FC2ブログ
公立入試まで残り35日です。

そろそろ願書を中学校に提出する時期ですね。3年生の内申は1月末時点のものを利用するため、中学校の先生はてんやわんやではないでしょうか。

さて、茨城県の入試制度ですが、こうなっています。

合否は、A群、B群での選抜によって行われます。
学力検査の順位が募集人員の上位80%以内かつ、内申点の順位が募集人員の人数以内・・・原則合格(A群)
②それ以外の受験生・・・学力検査か内申書のどちらかを重視する方法で選抜(B群)

A群で合格の人は、当日点・内申点ともに申し分ない人ですね。

一方、B群はというと、提出物を出さず内申が他の受験生と比べて悪い、という人や、真面目だけどどうしても点数が取れない(泣)という人ですね。中には、内申も当日点も足りない、なんて人もいるかもしれませんが。

で、B群に入ってしまった場合、各学校によって当日点と内申点の配分割合が決まっています。
以下は茨城県南部に位置する高校の、学力:内申の割合です。


学力:調査書=8:2
土浦第一、土浦第二、土浦第三、土浦湖北、石岡第一(普通)、中央、竜ヶ崎第一、取手第一、藤代、牛久、牛久栄進、竹園、下館第一、下妻第一、下妻第二、鬼怒商業、水海道第一、水海道第二、古河第一、古河第三、境、岩井、伊奈

学力:調査書=7:3
土浦工業、石岡第二、石岡商業、竜ヶ崎第二、取手第二、取手松陽、藤代紫水、つくば工科、岩瀬、下館第二、下館工業、結城第一、八千代、古河第二、総和工業、坂東総合

学力:調査書=6:4
筑波

学力:調査書=5:5
石岡第一(園芸・造園)、真壁、守谷

学力:調査書=4:6
明野、石下紫峰、三和

学力:調査書=3:7
竜ヶ崎南

学力:調査書=2:8
江戸崎総合


<定時制>
学力:調査書=5:5
土浦第一(5科目受験+面接)、石岡第一(3科目受験+面接)、竜ヶ崎第一(5科目受験+面接)、茎崎(3科目受験+面接+作文)

学力:調査書=4:6
結城第二(3科目受験+面接+作文)、古河第一(3科目受験+面接)


8:2、あるいは7:3で学力(当日点)重視の学校が多いですが、中には4:6、3:7、2:8などの調査書重視の学校もあります。
学力重視の学校の場合は、内申が少々悪くても、当日点で高得点をたたき出すことができれば合格できる見込みは高いでしょう。一方、内申重視の学校の場合は、素行や評定は問題ないが、当日点がイマイチ・・・という人であれば合格できるかもしれません。

高校に願書を出したはいいものの、まだ志願先を迷っている・・・という場合は、こういうデータを参考にして受験する高校を決めるのもひとつかな、と思います。
スポンサーサイト
2015.01.28 Wed l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/316-1ec9fb3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)