FC2ブログ
中学3年生。この時期になると受験勉強だ普段の宿題だでヒーヒーいってます。
長い子では4時間くらいは塾で勉強しているのかな。テスト前なら6時間ぶっ通しでやっている子もいます。

ぶっ通しでやっても、あまり疲れない子と、手が痛い~なんて途中でリタイヤする子が出てきます。その差は何なのか。

①姿勢
足をだらーっと投げ出したり、背中が曲がっていたり、左手を机の上に出していなかったり、頬杖をついてやっていたり。
あー、この子は成績伸びないなって思います。笑

姿勢と成績って関係ないじゃんって?
おおありなんですよ。

悪い姿勢で勉強する、書く作業をすると、指や手、腕、肩、首、目などがとっても疲れてしまうんです。
だから、すぐに疲れちゃって目の前の勉強に集中できなくなり、「どんなにやっても成績が上がらない」なんてことに繋がります。


②鉛筆の持ち方
私自身もクセのある持ち方をしてしまいますが、正しい持ち方で鉛筆を持つと、圧をかけずにきちんと字がかけますし、何より指や肩が疲れない!痛くならないんですよ。
書道をやっていた子は「持ち方」を厳しく指導されたりしますが、そうでない子は・・・
「正しい鉛筆の持ち方」などで検索して、なるべく正しい持ち方をするようにしましょう。

そうすれば、ペンダコができて痛いだの、肩凝っただの、頭痛がするだのが減りますよ。


どうしても指が痛くなった時は・・・
鉛筆が当たる部分に絆創膏を貼るのがおすすめ。
私が大学受験生の時にやってました。
3時間くらいやると痛くなってしまうので、
勉強する前にティッシュを指にぐるぐる厚く巻いて、
セロテープで止めて、指が鉛筆に当たらないようにしていました。
スポンサーサイト
2014.10.16 Thu l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/294-71e800c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)