FC2ブログ
もしもし模試!

今回も模試についてのお話です。

さて、前回のおわりに、


何のために模試をやるのか?


という問いかけをしました。

みなさんの答えは、どうでしょうか?

・志望校に入れるかどうかの目安を知るため

確かに、これは正しいです。

でも、これだけではないんです。

これだけだったら、志望校の欄に書かれた

B判定とかC判定とかの判定を見て

喜んだり、悲しんだり、諦めたり・・・

で終わってしまいますよね。


それだけではもったいない!


模試の一番大切な役割とは、

・自分の弱点を知ること

だと、私は考えています。



そして、同時に

・自分の強みを知ること

もできますし、

弱点を知ることで

・今後、どのような勉強方針を立てたらいいか?

自分自身で分析する(ココ大事!テストに出ます!)ことができます。


a0960_006018.jpg



つまり模試とは、

自分の弱点(あるいは強み)を知って

将来の受験や今の勉強に反映させるためにやるもの。

だから、模試のために勉強をする、というのは、

模試に対する姿勢としては正しいとは言えません。



仮に、

それでも模試のための勉強をしたいならば、

受ける模試の試験分析から始めることが必要です。



高校受験でも私はしつこく言ってますよね。

英語はリスニングの配点が30点。

数学は、易しい教科書レベルの計算だけで40点。

国語は、最後の作文で10点。

それだけ点数がもらえるんだから、

そこをきちんと落とさないようにすることが大切だ、って。



社会なら大問が4つあって、地理、歴史、公民、それから総合問題で構成されているとか、

そういう分析からはじめて、

「自分にとって点の取れそうなところ」

を探し出して、

徹底的に学習していく、

という方法が、最も効率的かつ効果的だと思います。



次回は、

模試を受けてからのこと(自分自身で分析すること)についてのお話です。


スポンサーサイト
2016.10.26 Wed l 大学受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/448-a5e111d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)