上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは!

山崎陽子です!



これから受験を迎える中学2年生と

高校2年生に向けて、

この記事を書いています。

ただ、他の学年の生徒さんにも

そのまま使える話ですので

もしよかったら、目を通していただければ嬉しいです。



さて、勉強に順序がある、という話は

みなさんご存知でしょうか?

勉強の順序というのは、

1.本番の準備

2.得意を磨く

3.苦手を直す

です。

本番というのは、定期テストだったり、

受験であれば受験当日の筆記試験だったりですね。



受験や定期テストを前にすると、

「苦手を直して平均点を上げる方法」を

選ぶ方が多いのではないでしょうか?



これは、ごく当然のことだと思います。



得意な英語が90点、

苦手な数学が30点という状況なら、

得意な英語を磨いて95点にするよりも、

苦手な数学にしがみついて50点にした方が、

全体の平均点は明らかによくなるからです。



サッカーでも、試合前半の闘い方と、

残り5分の闘い方では

全く違うのが当然ですから、

受験という試合がある限り、

勉強も、そうあるのは自然なことです。



ただ、覚えておいてほしいことがあります。

好きなことをやる時と、苦手なことをやる時では、

集中力も、量も、成果も、

段違いに異なるということです。



そもそも、勉強に順序をつけたのは、

勉強にかけられる時間が十分とは言えないからです。

もしも、人生に十分な時間があれば、

この3つのどれをどの順にやってもかまいません。



しかし、実際には、

すべてを十分にする時間はないのです。

例えば部活動で忙しかったりしますし、

大人の場合は、仕事と家事育児と勉強を

うまいこと両立していかなければなりません。


だから、限りある時間に、

最も効率の良い勉強をすべきなのです。



順序としては、まずはとにかく、

目の前にある闘いへの準備です。

「勝てば」思わぬ副賞

(幸せな気持ちになる、自信が持てる、認められる)

の恩恵にあずかれるのです。



「自分を褒めよう」とよく言われますが、

それができるためには「実績」が必要です。



その実績を自分で作れたとき、

心の底から「自分を褒める」ことができます。



残った時間を有効に使うには、

得意を磨く方が遥かに有利です。



なぜなら、

「得意なことは好きなこと」だからです。

好きなことは、

・夢中になれる

・脳が疲れない

・幸せな気持ちでやれる

ので、苦手なことをやるのと比べ、

同じ時間で、何倍もの量、何倍もの密度、

何倍もの高い質で勉強できます。



その結果、

テストの点はたった5点(90点から95点)しか

上がらなくても、

身につけた能力はとても高く、

次への意欲にもつながります。



もちろん、苦手なものに必死に取り組み、

20点(30点から50点)上げるのも、

とても大事なことです。



もしそれができたら、

英語の5点よりも、

自信とやる気がみなぎるかもしれません。



ただ、覚えておいてほしいのは、

それをやり遂げるのは、とても大変だということです。

よほど根性を入れてやらねば、時間の無駄になります。



苦手なことって、なかなか、それができないのです。

だから、まず、得意なことをやってしまいましょう。



いつか、本気でやらなくては…と思う時が来ます。

そうしたら、素直に助けを求めましょう。

怖いけれど先生に、恥ずかしいけれど友達に

「教えて」と言えたら、本気です。

スポンサーサイト
2018.03.06 Tue l 高校受験 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/627-d8b84f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。