FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。

山崎陽子です。



今日は昼から大切な面談が入っていたので

昼間の仕事はおやすみです。

久しぶりに朝9時に起床して、

10時から日課になっている英会話をやり、

それからブログを更新しようと記事を作っていました。



英会話でも勉強でも同じことが言えるのですが、

「ノウハウコレクターのままでは上達しない」

って、ご存知でしょうか?



私も昔はノウハウコレクターの一人でした。

今も若干、その傾向は残っていますが…。



さて、今日は

私の「失敗談」をお話ししたいと思います。



私は、茨城県で言えば

竜ヶ崎第一高校くらいの学力の高校に通っていました。

その高校では、当時、1学年で400人が在籍していました。



私の学力はというと…

学生時代、定期テストでは毎回、毎回、赤点。笑

特に数学と物理は酷いもので、10点台を連発させては、

先生から「お前やる気あるのか?」と聞かれていました。

夏休みの宿題はやらず、

11月になり、先生から

「まだ夏休みの課題を出してない人がいる」

と言われてからようやく提出したこともあります。笑

順位は400人中300位以下です。

いわゆる「落ちこぼれ」というやつですね。



勉強を除けば、高校生活は充実していました。

一般的な高校だと、高1の冬に文理選択がありますよね。

私は当初、文系を選択予定でした。

ところが、友人達がみんな理系を選択したために、

「じゃあ私も理系!」

という、極めて軽いノリで理系を選択したわけです。

どこからどう考えても、アホです…。



理系に行くためには、数学の成績を上げる必要がありました。

成績を上げるために、最初に私が何をしたこと。

それは、本屋に行くことでした。

「学校の問題集が悪いから、数学ができないんだ!」

そう思った私は、書店で数学の問題集を買いました。

チャート式の青色です。



当時は数学の問題集と言えば、

有名どころはチャート式しかありませんでした。

チャート式には赤、青、黄、白の4種類ありますが、

赤が一番レベルが高く、白が一番易しいです。



私が選んだのは青。

基礎から国公立大二次までカバーできるものです。

進学校に通っている、というプライドから、

どうしても黄色と白は買いたくなかったのもあります。



本屋で青チャートを買って、家に帰りちょっとやります。

3日も経たないうちに。

「チャート式はだめだ!」

と、また書店へ。

良さげな問題集を発見。

「これならできそうな気がする!」

しかし、また3日も経たないうちに。

「なんか違う…」

また書店へ。



こんなことを繰り返しているうちに

数学の問題集だけで4、5冊に。



他の教科についても、

こんなことを繰り返しているうちに

本棚は問題集で埋まっていました。

特に英語の問題集は、

コレクターかよ!!!

と、突っ込みを入れられそうなくらい買いましたよ。



でも、買った本は、ほんとんど手をつけていません。

「いつかやるから…」

と、ただ問題集を集めて、

何もしていない自分を肯定していました。



「ノウハウコレクター」とは、

書籍などを通して多くの知識は持っているものの、

思うような効果があがっていない人のことを指します。

情報を得ることで満足してしまい、

実際に行動しないので結果が出ません。

(書店ではやる気に満ちあふれているのに!)



「確実」に「楽」に「すぐ」効果がでそうな情報。

これを集めることに執着します。

そして、その情報を試さない、

試したとしてもちょっとしかやらずに

すぐ諦めてしまう。



そしてまた、新しい情報を探しに行く。

こうしていると、いつまでたっても進歩しません。

結果、どんどん自信を失って行きます。

ノウハウコレクター恐るべし!


スポンサーサイト
2018.02.08 Thu l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/597-7755ef4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。