上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ここ最近のアクセス解析を見ていると、
准看護学校の試験問題について
検索されている方が多いようなので
この機会なのでちょろっと書いておこうと思います。

准看護学校の場合、多くが国語と数学の試験が課されますね。
科目が少ないところだと、作文と一般常識だけ、
なんてところもありますし、
北海道や九州なんかは、国語・数学・理科・社会と
高校受験かいっ!って科目数を課す学校もあります。

関東だと、国語・数学の2科目が主で
葛飾なんかはそれに英語も混じりますね。

そんな感じです。


難易度は、「公立高校の受験問題」よりも
とてもとても易しいです。
学力下位の私立高校くらいのレベルであることが多いです。

朝霞の数学は、ちょっと例外で
けっこう難しめな問題を出してきますが。

数学については、
計算と確率、食塩水の問題は定番ですので、ここで落とすことのないようにしてください。
分数の計算など、自信がなければ、小4あたりの計算ドリルから始めてください。
次に、図形問題。
円周角の定理、扇形の面積や弧の長さ、三平方の定理、平行線と角などの問題も定番です。
空間図形を出題するところは少ないですが、表面積と体積あたりは押さえておいたほうが良いでしょう。
最後に、関数。
特に押さえるべきなのは、一次関数と二次関数。
比例は一次関数の切片が0である場合なので、
比例についてはあまりつきつめてやらなくても良いです。
反比例も、問題が作りづらいため、あまり出題されません。
さらっと流す程度でいいかな~。

国語については、
評論文、エッセー、小説の読解がメインです。
漢字の読み書きも定番です。
学校によっては文法を出題するところもあります。
読解を除くと、敬語は押さえておいたほうが良いでしょう。
大人で、敬語が正しく使えない、というのはマイナスになりますしね。
最後に文学史。
例えば平安時代-枕草子-清少納言、
昭和-太宰治-走れメロス・人間失格、など、
時代と作者、有名な作品をセットで覚えておきましょう。
だいたいは一般常識があれば問題なく解けますが・・・

高校入試用の問題集を買うと、
だいたい後ろの方に文学史の問題があるので
そこをチェックしてみてください。
文学史は、一般常識の試験でも聞かれることがありますね。


作文については、巧拙はともかく、とりあえず「日本語」ですので書くことはできると思います。
「私の大切にしていること」などの、一般的な作文や、
「 あなたが医療従事者になる場合、どのように患者と関わっていきたいか」など、
看護師という仕事についての問いかけや、
変わりどころでは
「ドラえもんの機能をどう役立てるか」なんてものが出題された学校もあります。

作文・小論文を書く上で大切なのは
・原稿用紙を正しく使えているか
・誤字・脱字はないか
というところがありますね。
これらをきちんとした上で、今度は読み手を説得するには、
どのように文章を構成すれば良いか、
どうすれば説得力の有る文章が書けるか、
というところを練習しなければなりません。


一般常識については、前にも書きましたが
「中卒就職用」の一般常識本は、市販されていません。
なぜなら、中学卒業者の98%が高校への進学をしますから、
「需要がない」んですよね。

だから、一般常識については、高卒用の一般常識本を購入してやってください。
あるいは、中学校理科・社会の薄い問題集(10日でできる!など)と、
数学は計算、国語は漢字と文学史、
英語は医療英語あたりをさらっておけばよいでしょう。

医療英語については、例えばヒトの内臓の英単語がわかるかどうか、
主要な病気(ガン、風邪、インフルエンザなど)の英単語がわかるかどうか、
このあたりを押さえておいたほうが良いですね。

頻度はそう多くないですが、英語の諺。これもさらっておいたほうが良いでしょう。
たとえば、
覆水盆に返らず=It's no use crying over spilt milk.
光陰矢のごとし= time flies like an arrow
などなど。

書ける必要はありませんが、英文・英単語を見て、
「これは○○だ!」とわかるようにしておくことは必要です。

スポンサーサイト
2014.06.23 Mon l 看護学校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/273-58e6e0b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。