FC2ブログ
多くの中学生にとって、高校受験が人生初の受験になると思います。
私の塾では、日常の会話の中で、いろんな高校の話をしたり、
その先の進路の話をしたりしているので、
中学1年生や2年生も、進路と自然に向き合えています。

ところで、どうやって高校を選択したらよいのか、という問題は
やはり、多くの中学生につきまといます。

保護者の方の経済状況などもありますから
私立が良い、公立が良い、という話はしませんが
私から言えることは、この2点に絞られます。


・自宅から1時間程度で通える場所にあること。
・見学に行って「ここに行きたい」と思える学校であること。


一つ目は重要で、高校生の場合、遠くても通学時間は1時間半以内が望ましいです。
これ以上時間がかかってしまうと、通学だけで相当の体力を奪われますので
部活動なりアルバイトなり、また学習面においても悪影響が出てきます。

また、「遠い」という理由が退学の理由となったり、
不登校になってしまう原因になることもあります。

バス・電車・徒歩・自転車・・・通学手段は何でも良いのですが、
自宅の玄関から、学校の校門までにかかる時間は、1時間程度で考えておきましょう。


二つ目もとても重要です。毎年中学3年生は、夏休みや秋に、学校見学に行きます。
(というより、中学校側から「最低2校見に行きなさい」と強制的に行かされます・・・昔にはなかったことです)
高校見学に行くと、他の受験予定の生徒層や、実際に高校に通っている生徒さんなどの様子を見ることができます。
また、学校の雰囲気についても知ることができます。
ここで、「行きたかったけど、想像と違う・・・」と思う生徒さんが意外に多いのです。

今年の中3生も、A高校の見学に行き「受験生の服装が乱れている(私服見学・茶髪)」という点が気に入らず
「こんな受験生たちと友達にはなりたくない」と、別の高校を志望先に変えました。

昨年の生徒さんにも「B高校に行きたいと思っていたけど、高校生の生徒層が自分に合わなさそう」ということで、志望校を変更した子がいます。

また「C高校は志望校として考えていなかったけれど、C高校を志望している友人と一緒に見学してみたら、とてもよかった」なんて生徒さんもいます。


他人が「A高校は良いよ」といっても、実際に受験する生徒さんが「良い」と思うかどうかはわかりません。
だからこそ、生徒さん自身が、きちんと高校を自分の目で確かめてみて「ここに通いたい!」と思った高校を志望すべきです。

スポンサーサイト
2013.11.17 Sun l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/176-d102e44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)