上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
学生時代の、私の座右の銘は

鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス

どうにもならないと諦める前に、ちょっと頭使ってなんとかできないか考えてみよう!
とりあえずやってみて、それでも駄目ならそのとき諦めればいいや。
と、常々考えていました。今もわりとこんな考え方をするのですが。

勉強に関しては何故か楽観的だったので、やれば何とかなるはずだ、やってできないことは無いはずだと、妙な自信を持っていました。
現実的に、高校2年段階で理系にも関わらず数学が惨憺たる有様でしたが、高3になるとセンター模試で90点台(2科で180点以上)を常にキープできるようになっていたので、やっぱり不可能ではなかったわけです。



近年の座右の銘は

考えるべきは、するか、しないか、じゃない。
すると決めたことをいかにして成すか、それのみだ。
常に自分に問え。迷いはないか。最善を尽くしたか。



迷いがあると、せっかく決めた物事の軸がぶれます。
軸がぶれれば、やることをやっても中途半端に終わってしまいます。
これを防ぐための言葉。

迷ったら、これを常に思い浮かべます。どうすれば最善を尽くせるか、
そして決めたことをぶれさせることなく行えるか。

スポンサーサイト
2013.02.16 Sat l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/42-4a66bb0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。