さて、2回目は、肝心の
特待生はどんな費用が免除されるか
ということです。


特待生と一言でいっても、内容は学校や特待のレベルによって様々です。

私立高校に通うとなると、さまざまな費用がかかります。
学校に納付する費用、あるいは必ずかかる費用を考えてみましょう。
 
①入学金
②授業料
③施設費
④PTA会費・後援会費・生徒会費など
⑤修学旅行積立金
⑥制服・教科書・補助教材費など
⑦寄付金(必要ない高校もある)
⑧その他(給食費など)
 
問題になるのは、このうちどの費用が免除されるかということです。


一般的に、④以降の費用は特待生でも必要になるのが普通です。
ただ、これらの④以降の費用は、金額の差はありますが、公立高校でもかかります。

①の入学金。
これだけが免除される特待制度もあります。
この場合、入学後の費用は一般の生徒と同様に支払う必要があります。

②の授業料。
「1年ごとに審査」の場合と、「3年間ずっと」の2つのケースがあります。
「1年ごとに審査」の場合は、高1から高3まで、継続して上位の学力を維持しなければなりません。
厳しい条件になることもあるので、どういう条件で免除になるのかを確認しておく必要があります。
また、特待の種類によっては「授業料半額免除」というケースもあります。

なお、高等学校等就学支援金(月額9900円)は、高校側の収入となり保護者には還元されないケースが多いようです。
つまり、授業料から9900円を差し引いた額が特待生に対する免除額となります。


③の施設費。これが少々厄介です。
この費用が免除されるケースと免除されないケースがあります。
施設費は入学時に一時金として支払う費用と、毎月、授業料と一緒に支払うケースがあります。
この両者いずれについても確認が必要です。

仮に①~③が全額免除の場合は、公立高校と同額、あるいは公立高校より割安となります。





特待生は「イジメ」の対象になるのか
特待生は入学金や授業料が免除されます。
普通に入学すると、これらの費用がかかります。
特待生は、一般の生徒から色眼鏡で見られそうです。
場合によっては「私たちがアナタの授業料まで払わされているのよ」と、イジメの対象になるかもしれません。
特待をお勧めすると、多くの方がこのことを心配されます。

ただ、個人的には特待が原因で「イジメ」に合ったという話は一度も聞いたことがありません。


ほとんどの高校では、誰が特待で入学したのかはわからないようになっています。
生徒自身がが「特待で入った」と公言すれば別ですが、先生からクラスの生徒に知らされることはありません。
先生にも誰が特待なのか知らされていないというケースもあるようです。

3年間の学生生活の中で、それとなくわかるケースも多いようです。
でも、高校もトラブルが起こらないよう、気を配っています。

むしろ、きちんと高校生活が送れるかどうかを心配すべきでしょう。
高校は当然、特待生に対しては「よい成績」「模範生」であることを期待しています。
飲酒喫煙や問題行動などを起こした場合、特待取り消しになる可能性もあります。

成績もそうです。
再三の指導にも拘わらず、成績が改善しないと特待取り消しになるケースもあります。
その意味で、特待生にはそれなりのプレッシャーもあるのも事実です。
スポンサーサイト
2013.10.02 Wed l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/162-d8195732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)