FC2ブログ
目白大学(さいたま市)が今年度開催している、体験型プログラムのご紹介です。

医師や看護師が何をしているかはなんとなく知っていますよね。
でも、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの医療職の方が
いったいどんなことをしているのか・・・

実はよくしらない、という人も多いはず。

そこで、
「医療職ってどんな仕事なんだろう?」
「患者さんに対してどんなことをするの?」

そんな疑問に応える、体験型プログラムが
セラピスト体験シリーズ。

人間の身体の仕組みについてや、
セラピストが行う評価、
そして回復期でのリハビリテーションを知ることで、、
将来就きたい職業についての理解を深めましょう、
という目的のプログラムだそうです。

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s.jpg

注:画像はイメージです。笑


詳細や実際のお申し込みは
目白大学さんのHP

に掲載されています。

体験シリーズは全3回。

◎1回目・・・6/12(日)10:00~11:30
体に触れて仕組みを知ろう
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士それぞれが職種として特徴的な部位の骨や筋肉、その動きなどを解説することで解剖学と各職種の特徴的な内容を体験し、職種の理解を深めます。

◎2回目・・・7/17(日)9:30~11:00
各職種が患者に行う評価(検査)とはどんなこと?
疾患を設定した模擬患者に対して、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士グループに分かれ、各グループの卒業生が検査を行います。

◎3回目・・・8/6(土)9:30~11:00
回復期リハビリテーションから在宅へ
回復期病棟や病院において、在宅療養へ向けてどのような準備や対応を行っているのか、各職種の視点と連携を学びます。

だそうです。
オープンキャンパスの同時開催しているそうですので、
医療職を目指している方は、参加してみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト
2016.06.08 Wed l 進路について考える l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/429-869af846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)