FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは!

山崎陽子です。



さて、前回は

何のために予習をするのか?

について書きました。


今回は、具体的な予習のやり方について

書いていきたいと思います。



予習をする目的は、

授業で集中して聞くポイントを押さえるため、

という話を、前回書きました。

そのために、何をすればいいのか?

について、書いていきたいと思います。



数学の予習については、教科書にざっと目を通します。

熟読する必要はありません。

次はどんなことをやるのかなー、ということを

ざっくり把握するだけで結構です。

その後、教科書の練習問題に目を通しておきます。

ここは計算問題だからすぐできそう、

ここは苦手な証明だから、自力では難しそう、

この程度で構いませんので、

ざっくりと自分なりに難易度の判断をしておきます。

難しそうだな、と感じたところは、

おそらく今後、あなたが躓くところです。

なので、集中して聞くことができるよう、

付箋でも貼って、目立つようにしておいてください。



英語の予習については、新しく学ぶ単語をチェックします。

教科書の巻末の辞書や教科書ガイドなどを使って、

簡単に進出単語の意味を調べておきましょう。



次に、本文を音読します。

音読中に引っかかる単語は、あなたがまだ覚えていない単語です。

これも、可能であれば意味調べをしておきます。



それから、基本文に目を通します。

進出の文法は、たいてい太字で書かれているので、

太字の部分だけ目を通しておきます。

時間があれば、本文の全文訳などをしても良いですが、

教科書ガイドの和訳に目を通して、

本文がどのような内容なのかを見ておくだけでも構いません。



ちなみに私は、英会話を毎日やっていますが、

毎日予習を欠かさず行っています。

予習は、テキスト通読→音読2~3回→演習問題をざっくり解く、

という形で行っています。

IMG_20180210_115102.jpg

1単元1ページの構成でノートを作っています。

ノートの上側は予習です。

演習問題の中で、即座に解答ができなさそうなものだけ、

ノートに書き留めています。

英会話は特に、1レッスン25分と極めて時間が短いので

効率良く、中身の濃いレッスンを受けるためには

どうしても事前の予習が必要になってきます。



ノートの下側は、授業で講師に指摘された項目や、

自分がわからず講師に質問したこと、

英会話なので雑談に使うネタの台本などを書き留めています。



予習については、できるだけ短時間で行います。

30分から1時間もやれば十分ですし、

もっと短くてもかまいません。

集中して聞くべきところとそうでないところを

区別できれば問題ありません。

5分とか10分とかでもいいので、

今日から少しずつ始めてみてくださいね。
スポンサーサイト
2018.02.12 Mon l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/616-7dfd6fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。