上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
1005687_483208895089333_1846798122_n.jpg

昇華とは、物質の状態変化のひとつ。
固体から液体になることを融解、その逆を凝固、
液体から気体になることを蒸発と言う、というのは中学生でも知っているかもしれません。

状態変化にはもうひとつ、
固体から液体を経ずに気体になる「昇華」という変化があります。

ということで、本日は二酸化炭素を昇華させてみました。


・・・いえ、自宅でもできます。
ドライアイスがあれば。笑


ドライアイスは二酸化炭素の固体です。
スーパーで冷凍食品を買うと、つけてくれますよね。
ドライアイスは、液体にならずにそのまま気体になりますよね。
これが昇華です。


でも・・・
中学校で習ったはず。
二酸化炭素は無色・無味・無臭の気体だと。
ではなぜ、上の写真では白煙を上げているように見えるのか?

また、氷が溶けて水になるように
二酸化炭素の固体を液体化させるにはどうすればよいのか?

この辺りを考えると、夏休みの理科の実験観察レポートに使えそうですね。


ちなみに、高濃度の二酸化炭素を吸入すると
窒息して死に至る危険があるので
ドライアイスで実験をする場合は、よく換気をしてくださいね。

また、二酸化炭素は空気より重く、床面すれすれに溜まってしまうので
犬や猫などの小動物を飼っている方も注意してください。
スポンサーサイト
2013.06.19 Wed l 理科 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/109-ff1b7ea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。