上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちはー!

山崎陽子です。




例えば、学校や塾で授業を受けるとき、

みなさんは「予習」ってやっていますか?

私は昔から、英語と数学だけは予習をしていました。



学校の宿題として「予習」が課されることもありますが、

そうでなければ、みなさんだいたい

予習はしないよ、ということが多いのではないでしょうか。



私は、予習は必要だと思っています。

じゃあ、予習はなんのためにやるのか?

今日はそのことについて書きたいと思います。





予習をやるのはなんのため?

私の場合、予習は「授業で集中して聞くポイントを押さえる」

という目的で、予習をしています。



例えば50分の授業があったとして、

最初から最後まで、集中を欠かさず

しっかり授業に取り組める人って少ないです。

人の集中力って、もって15分~20分だと言われています。



つまり、50分の授業の場合、

最初の20分は集中して聞いていられるけれど、

後半になると、どうしてもだらけるんですね。



これは私も同じです。



予習をすることで、授業でしっかり聞きたいポイントと、

そうでないところを分けておきます。



例えば数学の問題なんかだと、

教科書をさらっと読んで、ちょっと問題に目を通しておけば、

「授業を聞かなくても一人でできそう」なものと、

「一人では理解が難しそう」なものの判断が

ある程度できると思います。



ということは、

「授業を聞かなくても一人でできそう」なところの

解説を授業でやっているときは、

あまり集中して聞かなくても、自力でなんとかできます。



逆に、「一人では理解が難しそう」なところについては、

しっかり聞いて授業内で理解しなければ

置いてけぼりにされる、ということです。



こうして、予習をすることで、

授業の中で、自分にとってどこをしっかり聞くべきか

言い方は悪いですが、どこで手を抜いていいのか

これを判断できるようになります。



繰り返しますが、人の集中力は、

もっても15~20分ほどです。



その15~20分という短い時間を

どう効率良く発揮させるか、を考えればいいのです。

効率良く発揮させるためには、

事前に予習をして、

集中して聞くべきところの目星をつけておく必要があります。



次回は、予習のやり方について書きたいと思います。
スポンサーサイト
2018.02.11 Sun l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/615-1c90bbf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。