出願期間:2016年11月22日(火)〜12月2日(金)
入学試験日:12月18日(日)
合格発表日時:12月22日(木)10:00
入学手続締め切り日:2017年1月5日(木)

となっています。

入試科目は
書類審査、英語、小論文、面接です。
昨年まで生物が必要でしたが、今年度から生物はなくなりました。

また、
・大学で英語を8単位以上履修済み
・実用英語技能検定 準1級以上
・TOEFL (iBT)  61点以上
・TOEIC  586点以上
・IELTS  5.5以上
・GTEC CBT  1000点以上
の方は、英語の筆記試験が免除されます。

2016.11.02 Wed l 看護学校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top