上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
中学生・高校生、そして大人を長く指導してきて思うことがあります。

それは、
計算はできるのに、文章題や図形、関数が苦手

という人が多い、ということ。


子どもは、大人が思っている以上に賢いです。

例えば、計算ドリル。

1ページまるまる、”同じ計算式だけで解ける”文章題しか並んでいません。

子どもは知っています。

「このページは全部たし算でやればいい」

「このページは全部掛け算でやれば満点が取れる」


かつての私もそうでした。

お父様・お母様も身に覚えがあるのではないでしょうか。

ここは分数のたし算の範囲だから、分数のたし算を使って答えを出せばいい・・・

だから、市販の問題集や計算ドリルなんかは

サクサク進んで、マルの数も多い。

でも、”実力テスト”のような、範囲のないテストになると、

途端にできなくなってしまう・・・


分野ごとに並んだ問題集を解くと、

”考える”ということをしなくても、解けてしまうんです。

子どもはそれを「わかった!」「できた!」と言います。

それって本当に「わかった!」「できた!」なのでしょうか・・?



中学生・高校生にもなると、だんだんわかってきます。

ある程度の学力に達した子どもたちや、

更に上を目指したい子どもたちは、決まってこう言います。

「分野別の問題集は、”これを使えばいい”と分かってしまうから入試対策には向いていない」

「模試のように、全範囲が満遍なくバラバラに載っている問題集はないの?」


安心してください。ありますよ!(笑)


続きはwebで・・・じゃなかった、このブログで。
スポンサーサイト
2015.12.07 Mon l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/389-87497102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。