上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは!

山崎陽子です。



少し前の話ですが、

塾の中学生と話をしていて

衝撃を受けたことがあります…。



それは、「読書の習慣がない」ということ。

そしてそして、もっと衝撃を受けたのが

「マンガも読まない」ということ。



もちろん、中学生や高校生の中にも

積極的に読書をする人、

マンガなら好んで読む人、

など、いろいろいますが…。



「マンガも読まない」生徒さんに理由を聞いたところ、

「どの順番で読めばいいかわからない」

と言われて、とても驚きました。



最近、

教科書や新聞記事レベルの文章を

理解できない中学生や高校生が多い、

というニュースがありました。



ニュースによると、

「メジャーリーグ選手の出身国の内訳」に関する

中学校の社会科教科書の文章を読み、

内容に合うグラフを選ぶ問題で、

正解した中学生は12%、

正解した高校生は28%、だったそうです。



読解力が低下すると、

・運転免許が取得できない

・仕事に必要な資格を取得できない

・相手の言っていることが理解できず、人間関係が悪化する

などの問題が起こりやすくなります。



もちろん、

本を読んだから絶対に読解力がつく、

というわけではありません。

でも、読解力をつけるためには、

日頃から文章を読んで理解する、という習慣を

つけておくことが大切です。

一朝一夕には読解力は身につきませんので、

毎日少しずつでいいので、

本を読むようにできるといいなと思います。



以下は読書の習慣がない中学生向けの書籍です。

毎日1ページ読む、などでもいいので

少しずつ継続できるといいですね。

学校の「朝読書」のときなどに読んでもいいと思います。

もちろん、高校生や大人が読んでもいいですので、

購入したり、図書館で探してみるなどしてみてください。



【おすすめの書籍】

読書の習慣がない子のための

おすすめの本が3つあります。

最初はこれらの本から始めてみると、

本が好きになるかもしれません。


・テレビドラマ化された本

オレたちバブル入行組:半沢直樹としてドラマ化


下町ロケット:2012年ドラマ化



陸王:2017年ドラマ化



この3冊は、

誰が読んでもかなり楽しめると思います。



・実用的な書籍

世の中で生きていくために役立つ知識が、

まとまった書籍があります。

小説が苦手な子はこういうジャンルを読むとよいです。

中学生が読みやすいのは、

鏡の法則」という書籍です。


つい涙が出てしまうおすすめ本です。



・一つ一つの文章が短い書籍

分厚い本を見るだけで、

読む気がうせてしまうという子もいます。

そのような場合、短編集がお勧めです。

短い時間で、1話完結で読むことができると、

本を読むのが楽しくなります。

いろいろ読んだ短編集のなかで、

中学生が読むのにお勧めなのは、

名言セラピーシリーズ」です。


つい友達に話したくなる心温まる話が、

たくさん載っています。



・夢をかなえるゾウ

水野敬也さんの書籍で、

ドラマ化、映画化もされているベストセラーです。

「人生で学べる知恵」が物語になっているので、

本嫌いな子でもスラスラ読めます。

夢をかなえるゾウ




・毎日が冒険

ヤンチャな子向きなのが

毎日が冒険」という高橋歩さんの本です。


元々ヤンキーだった歩さんが、

勉強を頑張って大学に入ったけど、

結局やりたいことが見つからず起業し、

大成功するというサクセスストーリーです。

今やりたいことが見つからない子にとっては、

非常に刺激になる本だと思います。



・大切な人に贈りたい24の物語

本を読んで泣きたい!という人に人気の書籍です。

1つ1つの物語が短編なので、

本を読むのが苦手な子にもおすすめです。

24の物語が書いてあって、

その半分以上が、

読んでいるだけで涙が出てきます。

大切な人に贈りたい24の物語


スポンサーサイト
2017.11.24 Fri l 山崎オススメ本紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/561-2f4baf19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。