FC2ブログ
生徒さんに配布中です。
全部で25ページくらいかな。歴史の流れを重視して作っているまとめ冊子です。
重要語句は薄い赤で印刷しているので、赤シートで隠して何度も読めば、それだけで勉強になります。

歴史は年代をゴロ暗記するのが勉強なのではなく(もちろんそれも悪いとは言いませんが)
「誰が何をしたから、結果こうなった」という一連の流れを理解したほうが早く成績が上がります。


例えば江戸時代の財政に関して。

(5代・綱吉)
金をとにかく使う

金欠に

お金が無いなら作ればいいじゃない♪

質の悪いお金が増え、貨幣の価値が下がる

物価上昇、だめだこりゃ。

(新井白石)
貨幣の価値を戻す。金銀の国外流出を防ぐ(長崎貿易を制限)

(8代・吉宗)
米の収入を増やして財政を立て直そう!

新田開発、年貢の増収

飢饉でパァに

(田沼意次)
米がダメなら金儲けで財政再建だ!

株仲間の奨励(営業税を徴収)
長崎貿易の奨励(銅で支払い、金の国外流出防止)

儲けに走りすぎて、わいろが流行る

飢饉でパァに

(松平定信)
飢饉でパァになるなら、米を蓄えておけばいいじゃない♪


こういった感じで、ざっくり流れを理解してから詳しい勉強に入ると、わりと理解がスムーズに進みます。
いついつに何が起こって、この年はこの乱で、なんてやっていても、なかなか身につきません。

冊子は時系列で、誰が何をした結果、どうなったのかということを意識して書いていますので、歴史の勉強にぜひ役立ててください。
スポンサーサイト
2013.02.03 Sun l 社会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/35-012f44b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)