FC2ブログ
来年度は二次募集に持ち込み!なんてことはないようにしたいところですが。

今年受験した生徒さんから二次募集の問題を見せてもらったので、模範解答を作成しました。


解きながら思うこと。
二次募集の問題は、一般の問題よりも多少易しい内容です。
数学の大問8の(2)のような、コレ正答率限りなくゼロだろう・・・というような問題は出ず、
一般的な問題が多く出題されています。
とは言っても、大問7と8はやや難易度が高かったです。でも竜一や土一を目指す生徒さんなら、苦もなく解けそうな問題でした。
図形問題はありますが、証明はありませんでした。


英語はリスニングはありませんが、語彙の問題(動詞の形を変化させる問題や、熟語の穴埋め)などの割合が多いように思います。長文もありますが、パっと見、300~400語くらいかな。短めの長文です。英問英答式の記述はありますが、一般のような自由英作文はありません。基礎ができていれば、半分は余裕でとれるだろう、というところです。

国語も難易度が低めです。傾向は一般と変わらず、小説、論説文、古文、詞、そして作文です。
小説・論説文の場合、一般入試では「50字以内で答えよ」という問題がありますが、二次募集ではそれが30~40字程度になっています。最後の作文も、100字程度ですね。


今年は中堅進学校の藤代で二次募集が行われていました。この難易度の試験であれば、こういった進学校を狙う場合は3教科で260点を超えなければ合格は厳しいな、と感じる問題内容でした。
スポンサーサイト
2013.03.28 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/69-624ddd19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)