先週の土曜日は、東京都府中市で開催された
算数指導法研修に参加してきました。

学校現場における算数の指導法の研修だったので
塾での指導法とは少々異なるのですが・・・

模擬授業(45分)を2つも見せていただくことができ、
発問の大切さを実感しました。

教師の発問の良し悪しによって、
子どもの学びは大きく変わります。

発問が悪いと、子どもたちは混乱してしまったり、
その時間内の学びや考えが止まってしまいます。

良い発問をすると、
子どもはとても生き生きし、
自ら考え、試行錯誤し、友達と話し合って
学びを深めていくことが出来ます。


学校での指導方法と、塾での指導方法は
学習の目的が異なるので、「全く同じ」とは行きません。

でも、学校での指導法の中で
良い点はどんどん取り入れていけたらと思っています。


写真はミニ講座。
算数の「授業に使える小ネタ」の講座です。

13557704_1049131585163725_3537497733592861964_n.jpg

スポンサーサイト
2016.07.07 Thu l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/438-deb183f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)