FC2ブログ
学力が高い学校ほど、内申は重視されないでしょ?
なんて言ってるお母さん!大変です!

茨城県は偏差値の高低に関わらず、内申は必要ですよ!

共通選抜についてのお話をしますが
共通選抜で100人募集していて、受験生が120人いるとしますよね。

そうすると、高校では、内申をダーっとパソコンに打ち込んで
まずは「内申の高い順」に受験生を並べます。

ここで、下位20人の人は、Bグループとなります。
Bグループは、「要審査」の受験生です。


次に、当日の学力点を、これまた成績の良い順に
ダーっと並べます。

このうち、募集人数の80%、つまり100人募集だったら
上位80人までを保留して、下位の40人をBグループにします。

上位80人の中で、内申も上位100人以内に入っている人は、合格。
上位80人の中で、内申が下位20人に入っている人は、これもBグループ。

無条件で合格になった人が、70人いるとしましょう。
合格させられるのは、残り30人ですね。

ここで、Bグループに入った人の選抜となります。
学校によって、学力80:内申20などと、基準を定めていますが、
たとえば学力80:内申20であれば、学力重視で30名のうち8割(24名)を合格とし、
内申重視で30名のうち2割(6名)を合格としますよ、となります。

ちょっと複雑なんですけど、茨城県の高校入試は
こんな基準で合否が決まります。

他の都道府県だと、学力6:内申4の1000点満点で
高い順に合格、なんてところもあったりしますが

茨城県の場合は、当日点も、内申もどちらも
受験生の中で上位なら問題なく合格、
そうでなければ要審査、という形式です。

つまり、当日点がよくても内申が悪ければ、
要審査のBグループに入ってしまって
不合格になる可能性があるわけです。


そういう意味では、中3の内申はとっても大事。
テストで点数を取ることはもちろん、
普段の学習態度にも気をつけなきゃダメですよ。
スポンサーサイト
2014.06.23 Mon l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/271-3accc659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)