高校生の生物。
今日の単元は目の仕組みのところです。

目の仕組みは、中学校でも学んでいますが、
高校ではちょっと複雑になります。
とはいえ、そこまで難しくないので覚えてください。


今日はせっかくなので、盲点の実験をしました。
覚えるだけではつまらないので。

実は、
目には見えていない部分があるんだよーという話。



紙と鉛筆があれば、誰でもできますので、
よかったら試してみてください。



042e3664.gif



画像のように、紙の左側に+の記号を書き、
10cmほど開けて右側に●を書いてください。

左目を閉じて、右目だけで+を見ます。

最初はできるだけ目に画像を近づけた状態で、
徐々に目から遠ざけていくと
突然、●が消えてしまうところがあります。
(うまくいかない場合は、紙を上下に動かしたりしてみてください)



なぜ、書いてある●が消えてしまうのでしょうか?


通常、目から入った映像は視細胞に映し出され、
それを情報に変換してから、視神経を通って脳に運びます。

脳では情報を再び映像に変換するので、
人は目で外の世界を確認できるのです。

ところが、
視神経の集まっているところに視細胞はありません。

●がちょうど、その視神経の集まっている部分に
映し出されたとき、
視細胞がないので、消えたように感じてしまうのです。

この、視細胞のない部分を盲斑(盲点)といいます。


普段、「見えないところ」は、両目で見ることで補っています。
片目だと、必ず見えない部分があるのです。


しかし、おもしろいことに、
片目で風景を見ても、欠けている部分は見当たりません。

●は消えたのに、風景は欠けないのです。
なぜでしょうか?



「欠けた情報の部分」を、脳が勝手に補っているのです。
それも、自分の経験で「たぶんこんな感じ」というように
勝手に補ってくれているのです。

人間の体って、恐ろしいぐらい良くできていますね。

今日は「目」のお話でした。


スポンサーサイト
2017.06.20 Tue l 理科 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/496-b7797c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)