FC2ブログ
中3の生徒さんはもう間に合わないので、今回は中1・中2向けの内容です。
高校受験、特に私立は、学校によって教科も点数配分も面接の有無も違いますよね。
そういった、学校の入試における特色を利用して、合格を狙う、という手があります。

例えば、数学だけは満点近く取れるけれど、他の教科はイマイチな生徒さん。

高校によっては、教科によって「傾斜配点」を採用しているところがあります。
傾斜配点というのは、例えば国・数・英の3教科、300点満点の試験があるとすると
数学のみ200点満点、国語と英語は50点満点で計算、などのように
1教科ないし2教科の配点割合を高くして合否判定を行う試験方式です。

1教科、あるいは2教科のみ突出した成績を叩きだせる生徒さんの場合
こういった傾斜配点方式を採用している学校を上手く狙えば、現在の学力よりも1段階上のレベルの学校を目指せることもあります。

また、国・数・英の中から、高得点2教科での点数判定、という方式の高校の場合も
比較的点の取れる教科を重点的に伸ばし、それ以外は捨てる、という方法もあります。

公立高校で傾斜配点を採用している学校はあまりありませんが
点を取りやすい教科で稼ぎ、不得意教科をカバーする、という手は使うことができます。

もっとも、私立入試で多いのは、英・数・国の3教科受験ですから
中1~中2の間は、特に英・数に力を入れて欲しいところではありますが。


生徒さんの志望校や、学力、得意不得意に合わせた作戦は一緒に考えていきますので
ひとりで悩まず、どうぞお気軽にご相談くださいね。
スポンサーサイト
2013.02.28 Thu l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/46-d74cef72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)