こんばんは!

山崎陽子です。



私はいま、

わけあってピアノを習っているのですが、

ピアノの先生に指摘されて

初めて気づけたことがあります。



私は楽譜を読むのが

あまり得意ではありません。



大人になってピアノを始めたので

吸収力の高い子どもの時期に

適切な音楽教育を受けられなかったから

というのももちろんあるのですが、



どうやら「聴覚」を頼りにして

音を探しながら弾く、ということを

無意識にやっているようなんです。



考えてみれば、

私が学生時代から今までずっと

何かを覚える場合は

聴覚を頼りにして覚えていました。



そこで今回は、

このような特性に応じた記憶の方法

について、ご紹介したいと思います。





【視覚優位と聴覚優位】

子ども時代は、大人よりも

記憶することがたくさんあります。

学校の勉強は、

知識偏重の学習ではなくなってきていますが

それでも覚えることがたくさんあります。



努力と忍耐が必要なのが学習や暗記…

というイメージがあるかもしれません。

でも、自分の特性をうまく利用できれば、

もしかしたら

もっと楽に記憶ができるようになるかもしれません。





【人によって覚え方の得意不得意がある】

実は、記憶の方法には得手不得手があって、

人によって効率の良い記憶方法が異なります。



「ノートや教科書のあのページに書いていたな」

「源頼朝の写真のそばに書いてあった気がする」



このように

記憶を辿ることができる人は、

記憶や認識の上では視覚優位の方です。



「先生がこんな話をして…そこではこんな話をしていたな」

と、誰かの話や、耳から入る情報を

思い返しながら記憶を辿ることが多い人は、

聴覚優位の方と言えます。





【視覚優位の特徴】

視覚優位の人の特徴として、

人の顔と名前を覚えるのが早いこと

が挙げられます。

一度会っただけで覚えられる人は、

視覚からの情報を処理するのが得意なのです。



また、

絵や図などを使って

説明したりされたりする方が

わかりやすいと感じます。



頭の中の思考は、

言葉ではなく、イメージや映像が先行し、

それらを元に考えていることが多いと言われています。



・基本的に早口。
 頭に浮かんだイメージを言葉で翻訳している。

・イメージを元に話すので、文章的に乱雑なこともある。
 言い間違えも多い。

・抑揚は少ない。

・手や指を細かく動かしながら話すことが多い。

・何かを考えたり思い出す時、上の方向を見ることが多い。

なども、視覚優位の特徴です。





【視覚優位の方の学習方法】

視覚優位の方の場合、

学習内容の「見える化」が大切です。



例えば、

ノートをしっかり取るように促すと、

授業中に本人の理解が深まります。



・教科書に下線を引き、大切なところを目立たせる

・ノートは色やイラストを用い、わかりやすくする

・図説や図鑑を用いると知識が深まりやすい



暗記の際は、何よりイメージが大切です。

イメージとリンクさせると定着しやすいです。

ネットでの動画学習や学習アプリなども

効果的かもしれません。





【聴覚優位の特徴】

聴覚優位の方は、

物事の順を追って説明する傾向があります。

理論的に話してもらえると納得します。

得意なことは、リスニングや復唱。

歌や歌詞もさらっと覚えることができます。



耳から入る情報量が多いために、

勉強中にBGMが邪魔になってしまう、

気をとられてしまうことがあります。



・一定のテンポで話す。

・言葉としての記憶を元に話すので、きれいにまとまった文章として話す。

・手はあまり動かさない。

・何かを考えたり思い出す時、左右どちらかを見ることが多い。

などの特徴が、聴覚優位の方にはあります。





【聴覚優位の方の学習方法】

聴覚優位の場合は、

ノートをとることに気をとられていると、

大切なことを聞き逃したり、

しっかり授業を受けていても、

理解度が上がっていないことがあります。

先生の話を聞くことに注力すると、

理解が深まります。



・教科書やテキストを声に出して読む

・塾や予備校などでも授業に出て「聞く」のが効果的

・録音データを録って何度も聞くと定着しやすい

・リズムや節などをつけながら覚えると良い





【効率的に賢くなりましょう】

昔は闇雲に、皆が一斉に英単語を

「書いて・書いて・書いて」覚えていました。

授業中にノートも取らずにいるなんて、

ありえないことだったかもしれません。



しかし今は、様々な研究によって、

脳や認識の特性があることがわかってきました。

そのおかげで、

「その人にあった学習法や記憶法」

という観点が出てきたわけです。



みんながやっているから、

という理由で行う学習は、

もう時代遅れかもしれません。



自分にあった方法を

いろいろな観点から見出し、

無駄なく賢く、過度な負担なく学習するのが、

これからのやり方かもしれません。


スポンサーサイト
2017.09.30 Sat l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは!

山崎陽子です。



だんだん秋めいてきましたね。

塾では、夕方から夜間にかけて

様々な虫が鳴いています。

リーリーと鳴くのはスズムシ。

ガチャガチャと鳴くのはクツワムシ。

ギーッチョン、と鳴く虫もいます。

日暮れもだんだん早くなってきて、

18時を過ぎるとあたりはもう薄暗くなっています。



さて、がんばっているつもりでも、

漢字がなかなか書けない…

という子は多いと思います。



特に中学生や高校生の場合だと、

「教科書に出てくる漢字は書けて当然」

となります。

例えば、奈良時代の制度である

「墾田永年私財法」。

「墾」という字は、国語では習いませんが、

社会では書けて当然、なんです。

テストでも、場合によっては

漢字で書けなければバツにする、

そういう方針の先生もいます。



漢字の習得は、一夕一朝にはできません。

でも、

自分が漢字のどの部分に弱いのかを知っておくと、

練習方法も変わってきます。



漢字が書けない場合、

次の3つが考えられます。



1:全く漢字が頭の中に浮かんでこない

2:同音異義の漢字(読みは同じで正解ではない漢字)を
  書いてしまう

3:点のつけ忘れなど、細かい部分を書き間違える



このような場合、

どうすれば対策が可能なのでしょうか。



【1】漢字が頭のなかに浮かんでこない

このタイプの場合は、

頭のなかにある漢字の貯金が少なすぎます。

家族団欒の中で、毎日、

親と一緒に新聞を読んだり、

テレビ・ラジオのニュースを見聞きして、

漢字を少しずつ頭の中に入れていきましょう。



漢字の問題集を買うよりも、

家族だんらんの中で覚える方が

効果があります。



なぜなら、こういう子は、

漢字の勉強そのものが嫌いだからです。

「一人で勉強しなさい」

と言っても無理なのです。



【2】同音異義の漢字を書いてしまう

このタイプの子は、

漢字の訓読みの部分を覚えていません。

訓読みというのは、基本的に

中国で生まれた文字の意味を

日本語で表したものです。

例えば、「墾」の訓読みは

「たがやす」です。

「墾田永年私財法」は、

(自分が)墾した田んぼは、

永遠に自分の財産としても良い、

という法律です。

これがわかっていれば、例えば

根田永年私財法

なんて書くことはなくなるわけです。



漢字は一つ一つが意味を持っています。

持っている意味を知っていると、

同音異義の間違いは格段に減ります。



これも、一人で勉強させるよりも、

家族団欒の中で、

楽しく漢字クイズをやった方がよいと思います。



【3】細かい部分を書き間違える

このタイプでは、

練習する時に、文字を書くのが速すぎる

というケースが多いです。



信じられないくらい、

ゆっくりとしたスピードで書くと、

点、画の間違いはなくなります。



が、これも、

一人では難しいことですので、

家族団欒の時にやると効果的です。



筆ペンや万年筆で書くと、

自然とゆっくりになる場合があります。



スマホもテレビもやめて、

家族みんなで、

筆ペンや万年筆を持ってみる時間を

作ってみましょう。




2017.09.29 Fri l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは!

山崎陽子です!



みなさんは、決断に迷ったこと・・・

ありませんか?

私は、ありますよー!



塾の高校3年生も、

今の時期は、

とーっても悩んでいます。



でも、それって当たり前のことです。

自分の将来を真剣に考えようとしているから

迷うんです。

昼食を蕎麦にするか、カレーにするかで、

胃に穴があきそうになるほど

悩むことってないですよね??笑



自分の人生だから、

この先ずっとついてまわることだから、

だから悩むんですよ。



それはしゃーない。



でも、悩んだとき、

決断に迷ったとき、

こうしてみたら、

人生がちょっと楽しくなるかも…

ということを、今日はお伝えしたいと思います。





【快楽を得ること、痛みを避けること】

まず、人間の心理について書きたいと思います。


人間というのは、

快楽を得たいという気持ちよりも、

痛みを避けたいという気持ちのほうが強いそうです。



例えば、高校受験であれば、

偏差値が高いA高校に入りたい!

という気持ちよりも、

偏差値が低い、滑り止めのB高校に落ちたらヤバイ!

という気持ちのほうが強いのです。



新しい友達を作りたい!という気持ちよりも、

今の友達から嫌われたくない!

という気持ちのほうが強いのです。





【何かを選択するときの考え方】

このように、

人は快楽を得たいという気持ちよりも

痛みを避けたい、という気持ちが強くはたらきます。



痛みを避けようとする気持ちが強いので、

人間はとにかく「リスクを避けたい」

という基準で物事を選択します。



合格できるか微妙なA高校を第一志望にするよりも、

確実に入れるB高校を第一志望にする。



給料が上がる可能性がある会社に転職するよりも、

転職して失敗することを避け、今の会社を続ける。



こういう経験、ありませんか?

これは人間の心理からくる決断なのです。





【結果を出している人の考え方】

ただ、このような「痛みを避ける」決断を続けている限り、

人生が変わることはありません。



例えば、サッカーの長友選手。

FC東京という日本のチームにいましたが、

自分を成長させるために、

イタリアのチェゼーナという

レギュラーが保証されていないチームに移籍。



その結果、大きく成長して、

今や世界トップレベルのチーム、インテルに所属できています。



結果を出している人の考え方、

それは「迷ったときは進む」という考え方です。



2つの分かれ道があったとします。

1つは挑戦してみたいけど怖い道。

もう1つは失敗確率が少ないけど面白くない道。



ほとんどの方が、心の中では

挑戦したい道を選んでみたいと思うはずです。

でも、上に書いた心理が働き、

無意識で面白くない道を選んでしまいがちです。



ところが、何かの分野で結果を出している人は、

間違いなく面白い道を選んでいます。



私自身も、

できる限り、面白いと思う選択をしてきました。

・高校で理系に進んだとき

・自営業の道に進んだとき


この2つ!

これだけは特に決断に迷いました。



ただ今は、

挑戦してよかったと思っています。


もしも、

あなたが大きな夢を持っているなら、

この考え方を持つとよいです。

人生を良い方向に転換させるきっかけになると思います。



もしかしたらこの先、

普通の人では考えられないような、

決断をするときが来るかもしれません。



そのときは、

「迷ったときは挑戦しいと思う道に進む」

と覚えておいてください。

それだけで人生が本当に楽しくなります。



ただし、

命の危険だけは避けてくださいね。

死んでしまったら意味がありませんから。

2017.09.27 Wed l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは!

山崎陽子です。



中学生の場合、比較的多い悩みが

「将来なりたいものややりたいことが見つからない」

というものです。



少なくとも私の塾においては、

高校生になると、

ある程度の方向性が定まっている

生徒さんばかりなのですが、



中学生の場合は

やりたいことがない!

という生徒さんもいます。



でもだいじょうぶ。

中学生で、自分のやりたいことを

きちんと決めている子の方が少ないですから。



また、進路についても、

やりたいことが見つからないなら、

見つからなくても問題のない高校に

進学すればいいんですよ。



これがしっかりできれば、

人生の選択肢が狭まることがありません。





【なぜやりたいことが見つからないのか?】

そもそも、なぜ

やりたいことが見つからないのでしょうか。



実は、「経験不足」から、

やりたいことが見つからない、

という場合が多いです。



たとえば、

サッカー選手になりたい、という

夢を持っている子は、


・小さいころにサッカーを見に行って感動した

・みんなでサッカーをしたら楽しかった

・ウイニングイレブンにハマった

・サッカー教室に参加していた


みたいな経験があって、

サッカー選手になりたいという夢が

見つかったのです。



もし、今、

将来やりたいことが見つかっていなくても、

今後いろいろな経験をしていくと

見つかるので大丈夫です。



サッカー選手であったり、

ピアノ奏者であったり、

そういう職業を目指す、というのでなければ、

おとなになってからでも

「やりたいこと」を目指すこともできます。



例えば、看護師という仕事の場合は、

30代、40代の人たちからも人気が高く、

看護師になるための学校では、

多くの社会人が入学して、学んでいます。



教師という仕事についても、

大人になってから目指す、という方が

比較的多い職業です。



たしかに、大人になってから目指すと、

あなたたちよりちょっと「遠回り」して

その職業につくことにはなりますが、



それでも、やりたいことが見つかったら、

大人になってからでも、目指すことができます。





【やりたいことがない子の進路】

やりたいことが見つかっていないとき、

どのような進路に進むのかは、とても大事です。



やりたいことが見つかっていない子の場合、

「普通科」「総合学科」の高校を探しましょう。



工業科や商業科などの、

いわゆる専門学科に行ってしまうと、

その後は専門系の進路以外を

選択することが難しくなってしまいます。



一方、普通科や総合学科の場合、

卒業後に改めて進路を決めることができるため、

どんな道にでも進むことができます。



高校3年間、中学校と同じように、

5教科の勉強をしないといけない

という代償はありますが、

夢の幅が狭くなりにくいのです。





【やりたいことがない子がやっておくべきこと】

やりたいことが見つかってから

それを目指して頑張るということもできますが、

中学生のあなたたちに、

いまのうちにやっておいてほしいことがあります。



その一つ目は、

将来、どのような進路をとることもできるように、

特に5教科の勉強をしっかりやっておく

ということです。



例えば、看護学校に入学する場合は、

国語と数学、英語の学科試験があります。



教師になるにも、教員採用試験では

国語・数学・英語・理科・社会などの

筆記試験があります。



これらの科目の勉強を、

いまのうちにしっかり行っていれば、

将来の進路の幅が狭くなりません。



二つ目は、

いろいろな経験を積むということです。



やりたいことが見つかっていない原因は、

経験不足です。



やりたいことを見つけるためには、

経験を積むしかないのです。

普通科高校に進学すると、

3年間、やりたいことを探す時間がもらえます。



この間に、

できるだけたくさんの経験を積んで、

やりたいことを探しましょう。



興味がないことでも、

友達から誘われたり、

テレビを見ていて気になったことには、

何でも挑戦してみましょう。



もしかしたら、

将来を決めるための

重要な手がかりを見つけることが

できるかもしれません。




2017.09.26 Tue l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
高校受験、専門学校受験、短大・大学受験…
進学を考えている場合、
オープンキャンパスや学校見学会などに
足を運ばれる方が多いと思います。

オープンキャンパスや学校見学会以外に、
「個別相談」という相談会が開催されていることも多いです。

個別相談会では、
個人が学校のことを直接聞くことができます。

進学の悩みや疑問は人によって異なります。
中には、
「お金のことなどを質問したいけれど、
大勢の前では質問しづらい・・・」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなとき、
個別相談を利用することで、
あなたの事情に合わせて説明してもらえます。


<個別相談までの事前準備>

個別相談では、
学校の先生や担当者が、
あなたの質問に対して
あなたのためだけに丁寧に説明をしてくれます。

そのため、
個別相談に行く前に、
あらかじめどんなことを質問したいか
考えておくとよいでしょう。

もちろん、メモなどに控えておいて、
当日はそのメモを見ながら質問をしても
問題ありません。

あらかじめ質問をまとめておくことで、
相談会の機会と時間を有効に活用できますよ。


<個別相談のメリット5つ>

1.質問しにくいことも相談できる

例えば、お金のことや、自分の成績に関してなど…
多くの人と一緒に実施される
集団相談会やオープンキャンキャンパスでは
質問しにくい内容もあると思います。

個別相談の場合、
学校の担当者が個別に対応してくれるため、
周りの目を気にすることなく、
気兼ねなく相談することができます。



2.自分にあった説明をしてもらえる

個人の事情に合わせた説明を
してもらうことができるので、
入学後の自分を
より具体的にイメージできるようになります。



3.聞きたいことだけポイントを絞って相談できる

大勢が参加する相談会の場合、
自分には関係のない質問も
聞いていなければなりません。

個別相談のでは、
自分が聞きたいことだけを
ピンポイントで質問できますので、
短時間で効率よく
抱えている不安や悩みを解決できます。



4.気軽に相談できる

もちろん、相談したからといって、
必ず受験しなければならない、
ということはありません。

相談以外にも、
校内見学や授業見学ができることもありますので、
気になる学校があれば、
ぜひ問い合わせてみてください。



5.自分の都合のいい日時に相談できる

オープンキャンパスや学校見学会などは、
土曜日や日曜日の日中に
開催されることが多いです。

個別相談会の場合、
土曜日や日曜日だけではなく、
平日の昼間や、夜間(18~20時頃)の
相談を受け付けているところもあります。

部活動やアルバイト、お仕事で忙しくても
自分の都合に合わせて
日時を選択しやすくなっています。


------------------------

普段聞けないような、思い切ったことも
遠慮せずに質問できるのが個別相談会。

進学は、自分の将来に関わることです。
個別相談の機会を利用して、
自分に合った進学先を探してくださいね。

2017.09.20 Wed l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top
さて、このシリーズは、塾に来てくれている生徒さんや
山崎の友人の筆箱などを紹介したいと思います。

筆箱の中身って、人によってかなり異なります。
どんな人がどのようなものを持っているのか、
少しずつ調査していきたいと思います。

今回は、山崎が持っている筆箱です。

IMG_20170910_195215.jpg

筆箱そのものは、ダイソーで買ったデニム地風のものです。
ファスナーの持ち手部分は、もともとちょっと古い感じに錆びています。

筆箱の中身を全部出してみました。

IMG_20170910_195153.jpg

ペン類は左から順に
◎シャープペンシル
・ゼブラ エアフィットLT(貰い物)
・メーカー不明(貰い物)
◎シャープペンシル
・ダイソー 三色ボールペン
・パイロット アクロボール0.7(貰い物)
・ゼブラ サラサ0.3 ※メイン使用
◎蛍光マーカー
・ゼブラ オプテックス1イージー(貰い物)
◎万年筆
・パイロット カクノF

小物類は
・定規(貰い物)
・MONO消しゴム
・シャープペンシル芯(ハイユニB)
・修正テープ
・テープのり
・腕時計

です。

色ペンはほぼ入っていません。
ノートを取るとき、カラフルだと逆に見づらいので、
三色ボールペンの赤、青と、蛍光ペンが1本あれば十分だと
考えるからです。

メイン使用のサラサ0.3は、黒ではなくブルーブラックを使っています。
黒はかなりきつい色ですが、
ブループラックはやや柔らかい印象を受けるので好きなのです。


この筆箱は基本的に大学で使用するか、
資格試験などのときに持っていきます。
大学に行くときは、
この他にUSBフラッシュメモリが入っていることもあります。

資格試験などのときは、鉛筆が3本ほど入り、
代わりに修正テープとテープのりが抜かれたりします。
普段時計を身につける習慣がないので、
試験のときに忘れないよう、常に筆箱の中に時計を入れています。

仕事に持っていく場合は、
認印が入っていることもあります。

2017.09.10 Sun l みんなの筆箱 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小論文がどうしても書けない!
そもそも書き出しから何を書けばいいのかわからない!

という方が多いので、記事にすることにしました。

そんなときは、とにかく小論文用の問題集・参考書を1冊買ってください。
模範解答がついているものを買ってください。

例えばこれ

まるまる使える医療看護福祉系小論文(樋口裕一)


この本の場合、例題の次に考え方の手引きが詳しく書かれており、
その後、模範解答が載っています。
例題と考え方の手引きの部分をきちんと読んでから、

・模範解答を3回音読し、
・原稿用紙に模範解答を写す


ということをやってください。
模範解答を写す際は、できるだけ「作業」にならないよう、
一つ一つの言葉の意味や、漢字、文の構造に気をつけながら写してください。

原稿用紙に書くのが面倒だ!という人で、
パソコンをお持ちの方でしたら、
wordなどに入力していってもいいと思います。

言葉の意味がわからないときは、辞書で調べてください。
辞書なんて持ってないよ!という場合は、スマートフォンを使ってください。
LINEで連絡取り合ったり、SNSをしているだけの使い方だともったいないです。笑

仮に、「資質」という意味が出てきて、
いまいちよくわからない言葉だな、と思ったら、

「資質 意味」とか「資質とは」などのキーワードで
ウェブ検索してみてください。

無料で使えるネット上の辞書がヒットしますので、
ちゃんと意味を調べることができます。



ここまで終えたら、模範解答でどのように書かれているのかを
ある程度把握できていると思います。

そうしたら、同じ例題を使って、自分の言葉で、
小論文を書いてみてください。

書き方に迷ったら、
手引きや模範解答を参考にしながら書いてもOKです。


最初のうちは、時間は気にしなくてかまいません。
小論文を音読したり写したり書いたりすることで、
あなたの頭のなかに

・語彙や言葉の使い方
・問題に対する知識
・文章構成の方法


などが、徐々にストックされていきます。



ある程度ストックがたまると、初見の問題でも

「これは以前書いた○○に似ているな」
「以前の△△の言い回しが使えるな」

とわかってきますので、どんどん書きやすくなります。


ということで、
どうしても文章を書けない!という人は、

・模範解答を音読する
・模範解答を写す
・わからない言葉を辞書で引く

というところから始めてみてください。


2017.09.01 Fri l 看護学校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top