FC2ブログ
20160219.jpg

彼ほど勉強する生徒は、もしかしたら現役大学生時代、

塾で教え始めてから初めて出会ったかもしれません。

そのくらい一生懸命勉強した子でした。



塾に来たのは10月。高1でも高2でもなく、高3の10月。

持ってきてもらった、

直近の河合模試の結果を見ると・・・偏差値28。

志望校はどのあたり?

日大か東洋大に入りたいです



正直、ちょっと耳を疑って模試の結果を見直しました。

偏差値28。

当たり前ですが、何度見なおしても模試の結果は変わりません。



・・・立正大とか、帝京科学大とかは?

いや、大学名を聞いたら誰もが知ってるような

名前の通った大学に行きたいんです。




10月末の出来事でしたので、

入試まで残り3ヶ月しかありませんでした。

それはちょっと無理じゃないかなあ。

この時期でこの偏差値だと、日東駒専は無理だよ。

そう言おうとして、やめました。

代わりに質問しました。



毎日どのくらい勉強してるの?

平日は5時から10時まで5時間、

土日は12時間以上やってます。

それはいつから?

夏休みから始めました。

でもなかなか成績が伸びなくて。

だけど、日大か東洋にどうしても入りたいです。



模試の結果をもう一度見ました。

模試の結果は変わりません。



無理だよ。

もっと身の丈にあったところにしようよ。

そう言うことも本当はできました。

実際、そう言いたかったんです。

ただ、

彼の勉強時間の長さ。

ここにひとつ、希望がありました。

彼は本気で受かりたいと思っているはず。

そうでなければ、学校が終わって5時間、

土日に12時間も勉強はできないはず。

どうしても合格したいんだ。

そのために自力で頑張ってきて、

どうにもならないので頼ってくれているんだ。



そう感じて、彼を受け入れることを決めました。
スポンサーサイト



2016.02.19 Fri l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/402-699c7c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)