FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは。

山崎陽子です。




みなさんは、読書をしますか?

私が中学生高校生の頃は、

年間300~500冊程度の本を読んでいました。

塾の子どもたちに聞くと、

本を読む習慣のある子は少ないように思います。



中には、マンガでさえも読まないという子も。

なぜ読まないのか聞いてみると、

読む順序が理解できないから、

との返事があって、

とてもびっくりしたことがありました。



現代は、IT時代とも言いかえられます。

読書は時代遅れだと思っている人がいる、

と聞いたこともあります。



そのような方は、本を読むよりも、

パソコン操作を勉強させた方がよい、

と考えているようです。



私は、残念ながら、

今の技術では、文字はなくならないと思っています。



もしかしたら、いつかは

文字が無くても全てを伝え合うことができる、

そんな技術も発明されるかもしれません。

ただ、今の科学を考えると、

そういう未来は簡単には訪れないのではないか、

と思います。


今は仕事の契約などは、

文書で取り交わしますよね?

このような形態で契約をする、というのは

当分変わらないと思います。



文書を読む力というのは、

社会人として生きるにあたって、

非常に大切な能力です。



契約書をしっかりと理解できない人は、

思わぬところで損をすることがあります。

悪意を持って契約書を作成する人がいたら、

損をするどころでは済まない結果になります。



ネットもテレビもなく、

読書や漫画を読むことが

子どもの楽しみの一つだった…

そんな時代もありました。



私が子どもの頃は、テレビはありましたが

ネットはそれほど普及していませんでした。

このような時代には、

今ほどの文書理解能力の差はありませんでした。



契約書という文書が存在する限り、

読書に時間を使う子と、

ネットの動画やSNSに時間を使う子とでは

「人生全体における格差」が

どんどん広がっていくでしょう。



活字を十分に読みこなせる人間に育てるのは、

親の大事な役目です。



もちろん、

ただ大量の読書をしただけでは

文章理解能力は身につきません。

それでも、本に触れる機会が少ないと感じたら、

まず「ページ数で読ませる」ことから

始めてみるのも有効です。



お子さんの読書の状態に不安になったら、

・とりあえず本を一緒に買いに行く

・家族で図書館へ行く習慣を作る(曜日を決める)

・親子読書のアイデアを考える
(互いに読み聞かせをする、ページ競争をする、など)



このような読書環境を、できれば今すぐ、

だめなら4月スタートを目指して、整えてみましょう。


スポンサーサイト
2018.02.13 Tue l 国語 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/617-ba70e997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。