FC2ブログ
こんばんは!

山崎陽子です!



みなさんは、決断に迷ったこと・・・

ありませんか?

私は、ありますよー!



塾の高校3年生も、

今の時期は、

とーっても悩んでいます。



でも、それって当たり前のことです。

自分の将来を真剣に考えようとしているから

迷うんです。

昼食を蕎麦にするか、カレーにするかで、

胃に穴があきそうになるほど

悩むことってないですよね??笑



自分の人生だから、

この先ずっとついてまわることだから、

だから悩むんですよ。



それはしゃーない。



でも、悩んだとき、

決断に迷ったとき、

こうしてみたら、

人生がちょっと楽しくなるかも…

ということを、今日はお伝えしたいと思います。





【快楽を得ること、痛みを避けること】

まず、人間の心理について書きたいと思います。


人間というのは、

快楽を得たいという気持ちよりも、

痛みを避けたいという気持ちのほうが強いそうです。



例えば、高校受験であれば、

偏差値が高いA高校に入りたい!

という気持ちよりも、

偏差値が低い、滑り止めのB高校に落ちたらヤバイ!

という気持ちのほうが強いのです。



新しい友達を作りたい!という気持ちよりも、

今の友達から嫌われたくない!

という気持ちのほうが強いのです。





【何かを選択するときの考え方】

このように、

人は快楽を得たいという気持ちよりも

痛みを避けたい、という気持ちが強くはたらきます。



痛みを避けようとする気持ちが強いので、

人間はとにかく「リスクを避けたい」

という基準で物事を選択します。



合格できるか微妙なA高校を第一志望にするよりも、

確実に入れるB高校を第一志望にする。



給料が上がる可能性がある会社に転職するよりも、

転職して失敗することを避け、今の会社を続ける。



こういう経験、ありませんか?

これは人間の心理からくる決断なのです。





【結果を出している人の考え方】

ただ、このような「痛みを避ける」決断を続けている限り、

人生が変わることはありません。



例えば、サッカーの長友選手。

FC東京という日本のチームにいましたが、

自分を成長させるために、

イタリアのチェゼーナという

レギュラーが保証されていないチームに移籍。



その結果、大きく成長して、

今や世界トップレベルのチーム、インテルに所属できています。



結果を出している人の考え方、

それは「迷ったときは進む」という考え方です。



2つの分かれ道があったとします。

1つは挑戦してみたいけど怖い道。

もう1つは失敗確率が少ないけど面白くない道。



ほとんどの方が、心の中では

挑戦したい道を選んでみたいと思うはずです。

でも、上に書いた心理が働き、

無意識で面白くない道を選んでしまいがちです。



ところが、何かの分野で結果を出している人は、

間違いなく面白い道を選んでいます。



私自身も、

できる限り、面白いと思う選択をしてきました。

・高校で理系に進んだとき

・自営業の道に進んだとき


この2つ!

これだけは特に決断に迷いました。



ただ今は、

挑戦してよかったと思っています。


もしも、

あなたが大きな夢を持っているなら、

この考え方を持つとよいです。

人生を良い方向に転換させるきっかけになると思います。



もしかしたらこの先、

普通の人では考えられないような、

決断をするときが来るかもしれません。



そのときは、

「迷ったときは挑戦しいと思う道に進む」

と覚えておいてください。

それだけで人生が本当に楽しくなります。



ただし、

命の危険だけは避けてくださいね。

死んでしまったら意味がありませんから。

スポンサーサイト
2017.09.27 Wed l 塾あれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/504-bac3903a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)