FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは!

山崎陽子です。

How's your day?



英会話の勉強を始めて、今日は6回目のレッスンでした。

私の今のレベルは、10段階中の4です。

具体的に言えば、海外旅行に行ったときに、

自分のしたいことを相手に要求することができる、

英検で言えば、ちょうど準2級くらい、というところです。



ところが、

そのレベルのテキストをやるのが、とっても苦痛で。

テキストはすべて英語で書かれているので、

まず、予習に時間がかかります。

私の予習は、一通りテキストを黙読して、

練習問題を事前にやって、

わからない単語は辞書で意味を調べておきます。

それから、音読をやります。



でも、レッスンでは、全く話せないんですよ…。

謎です。



ちょっと悩んだのですが、

思い切って、入門用の教材までレベルを落としました。

入門用の教材は、とても簡単です。



最初の単元は、挨拶からなので。

ここまでレベルを落とすと、予習に時間がかかりません。

知らない単語、知らない表現は一切ないので、

テキストをさらっと音読して、すぐ授業を受けられます。

授業で学ぶことも、

既に身についている事柄が9割くらいなので

とにかく講師の先生の言うことをリスニングして、

自分の言いたいことを考えて話す、

ということに集中できるんです。

テキストの進度も速い。

わかっているのでどんどん進みます。

どんどん進んでも、ついていけます。



そうすると、わかるので楽しい。

できるから、苦痛を感じない。

毎日30分、レッスンを受けられるのですが、

明日も話したい!

明日はこの表現をこの場面で使いたい!

そのためにちょっとだけ予習をしておこう!



…という感じで、

楽しい→もっとやりたい!→実際にやってみる→褒められる

という、いいサイクルができたんですよ。



読めるけれど話せない私にとっては、

「読める」と同じレベルの英会話をするのは

難しかったんです。

わかっているけど、まだ使いこなせない段階だからです。

だから、一旦、

「確実にできる」ところまで戻って、

そこからやっていくことにしました。



そうすると、できるから楽しい。

どんどんテキストが進んでも、

そこまで負担がかからないから楽しい。

だから、続けたい、もっと頑張ってみたいと思える。



これって、生徒には言っていますが、

けっこう大事なことなんですよ。

特に、勉強を始めた最初の段階では、

大切なことだと思ってます。

確実にできるところまで戻るのって、

自分の中にプライドもありますし、

勇気がいることだと思うんですよね。

でも、実際戻ってやってみたら、

既習事項ばかりでどんどん進められるので、楽しい。

楽しいから続けたい、もっとやってみたいって思う。

明日はこんな話をしよう、

この表現を使ってみよう、

先生は褒めてくれるかな?

って、どんどん「やってみたい」って意欲が沸いてくるんです。



無理して難しいことをやろうろすると、

頑張ったけどよくわからなかった、

自分ってなんでできないんだろう…

って、ネガティブな悪循環に陥ってしまいます。



戻ることって、恥ずかしいことではないですよ。

どうしても勉強で行き詰まったとき、

自信をなくしてしまったとき。

自分が「できる」と思えるところまで戻ってみてください。

中学生で数学が苦手なら、

九九の百ます計算をやってみるのもいいと思いますし、

高校生で英語が苦手なら、

中学校の易しい英文法に戻ってみてもいいと思います。



ちなみに今日の単元は

What did you do yesterday?  でした。

だから最初の雑談で

昨日やったことを聞かれるなと予想して、

事前に英作文しておいたのですが、

雑談で聞かれたのは

What did you do this morning?



あー、それは用意してなかったやつ…。

Umm...let me see...

I got up at eleven ,

and took the shower,

and ate lunch...



Oh, really?

It's too late ! ha-ha !

Why did you got up so late ?



Well...

I went to bed late last night ,

and I didn't have any works in this morning...


みたいな感じでやり取りはしましたが…。

スポンサーサイト
2018.01.12 Fri l 英語 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/596-7a5b83d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。