FC2ブログ
とある事情で、実は4月に保育士試験を受けました。

そもそも、保育士試験を受験したのは
保育士になりたいから、ということではありませんでした。

弾き歌いの試験に慣れておきたかったからです。

保育士試験は一次試験と二次試験があります。
一次試験はマークシートの筆記試験。
9科目あり、すべての科目が6割以上の得点で合格です。

そして二次試験は、実技。
音楽、造形、言語の3分野から選択します。
音楽は、課題曲が2曲示されますので、
それをピアノやギターで演奏しながら歌う、「弾き歌い」。
造形は、「園児が芋掘りをしている様子」などの課題を
色鉛筆を使って描く試験です。
言語は、課題になった昔話を園児に聞かせることを想定した試験です。

この「弾き歌い」がどうしてもやりたくて、受験しました。

というのは、小学校の教員免許を取得するにあたって、
ピアノの弾き歌いの試験があるんですね。

昨年受験したときに、ものすごく緊張してしまって
頭が真っ白になってしまったので、
試験の雰囲気に慣れておく、という意味で
保育士試験をうけることにしたのでした。

ただ、これはもう言い訳でしかありませんが、
勉強する時間が全く取れませんでした。

仕事をしながら大学の単位を取るためにレポートを書き、
大学の試験を受け、
教員免許取得のための勉強もし、
その上で、保育士の勉強・・・

無理です!

過去問は買いましたが・・・勉強したのは2科目だけ・・・

という状態で、結局試験当日を迎えてしまいました。


会場は、茨城大学。
私立大学かな?と思うくらい綺麗でした。
写真は図書館の建物です。
CgsCnJVU8AAFgQX.jpg

水戸駅からバスで30分くらいかかるので、立地は不便ですが、
講義棟などもとても綺麗でした。

で、2日間、合計9科目を受験し・・・
受験して3時間ほどすると、
ユーキャンなどが解答速報を出してくれるので、
自己採点。

3科目落としたことが確定・・・。
まあ、勉強していなかったので仕方ありません。


そして昨日、
保育士試験を受けたことすら忘れていたのですが、
試験結果が届きました。

CkRrkdwVAAMYBfM.jpg

自己採点の通り、3科目が不合格でした。
うーん。残念。

保育士試験は、
一度合格した科目は3年間、受験を免除されます。
次回挑戦するときは、今回不合格の3科目+実技ですので、
また今度、チャレンジしようと思います。


受験したときに気づいたのは、
若い人よりも、中高年の方が多い、ということ。

受験するまでは、大学生や20代の方が多いのかな、
と思っていましたが、
むしろ、若い方のほうが少なかったくらい。
30代、40代、50代の
ミドルエイジなお兄さまお姉さまがたくさん受験なさっていました。

勉強は、学校で行うものだけではありません。
おとなになってからも、
こうして様々な目的を持って学び、資格を取ろうとしている人が
本当にたくさんいらっしゃることに驚きました。

勉強するのに年齢は関係ない。
そう感じた保育士試験でした。


スポンサーサイト
2016.06.07 Tue l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/428-b761dc0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)