FC2ブログ
数学は、英語に比べて根っこが深い場合が多いです。

ひとまず、チェックは以下の通りです。
いずれも正答率9割以上が「できる」としてください。
正答率が9割を切る場合は、「できない」とします。

→は、「できない」場合、ここをチェックしてください。

(1)計算問題・方程式の計算はできるか →小学校の問題はできるか※
(2)方程式の文章題はできるか →(1)
(3)場合の数と確率はできるか
(4)資料の整理はできるか

(5)比例・反比例はできるか →(1)
(6)一次関数はできるか →(5)、(1)

(7)図形の体積・表面積を求められるか →小学校の問題はできるか※
(8)図形の角度は求められるか
(9)証明問題はできるか


例えば、一次関数が出来ない場合は
・連立方程式の計算はできるか
・文字式の計算はできるか
・正負の数の計算はできるか
というところまで、逆算して、できないところをつきとめていきます。

ここまで逆算してもできない場合は、※の小学校範囲まで戻っていきます

小学校の範囲では
・分数の計算
・小数の計算
・割り算
・九九
・繰り上がり・繰り下がりのある足し算と引き算
ここまで遡りながら、確実にできるところと、正答率が落ちたところを見つけます。


中学校の数学で、得点が50点を下回る場合
この小学校の範囲で既につまづきが見られるケースが多いです。

例えば、生徒さんに九九の「七の段」を10秒以内で言いなさい、と指示をすると
7×4が言えない、あるいは間違う生徒さんがかなり多く見られます。

お子様の数学の得点が悪く、悩んでいる保護者様は
是非抜き打ちでテストをしてみてください。
考える時間を与えず、スラスラ言わせるために、時間は10秒以内で、と指示をしてみてください。

ここでつまづきが見られる生徒さんの場合、九九の復習から数学はスタートになります。
スポンサーサイト



2013.08.07 Wed l 数学 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/140-0de682f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)