近隣中学校だと、英数国理社・・・社会は地理と歴史とか、歴史と公民とか分かれていたりもしますが・・・の問題集がそろそろ配布されましたよね。配布されていない中学校もあると思いますが、ゴールデンウィークの前くらいまでには配布されると思います。
それから、このへんの中学校だと、語句ノート。要は漢字練習帳のようなものですよね。これもありますよね。

中1の生徒さんはさておき、中2・中3の生徒さんは、いつどんな感じでどのくらいの量の宿題が出されるか・・・もうわかってますよね?
早めに仕上げるんですよ。
今から提出物はやっつけてしまうんですよ。

なぜか?
4月は行事だの健康診断だので授業時間が潰れるので学習の進度も遅いし、ゴールデンウィークでまた1週間くらい休みがありますよね?
中間テストは5月の半ばですよね?
ということは、出題範囲が狭い!んですよ。中間テストって。

習ったところはその日のうちにワークをやってしまう、
復習をしてしまうことで、
忘れにくくなりますし、何より提出課題が少なく済みますし(笑)
そうすると、その分テスト対策に時間をかけられるんですよ。

語句ノート。
近隣中学校の先生方、ごめんなさい・・・
私、あのノート大嫌いです。
だって、あれを書かせたところで、漢字をちゃんと覚えてくる生徒ってどれだけいるんですか?って話です。
私が中学生なら、ただの作業になりますよ。漢字をひたすら書き写すだけの単純作業。
そりゃもう無心で写しますけど、無心故になーんにも覚えない(笑)
実際、そうなってしまっている中学生、多いと思います。

それならいっそのこと、この4月、授業の進度が遅くてヒマな時期に、
語句ノート、進められるところまで先に進めちゃったほうが楽ですよ。

特に中学3年生。
受験間際になっても「語句ノート提出しなさい!」って言われちゃいます。
受験間際にそんなことやってる暇があるなら、1問でも理科社会の知識を詰め込んだり、
1問でも計算問題を多くやったほうが、絶対にいいです。

だから、語句ノートは、早め早めにやっつけてしまってくださいね。


学校のワークは、直接書き込んで使うものではないですよ。
提出用のワーク専用ノートをつくって、それにやっていきます。

そうすると、テスト前にもう一度解き直せるでしょう?

理科社会は、ワーク付属の解答専用ノートがありますよね。50円くらいの。
学校専用教材って、本当にお値段安くていいですね。
話がそれましたが、解答専用ノートがある場合は、それにどんどん習ったところをやっていってください。
ワーク本体に書き込みはダメ!絶対!です。

本体は、テスト範囲発表後に、90点以上を取る生徒が多い「例の方法」で丸暗記してしまいます。
大丈夫。人間って丸暗記できるんですよ。
えーっ、暗記って苦手!って生徒さん。
ひらがな、カタカナ、漢字使えますよね?
数字を1から100まで数えられますよね?
だったら大丈夫。丸暗記できますから。笑


スポンサーサイト
2015.04.17 Fri l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/338-48bb10b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)