通塾している中学3年生。
決して成績が「悪い」という子ではないのですが、伸びはいまいち・・・。
そして漢字が書けません。
小学校中学年程度の漢字が書けません。

本人も、「記述問題で漢字が書けなくて点数を落とす」と悩んでいましたので、
夏休みの終わりごろから、小学校3年生まで戻って漢字を学習しています。

見ているうちに気づきました。
「漢字」そのものを覚えていない、というわけではなくて、
もしかしたら、語彙が少なくて、
それ故、言葉を見て、使う漢字をイメージできないのではないか・・・

例えば、
品種を「カイリョウ」する。
カイリョウ、の意味が「悪い点を改め、より良くすること」だと分かっていれば
間違うことなく書けるはずなのです。

でも、生徒さんは、「カイ」と読める別の漢字をあてました。

100メートル「キョウソウ」。
前に「100メートル」と距離がありますので、
走りを競うのだな、とわかります。

生徒さんは「競争」と書きました。


この生徒さんの場合、
日本語に含まれる細かい言葉のニュアンスがきちんと理解できていないこと、
中学生として知っておいて欲しい語彙を知らないこと、
が、根本としてあるからこそ、
漢字が書けない、記述問題で言いたいことを書き表すことができない、
といった状況に陥っているようです。

語彙に関しては、もちろん本を読むことで増えてきますが、
本を読んでもわからない言葉を読み流してしまっていては、
いつまでたっても身につかないでしょう。

したがって、この場合、
「本を沢山読みなさい」と言ったとしても
身につかないからやめてしまう・・・
ということも十分考えられます。


また、日本語、特に小説や随筆に関しては、
暗喩を比較的多く用いる傾向があります。

語彙が少ない、日本語の細かなニュアンスが理解できない・・・
つまり暗喩の意味するところも理解できない。
だから、国語の点が伸びにくい、
文章が何をいいたいのかがわからない、
という状況にもなっているようです。


暗喩に関しても、興味深いことがあります。

とある問題集に、暗喩の置き換え問題がありました。

彼は繊細な心の持ち主だ。

の、繊細な心として適する表現はどれか?という問題。

1.プラスチックの心
2.ガラスの心
3.陶器の心

の中から選ぶ、というものでした。

今の中学生たちは、どうやら
1.プラスチックの心
を選ぶ傾向があるようです。


辞書を引く習慣がなくなってしまったからなのか、
読書の時間が少なくなってしまったからなのか、
現行の教育制度に欠陥があるのか
(言語活動を重視していて、これはないと思いたい)
わかりませんが、

今の子どもたちが抱えている問題は
なかなか根深いように思います。
スポンサーサイト
2016.09.09 Fri l 国語 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/444-118ec9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)