FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


2月9日。

彼は2回目の東洋大の入試に行きました。

入試を受けたあと、彼は塾に来てくれました。

おみやげを携えて。


「ライフデザイン、受かりましたよ!」

「それから、今日の入試はできたので、

間違いなく受かっていると思います」



続いての合格発表で、

東洋大の理工学部にも合格していることがわかりました。




彼の半年間の努力が報われた瞬間でした。

高3、秋の時点で偏差値28。

当塾に来たとき、

有機物と無機物ってなんですか?

そんな質問を投げかけてくるほど、

彼には知識がありませんでした。




彼ほど勉強した生徒を、私はこれまでに見たことがありませんでした。

どれほど逃げたかっただろう。

でも努力しないと、志望校には届かないから。

その思いだけで、本当に必死で勉強していました。



私は彼のペースメーカーとなって、

どのくらいの量を、いつまでにやるのかを示し、

彼の実力と合格ラインの差を埋める最短の方法を教えただけです。

彼はそれを忠実に守り、自分で努力して、合格を自分の手で勝ち取りました。



勉強するのに、今の成績はあまり関係ありません。

ただ生徒さん本人が、何がなんでも譲れない目標を持っているかと、

その目標を達成するために必要な努力ができるかどうかだと思います。

私はその努力を継続するお手伝いはできますが、

最終的に頑張るのは生徒さん自身です。






彼はその後、

「ライフデザインと理工、どっちがいいですか」と相談にやってきました。

就職のときの筆記試験って、どう勉強すればいいんですか?

市販の問題集を1冊買って、5周くらいすれば大丈夫だよ。

それで不安が残るなら、10周やればいい。

あ、それでいいんですか。じゃあ余裕ですね。

最初は「問題集7周」にドン引きしていた彼でしたが、

合格後の彼は違っていました。


精神的に一回り成長した彼がそこにいました。
スポンサーサイト
2016.02.23 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/406-e4cd90ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。