FC2ブログ
こんばんは!

山崎陽子です。



先日、私は、

私が在籍している通信制大学の

科目修了試験を受けてきました。



在籍して、もう5年目なので

試験問題の予想はバッチリ!

・・・なのですが、



つい「忙しい」を言い訳にしてしまい

試験勉強の対策が後手後手になり・・・

結局、試験前日や当日に

大慌てで対策をする羽目に、

なーんて、中学生や高校生のようなことを

ついやってしまいます(反省)



そう、習慣を変えることって

とっても難しいんですよね。

でも、どうしても変えていかなければ

ならないときもありますよね。



そんなとき、どうやったら

新しい習慣を身につけられるのでしょうか?





人は、習慣を変えることが

とーっても苦手です。

それは私を含めて、誰もが同じなんです。



でも、少し意識を変えるだけで、

習慣が大きく変わる考え方があります。



この方法を使えば、

今あなたが

どんな習慣を持っていたとしても、

もしかしたら

変えることができるかもしれません。





【大きな習慣の変化は難しい】

習慣を変える方法なのですが、

こちらの書籍で、

紹介されていた方法です。



小さな習慣(スティーヴン・ガイズ)





かわいらしい表紙の本ですね!



例えば、

あなたがスマートフォンを触らずに

勉強できるようにしたい、

と、思っているとします。



この時、

いきなり何時間もスマートフォンを触るのをやめる

というのは大きな習慣です。



これをしようとすると、

今までやってきた

元の習慣が邪魔をして、

なかなか変わることができません。



新しい習慣を作ろうとするとき、

気をつけなければならないのは、

いきなり、大きな変化を起こそうとすることです。





【小さな習慣から始めてみよう】

ではどうしたらよいのか。

まずは小さな習慣から、

はじめてみましょう。



スマートフォンをずっと触らずにいるのではなく、

問題集を1ページ解く間だけ、

触らないようにしてみるのです。



これなら始められそうですよね?



ポイントは、

「習慣を小さなものにする」

ということです。



そのほうが、

継続できる可能性が上がるからです。





【習慣が人生を変える】

本当に効果あるの?

とあなたは思うかもしれませんが、

この「ほんのすこしの変化」が

実は絶大な影響をもつようになります。



毎日の習慣こそが、

人生を決めるといえるからです。



たとえば、ダイエット。

毎日食べるご飯を半分にするだけでも、

3か月後の体重に変化が生まれます。



1日変えただけでは、

変化がないかもしれません。

それでも、毎日続けることで、

塵も積もれば山となるのです。



改善したくて色々やってるけど

なかなか上手くいかない・・・

そういう人にこそ、おすすめしたい方法です。



「新しい習慣」のハードルを小さくすることで

毎日「きょうも目標をきちんとクリアした」という

成功体験を積み重ねることができます。



成功体験を重ねることで、

自分に自信がつきます。

そして、「続けよう」という意志も、

筋肉のようにどんどん鍛えられていくのです。





【まとめ】

あなたの中に、

変えたいと思っている悪い習慣があったら、

小さな変化を作ってみてください。



これなら、

誰でも続けていけるのではないでしょうか。



もし不安なら、先にお伝えした、

「小さな習慣」という書籍を

読んでみるといいかもしれません。



「継続は力なり」とは、

よく言ったものですね!



私にも言えることですが、

よくない習慣は

少しずつ、変えていけるといいですね。

スポンサーサイト
2017.10.03 Tue l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/509-eb1c5aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)