FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前回のお話はこちら


10月末時点で、

直近の模試の偏差値が28。

どう見ても絶望的な数字でした。

ただ、彼が夏からしっかり勉強をしているなら逆転できる可能性もある。

そう踏んで、彼のペースメーカーになることを決めました。



勉強は、すぐには結果が出ません。

特に「積み重ね」の科目である英語や数学に関しては、

成績が伸びてくるまでに半年程度のタイムラグがあります。




彼が勉強を始めたのは夏休みから。

そうすると、受験まで残り半年あるので

そろそろ成績が少しずつ上がってくるはずです。



数学は、別の個人塾さんで習っていたので、

当塾では主に生物と英語を担当します。

生物と英語は、彼が持っている問題集や参考書をベースに、

どのくらいの分量をいつまでにやるのか、その指示を出していきます。



私が彼に課したのは、

生物は問題集を7周。英語は文法書を3周。それから、英単語帳を最低5周。


もちろん彼は、それを聞いて、最初はドン引きしていました。笑



問題集は、最初の1周目と2周目がとてつもなく辛いんです。

知らない知識があまりに多く、一人では手がつけられないからです。

だから、初期の段階で諦めてしまう人が多数です。



だから最初の2周までは、比較的ゆっくり進み、

解説も彼が理解できる易しい言葉で行いました。



11月は比較的ゆっくりなペースで

・・・と言っても2週間で分厚い問題集を1周するペースで・・・

どこを覚えて、どこを捨てるかの指示も出しながら

その科目を俯瞰する力と、ごく基本的な知識をおさえました。




この時期になると、ただ闇雲に勉強しても効率が悪いだけです。

彼の現在の実力と、合格ラインまでの差を把握し、

その間を埋められる学力を短期間で身につけさせます。


問題集の最初の2周は、ごく浅く行ったので

本当にこれでいいのかと不安がっていました。


11月に返却された模試では、やや成績に上昇傾向が見られました。

明らかな上昇、とまでは言えず、相変わらず志望校判定は全てE判定でした。


スポンサーサイト
2016.02.20 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/403-c2626eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。