FC2ブログ
こんばんは!

山崎陽子です。



さて、今回は「国語」シリーズ最終回!

高校入試の最後に課される「作文」についてです。





④作文

高校入試の作文は200字ですから、

いわゆる「短い作文」「短作文」といわれているものです。

茨城県の入試だと、例年配点は10点ですね。

ぜひ、10点目指して頑張っていただきたい。



採点の基準はもちろんありますが、

作文については、とくに

各高校の裁量にまかせられているところが大きいです。



志望校によっては、

「作文なんて、なかなか書けないよ!」

という受験生、多いですよ。



そりゃあ、

5教科500点満点で、

450点くらい取らないと合格できない高校もあれば、

100点ちょろっと取れれば合格できる高校も

あるわけですから、

すべて一律の採点方式にしてしまうと、

特に学力の高い高校と低い高校だと、

受験者の得点に開きが出ず、

合格者と不合格者を出すのに困ってしまいますからね。



もちろん、例えば、予め提示されている

・160~200字で書くこと

・2段落構成にすること

・「だ・である」を用いること

などの条件が守られていなければ

大幅減点になりますが、

それ以外のところは、

学校裁量で採点されたりします。



茨城県の場合、東京都のような

独自問題というのはありませんが、

国語に関して言えば、これこそが「独自問題」と

言えると思うんですよね。

文字数が指定ぎりぎりでも、

8点程度は取れる、なーんて学校もあると思います。



50分の制限時間のなかで、

作文に使う時間は、10分ですよ。



とはいえ、時間が余ってしまって、

30分も作文にかけることができる受験生、

たくさんいるわけです。



前の設問が、全然わからない受験生ですよ。

でも、そういう人こそ、

しっかり作文の対策をして欲しい。

しっかり作文をかいたら点数をあげるって、

そういう設問が「作文」なわけですから。



問題集や、学校の国語のワークに載っている、

模範解答みたいな

素晴らしい作文を書く必要はありません。

あれは、大人がかいたものですから。

あくまでも「例」ですから。笑



小学校中学校で、ちょこちょこ作文を書きませんでしたか?

遠足に行った、行事をやった、その感想文とか、

理科実験の最後に「気づいたことや感想」を書く欄とか。

社会の調べ学習をした、その感想とか。



そういう、今まで書いてきたあなたの文章を、

ベースにして書いてください。



漢字が書けない?

なら、ひらがなで書いてもいいです。

誤字脱字とか、最初は気にしなくてもいいです。

ただし、課題に示されている条件だけは守ること。



どんなにちゃんと書けていても、

指示が守れていなければ、大幅減点になるからね。



指示を守ることができていて、

「お…頑張って書いているな」って思ってもらえれば、

ちゃんと点数入りますから。



それから、茨城県のような

条件付き200字作文の場合、

ちゃんと訓練すれば

2週間程度で満点を取れる答案が

書けるようになります。




国語が苦手だったら、

①知識問題

を覚えながら、

④作文

を書けるようにして、

それから②③の読解を

やっていくようにすると、

効率よく対策ができると思います。

スポンサーサイト
2017.10.21 Sat l 国語 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/527-2852db3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)