FC2ブログ
もう10月も終わりですね。この前まで夏だと思っていたのに、早いものです。

ちょっと思い出してみましょう。
夏休みのお盆の頃って何をしていましたか?
私は大学のスクーリングでヘトヘトになっていました。

ある生徒は必死で数学の関数問題に取り組み、ある生徒は部活動に専念していましたね。

お盆の頃から今日までで、だいたい2ヶ月半です。
どうですか?長いと感じましたか?あっという間だったと感じましたか?

私立高校の入試まで、残り2ヶ月半です。
お盆から今日までと、今日から私立の入試までがだいたい同じ期間です。


このくらいの時期になると、特にお母様、焦っておられるのではないでしょうか。
受験まで残り僅か、という時間のなさが、焦りの最大の原因でしょう。


受験直前になって、
「時間が無い!勉強しなさい!」

・・・もちろん、お気持ちは痛いほどわかります。
子どもは緊張感がなくて、直前までのほほ~んとしていたりしますから。

でも、お母様がアタフタしていては、やはり不合格になる可能性が高いです。

アタフタしている=受験に対して心構えが無い
という可能性が高いので、やはり結果は出にくいです。

合格していく生徒のお母様は、心構えがしっかりできています。
『焦っても意味が無い』ということを、しっかり理解しているんです。

「焦っても意味が無い、ということを理解する」というのは、一見当たり前でとても簡単そうに思えますが、子どもを含めて多くの人が出来ていません。

「ヤバイ!時間が無い!!勉強しなきゃ!」
などと焦るだけでは、成績は上がりません。
そもそも、焦っただけで成績が上がるなら、学校も塾も必要ありません。笑

焦っても意味が無い、ということをきちんと理解している人は、
今できる事を1つずつ積み重ねるしかない、
という結論に至ります。

ある意味、けっこう堂々としています。

「今やれる事を、やるだけ」ですからね。

残念ながら、焦ったところで、入試までの時間は延びません。
時間は残り2ヶ月半。限られています。
その限られた時間の中で、子どもは、やれる事を1つずつやっていくしか無いのです。


その上で、塾ができることとしては、
『その生徒にとって、点数の取りやすいところから対策する』
という、受験で勝つ為の戦略を実行していきます。

点数の取りやすいところは、子どもによって異なります。
テストの答案そのものを見させていただくのは、
・ここはもうひと踏ん張りで点数が取れる
・ここはまだ太刀打ち出来ない
という部分を、しっかり見極めるためです。

ただ、点数だけだと、どこができていて、どこができていないか、
どこがあと少しで取れそうで、どこが全く歯がたたないのかがわかりません。

こうなると、塾としても対策のしようがなくなります。


これを大人がしっかりと理解して、お母様と塾の両面から、子どもをリードしてあげる事が大切です。

・「勉強しなさい!!」と焦っているだけ
・「ここはあと少しで取れるから、同じ様な問題を解いて次は必ずできるようにしようよ」とリードしてあげられる

お子さんはどちらについて行きたいと思うでしょうか?

今の時期は特に、「お母様の姿」も重要になってきます。
そこを意識しつつ、お子さんをリードしてあげて下さいね。
スポンサーサイト



2014.10.31 Fri l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/298-915ed7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)