FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
中学生・高校生の試験が近いので
今日も塾を開けています。

テストと言えば。

普段の学習ではきちんと理解できているのに
テストになると、できていたはずの問題ができない・・・
なんて生徒さんが一定数います。

私の塾の場合、ひとりひとりに超えられそうなハードルを設定し
「これは出来て欲しい」
「これは出来なくても良い」
を、英語・数学についてはわりと明確にしているので

「出来て欲しい」と伝えた範囲は、きちんと得点してくる生徒さんが多いですが・・・

さて、今日は
普段の学習ではきちんと理解できているのに
テストになると、できていたはずの問題ができない・・・

という方の対処法をご紹介。

「記号で答えなきゃいけなかったのに…」
「今回も、ケアレスミスしてる…」

テストがおわると、こうため息をつく生徒さん、身近にいませんか?


勘違いや思い込み、計算ミスなどは
人間である以上、ある程度は仕方のないことではあります。
(私も結構計算ミスします・・・)


でも、試験本番でケアレスミスが頻発するというのは
とてももったいないですよね。


今日は、試験の点数と普段の実力とが、一致していない例をあげながら、
その関係性についてお話ししたいと思います。


私は、今も昔も、多くの生徒たちの答案を見てきています。

家庭教師で私がみてきた生徒たちは、日々の学習で出来ているのに、
テストになると急にできなくなってしまう子が多かったのです。


テストでは、
計算ミスの5点分も、全く手つかずの問題だった5点分も、
同じ0点として評価されます。

でも、生徒さん本人がそういった認識をしようとせず(もしくはできず)、
自分の両親に対して、それについて説明することもできずにいます。

さらに、テストの点数のみに固執することで、
やる気が低下してしまう可能性もあります。


実は、生徒さんひとりひとり、
勘違いや計算ミスなどの出現率が異なります。

この出現率によって
普段の実力が良い点にも悪い点にもなります。


数学みたいに書くならば、

点数 = 反映率×普段の実力

という式で表すことができます。
この式を言葉で説明するなら、次のように言えます。

普段の実力がある子でも、
点数として反映させる力がなければ、
テストでよい点数は取れません。

また逆に
普段の実力がない子でも
点数として反映させる力があれば、
テストでよい点数を取れます。


例えば、2つの例を挙げてみます。

◎実力はあるが、本番に弱いAさんの場合。
100点を取る実力があるものの、本番に弱く、反映率が0.6。

計算式に当てはめると…
点数=0.6×100

つまり、本番での点数が60点。



◎実力はないが、本番に強いBさんの場合。
70点しか取れない実力だが、本番に強く、反映率が0.9。

この計算式に当てはめると…
点数=0.9×70

つまり、本番での点数が63点。


このように、普段の実力はA>Bでも、
定期テストや模試、そして入試ではA<Bになることがあります。


勘違いや思い込み、そして計算ミスなどは、
反映率に大きく影響します。


これらを具体的に発見し、生徒さんにアドバイスをし、
1つずつ無くしていくことで、反映率は高くできます。

ただ、これらはすぐは減らせません。

先生や保護者さんと、生徒さんが一緒に
テストの度に、間違い方を研究し、対策を考えていかねばなりません。

たとえば、以下のように生徒さんに話をします。
「今回の答案の間違え方を全部書きだしてごらん」
「(それを見ながら)どんな傾向があると思う?」
「同じ間違いをしないようにするには、どうしたらいいかな?」

というように、

生徒さん自身の間違い方の癖を見つけ、
それを生徒さんに教え、
その癖に対して生徒さん自身が
自分で意識的に働き掛けられるよう、促すことが必要です。


癖が癖でなくなるためには、
癖が何なのかを自覚しなければなりません。

癖は習慣になっています。
だから、すぐに癖を無くすのは難しいですが

毎回必ず反省と今後の対策を練り、
1つずつ学習していけば

・点数=普段の実力

となってきます。
スポンサーサイト

2013.11.16 Sat l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/174-0b45c5f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。