FC2ブログ
こんにちは~。

先日の英会話で、

Why do you always use chopsticks?

(なんでいつもお箸を使うの?)

と、講師に尋ねられて困惑した、

山崎陽子です。



私が会話をしているのは、

もっぱらフィリピン人の講師なのですが、

こちらが少し話をするとすぐに

彼らは Why? と聞いてきます。

話をするには、根拠が必要だということを

彼らと話していて思い知らされます。



そういえば、日本の教育では、

根拠が重視されないように感じます。

学校教員の指導方法を見る機会も多くありますが、

子どもに発表させる際は正解を重視していて、

なぜその考えに至ったのか、という説明を求めたりは

ほとんどないな、と感じました。



そして私も、根拠をもって話をするのが苦手です。

Why do you always use chopsticks?

の問いに関しては、しばらく悩んで、

そんなこと、これまでに考えたことなかったです、

と英語で返すのが精一杯でした…。

それが日本の文化なんだよ!とか、

なんか気の利いたことでも言えればよかったのですが。




さて、本題に戻します。

昨日のブログで、ノウハウコレクターとは、

多くの知識を持っているが、情報を集めるだけで

満足してしまい、結果が出ない人のことだ、

と説明しました。



今日はその続きです。

「ノウハウコレクター」に陥りやすい人の特徴

って、知っていますか?



2つあります。

まず、完璧主義であること。

そして、継続が苦手であること。



そして、この2つのうち、

より「ノウハウコレクター」に陥りやすいのは、

完璧主義な人です。



「ホントかよ!」

って、思っているかもしれませんね。



完璧に勉強しようとしている人が上達しない、

とは信じたくないと思います。



「完璧主義」の人は、情報を得ても、

「完璧に」理解していないと実践に移せません。

また、他人と比較しては自分が劣っていると考え

まだまだ実践するには早いと考えます。



不安な心理を和らげるために勤勉に学習しますが、

成果につなげることができません。

いつまでも情報集めを繰り返します。



次に、継続が苦手な人。

少しの努力でできる楽な方法で

学力を身につけたいと考えるあまり、

次々に新しい情報へとびつきます。

「7日でできる!」「聞くだけ」「見るだけ」など、

甘いキャッチフレーズに惹かれてしまいます。

新しい情報を次から次へと集めるだけで、

何も実践しません。



「ノウハウコレクター」状態だと

成績が上がることはありません。



ただ、もし、今あなたがそうだとしても、

別に悲しむ必要はないと思います。

ノウハウコレクターを卒業すればいいんですから。



スポンサーサイト



2018.02.09 Fri l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/598-1d616dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)