FC2ブログ
前回の記事のように、
ご褒美と目標を設定すれば、子どものやる気は出ます。

ただ、
これでもやる気が出ないことがあります。


その理由は、

・ご褒美と目標の設定方法を間違えている
・親子関係が良好ではない

の2つがあります。


<ご褒美と目標の設定方法を間違えている>
●ご褒美

当たり前ですが、ご褒美は、
子どもは欲しがるもの、でなければ意味がありません。

例えば、
塾の高校生が通っている学校では、
学年30位以内だと、校内に成績上位者として
学校の廊下に名前が掲示されるようです。

その子の家庭の場合、
その掲示物の写真を取って、保護者に見せれば、

・1科目につき1000円のお小遣い

というルールでやっています。

高校生の女の子は、
化粧品や服にお金をかけたり、
友達とカフェで長話を楽しんだりする傾向がありますので、

その子は
「30位以内に入れば1科目につき1000円」
というルールを気に入って勉強しているようです。
(10科目で1万円・・・グフフ、と塾でニヤニヤしていたりします)

ところが、例えば、
ご褒美が「1科目につき100円」だったとしたら
きっとこの子は、あまりやる気になってくれないでしょう。

10科目頑張っても1000円にしかならないなら、
遊びに行くときに、お母さんにお金を請求して
その都度もらうほうが効率がいい、と考えるからです。


●目標設定
目標は、子どもにとって、
高すぎず、低すぎずのところを設定します。

例えば、学年の順位が200位の子に、
いきなり「30位以内に入りなさい」
と言っても、難しいです。
高すぎる目標は、やる気をなくしてしまいます。

逆に、「195位に入りなさい」
と言うと、子どもはあっという間に目標を達成し、
保護者様の出費が大きくなってしまいます。笑

ですので、例えば
「150位」とか、「120位」とか、
子どもが努力すれば手が届きそう、
と思えるくらいの目標を、うまく設定してあげてください。



<親子関係が良好ではない>

なぜ親子関係が良好でないと、
ご褒美と目標の設定をしても、
子どものやる気が出ないのでしょうか。


簡単に言うと、
「親に操られている」と感じるからです。



例えば、
あなたが仕事をしているときに、大好きな上司から、

「今月の営業でトップになったら、うちの部署は年間成績が1位になる。
だから力を貸してくれないか?ボーナスもたくさん出すよ」

と言われたらあなたはどう思いますか?

おだてられているのはわかっていても、
ボーナスももらえるし、上司も喜ぶから頑張ろう!
って思いますよね?


でも、
大嫌いな上司から同じことを言われたら、
どう思いますか?


私なら、
「どうせ自分が出世したいから、ボーナスで私を釣って、
上手いこと私を動かそうとしているんでしょ」

と思います。


同じ言葉でも、
話す人との関係によっては、感じ方が全く変わるのです。


ですので、
子どもに勉強を頑張らせたいと思っていて、
目標とご褒美を設定したのに、

お子さんが全くやる気になっていない・・・という場合、

・目標設定は適切か?
・ご褒美は適切か?

を考えます。

それでもうまくいかない場合は、

今よりも
さらに良好な親子関係をつくるよう努力をしてみてください。

子どものやる気が変わってくると思いますよ。

スポンサーサイト
2017.04.14 Fri l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/485-cf2273a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)